NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

今更書く、赤坂アクトシアター「ダル・レークの恋」の感想

2月16日から2月28日まで、赤坂アクトシアターで行われた月組公演「ダル・レークの恋」・・・

自分でも

おいおい、いい加減にしてくれ・・・

と思うほど今さらですが、梅田も始まることですし観劇した感想をつづっておこうと思います。

 

今回の公演はコロナのせいで観客動員制限がかかり、座席の50%しか販売のされなかった公演

初日の挨拶でもれーこちゃんが言ってましたが、2階は完全に青と黒の布で覆われており、1階もT列くらいまでしか座席が解放されていませんでした。

 

そんな中、ありがたいことに何度か観劇することができたのですが・・・

もうね、最高でした。

凄く宝塚を観た!って感じ。(すでに語彙力・・・)

 

主要3キャストの感想

月城かなと/ラッチマン

今回主演のラッチマンを演じたれいこちゃん(月城かなと)は、素顔は優しくてとびきりの美貌の持ち主。

でも舞台の上ではいつもゴツッとしてすごく男らしく感じるんですよね。

近頃、公演を観るたびにその気持ちが強くなります。

昭和的なお顔立ちなこともあってか(褒めてる)、宝塚の男役らしい臭い台詞も自然だし、

何より瞳の動きがとても心情を表していて吸い込まれそう。

名台詞の「来るんですか・・・来ないんですか・・・」のシーンは、

れいこちゃんの瞳にいつも飲み込まれそうで「私でよければ!」って感じだし、

ベッドシーンの始まりにターバンを一枚ずつハラハラと取っていくところはなぜか生唾ゴクリだったし、

ウェーブがかった黒髪が見えて髪をファサッと前に持ってきたときは息つくことも忘れましたよね、美しすぎて。

で、

極めつけはベッドに横たわるカマラの上に顔を寄せつつ身体を触ってるときの表情!

初めて観た時の感想は

ハッ・・・エロ・・・・!!!!(思わず小声・・・)

しかも舞台側に顔が見えてるから余計に大変だった。(なにが)

かなり切ないですが、美しい人二人が眉間にシワを寄せつつ構成されているあの場面は瞬きを忘れるほど素敵でした。

でもやっぱり一番好きなのは、情事の後の祭りの場面。

一瞬ですが、二人がただ男と女としていられて、笑顔で見つめ合えたあの時間・・・よりベッドシーンも引き立つってものです。

 

海乃美月/カマラ

ヒロイン役のカマラを演じた海ちゃん(海乃美月)は、安定感のある美しさと上品さで、れいこちゃんとの並びはほれぼれするほど。

海ちゃんって期待も高いけど「あれ?」って思うことがないんですよね。

娘役スキルがめちゃくちゃ高いんだと思います!

このお役はとても難しいと思うのですが、カマラの令嬢としての顔も女としての顔も共感できるし、動き一つ一つが繊細で、身体全体から思いがほとばしっている感じ。

腹筋の美しい筋をあらわにしつつ、はかなげなのに芯も感じる佇まい。

どんな男役の隣に並んでも、どんなお役をしても、男役をより魅力的に見せてくれる娘役姿は今回も健在でしたね。

 

暁千星/ペペル

前科12犯の詐欺師・・・といえばどんだけ悪い奴!?

と思うのですが、その適度なチャラさと女たらしなかっこよさ(どんなん)でついつい目が離せないペペル。

確かに純真無垢なリタの気持ちをもてあそんだのは酷い奴だけど、憎めないんですよね。

なんで?かっこいいから?(身もふたもない)

ありちゃんってば、ますます頭身バランス最強になっていて、ちょっと大きめの羽音みかちゃんの肩を抱いてても絵になる。

そして歌唱力爆上げ。

ペペルの持ち歌「どうせこの世は」を歌ってるありちゃん、すっごい声が出ていてめちゃくちゃ気持ちよさそうでした(笑)

ストライプのスーツにターバンが色気を放ち、つい騙されているリタ(きよら羽龍)との絡みは想像以上にアブナイ男感に満ち溢れておりました。

 

特に気になった役の感想を勝手に書き留める

蓮つかさ/酒場の亭主&ハリラム・カプール

れんこんファンにとっては、その美しい顔がお髭でしっかり見れなかったかもしれないので、あまり好きな役ではないかもしれない・・・

でも!!

