NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚 観劇レポ

やりたいことも気持ちも詰まってたマイティのスペシャルライブ

2021年1月31日

Aqua Bella!・・・美しい水・・・。

宝塚の美しい水こと、水美舞斗スペシャルライブの配信をみました。

 

私自身、花組はあまり観る機会がないのですが、マイティは95期さんなのでやっぱり気になる存在。

ということで、在宅ワークも早々に切り上げて、ダッシュでご飯を用意し、TVの前にスタンバイ。

 

始まる前の会場にお客さんが映っているのが何だかとっても嬉しかった!

これまで、新しい宝塚ホテルでは無観客での配信でしたもんね。

 

これでもか!とやりたいコト詰め込んだでショー

さて、マイティ。

やりたいこと、詰めまくってるーーー!!!っていう印象のステージでした。

一つ一つはとても短いけど、曲の数で言えばかなりの数あったんじゃないかなぁ。

数えていませんけど。

そして、あの衝撃。

エリザベートのシシィが歌う「私だけに」のイントロが流れた時、舞台上にはマイティしかいない。

「え、まさか・・・」と思ったら、マイティが歌いだした!!!

正直、私的にはこれまで見たDSの中で一番の衝撃だったかも。(笑)

なぜこれをセットリストに入れたのだろうか・・・宝塚ホテルの千秋楽では特に触れられなかったので余計に気になる・・・!

 

特に好きだったのは、ラテンのコーナー。

前髪を大きく立ち上げた髪型に、ハート型の美しい口元ときれいな歯並びの白い歯。

そして赤のスパンコールのお衣装。

見た目だけでも気分が上がるのに、後ろについてるぴらぴらのフリルをものともしない機敏なダンス!

今回しっかりとマイティのダンス見ていて、軸がしっかりしているのはもちろん、高速回転なことにびっくり。

高速なのにぴたっと止まるキレ具合。

何ならウインクだってキレッキレにパチンッ!

そんなキレ者だから、EXCITERで上げて、Apasionadoで上げて、CONGAで上げまくって、なんとクンバンチェロまできたーーーーっ!!

ラテン好きを夢のメドレーへ誘ってくれましたね・・・最高。

れいこちゃん、月組トップになったらアパショやってくれないかな・・・マイティとはまた違う魅力がでそうだな・・・観たいな・・・(突然)

それにしても、マイティは本当にラテンが似合いますねぇ。

ご本人もすごくイキイキしてるのが印象的でした。

 

ファンの方への気持ちも詰まりまくってたでショー

最後はDSでもおなじみの本人作詞の歌を披露。

曲は青木朝子先生がつけてくださったそうですが、歌詞がそれはもうド直球。

まぎれもなく、ファンの方に向けて作った歌詞だなぁと思いました。

ざっくり、大意ですが

『迷いの中にいた時も、皆さんが居たから抜け出すことができた。

これからも見たことのない世界を皆さんに見せたいと思っているよ、一緒に見よう!

抱きしめたいくらい大好きです!』

って感じだったと思います(かなり意訳・・・)

 

こういう気持ちをあの真っすぐな笑顔と瞳で伝えることができるのが、マイティの魅力でもあるんだろうな、と歌を聞きながら思っていました。

ファンの方、涙止まらなかっただろうな・・・

実は、最後の歌を聞くまで、あまりにも想像以上にたくさんのやりたかったことが詰め込まれている気がして、サヨナラに向けたショーなのかな・・・?と勝手なことを考えてしまいました。

でも最後の歌詞を聞いて、そんな気持ちは飛んで行きましたね。

きっとマイティはたくさんの新しい景色をファンの方に見せてくれるはず。

そんな前向きな気持ちになる素敵な歌詞でした。

 

気になるメンバー

最後に、今回のショーメンバーの中で気になったのが、朝葉ことのちゃん。

友達からは聞いていましたが、大人っぽくて歌もお上手でした。

スラッとしていて大人っぽく、お顔立ちが華やかで少しきつそうに見える時もあるけど、

かっこいい娘役像も似合うと思うので、ぜひ次に花組を観劇する時は注目したいと思います!

 

 

-たわごと, 宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5