私はこの2つのお役、どちらもすっごくよかったと思います!

知っているはずなのに「あの人だれ!?」と確認したくなるほど、改めてれんこんくんの実力を見せつけられた気分。

まず歌がうまい!声量があるから迫力がある!

酒場の亭主として祭りの始まりに歌いだす時、ちょっと鳥肌立ちましたもん。

あのように場面の雰囲気がガラッと変わる場面でのインパクト、素晴らしかったです!

2幕のパリでのシーンは、なんとれいこちゃんのお父さんであるマハ・ラジア役。

これもね、うまかった。

小うるさくてちょっと身勝手だけど正義感の強いお父さん役を、とても魅力的に演じられていたと思います。

 

菜々野あり/水の少女

彩音くん(彩音星凪)演じる水の青年と、こありちゃん(菜々野あり)演じる水の少女をはじめとした、今回の谷貴矢先生演出から加わった水の精たちがほんっとに好きでした。

その中でも、いわゆるカマラの気持ちを代弁するような水の少女のこありちゃんが、本当に素敵でいつも視線を持っていかれていました。

こありちゃんは、大好きなフィッツジェラルドの物語「The Last Party」で、スコットの娘であるスコッティ役を、ほんっとに愛らしく演じていた娘役。

あの時れいこちゃんからダンス教わってたけど、めっちゃ踊れるのね、こありちゃんは(笑)

その時から気になる娘役さんになったのですが、身体は小さいのですが、そのしなやかなダンスと表情から生まれる表現がとても豊かで心が満たされました。

 

美しいものてんこ盛り

今公演は全国ツアーじゃなくなったからか、お衣装がとっても豪華でしたよね。

王族の皆さんが集まった場面なんて、まさしく豪華絢爛。

ラッチマンなんて、チャンドラさんとハイダラバードの広場で出会った時に着ていた赤いターバンと緑色っぽいお召し物、ちょろっとの間しか着てませんでしたし(笑)

しかし、あのお衣装、れいこちゃんにとても似合ってた気がする!

 

演者も美しいし、お衣装も美しいし、曲も美しい。

 

その中でも素敵だったのが、今公演で太田健先生が作曲されたという「一夏の夢」という曲。

演出の谷先生のラッチマンとカマラの口に出せない切ない心の声を表した歌詞と相まって一瞬にして虜になりました。

演出家の先生ってすごいですよね。

こんな悲恋したことなくても、こんな美しい詩が書けるなんて。(勝手にないことにするな)

全力で配信されるのを待っています!

 

毎回思うけど、やっぱり月組下級生最高です

月組生がどの子を見ても素晴らしくて(毎回言ってるが真実だからしょうがない)、下級生だとか学年を感じさせないなぁと思った公演でした。

でもフィナーレで研7までの生徒だけの見せ場があった時、

驚くほどの若いパワーを感じましたし、

それを手拍子で応援する客席との一体感が半端なくて、胸に迫るものがありました。

そこにおだちんがいるのを観て我に返ったけど・・・おだちん、まだ研7か!

コロナのせいで新人公演が中止となり、いつ復活するかも分からない状況でこの場面を作った谷先生の優しさにも感動したし、生き生きとした笑顔で踊る下級生のキラキラしたパワーを浴びて、会場のボルテージも最高潮に。

最高の瞬間でした。

 

書いてみるとまだまだ全然書き足りないですね!

 

次は梅芸での公演で、

クリスナ役はおだちん(風間柚乃)から瑠音くん(夢奈瑠音)へ、

ペペル役はありちゃんからおだちんへ、

ダンスシーンの多い金の男Aは瑠音くんかられんこんくんへ

(え!れんこん、体力持つの!?大丈夫!?)

と変わりますので、またできる限り感想を残したいと思います。

 

ひとまず2021年の月組公演「ダル・レークの恋」、赤坂アクトシアターバージョンの感想でした。

そして梅芸での公演も楽しみにしています!

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5