NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

ダントツの男役感 彩凪翔の色香漂うライブ配信で心の優しさまで知れた話

10月20日、今回は凪様(彩凪翔)のライブ『Sho-W!』が開催されました

今回も無観客のライブ配信のみでしたが、19:45の部を家で堪能させていただきました。

 

今回も、ライブ配信のお供は楽天TVとクロームキャスト。

快適なLIVE配信タイムを過ごせました。

宝塚のライブ配信を見るなら、楽天TVとクロームキャストにおまかせ

なかなか劇場に行けない時代になりましたよね。 そしてライブ配信だけになってしまったディナーショーとミュージックサロン。 どちらにしてもチケ難でチケットは取れなかったと思うので、配信で観ることができるの ...

続きを見る

 

さて、今回もお昼の公演と夜公演の二回のみ、1日限りの1Day Special Live。

凪様の美しさと男役臭さ、そして面白さあふれる約1時間20分でした!

 

脇を固めるのは、きぃちゃんのMSに引き続き登場の綾くん(綾凰華)、ゆめくん(ゆめ真音)、りりちゃん(琴羽りり)、はばまいちゃん(音彩唯)の4名。

凪様からもらったお守りをカバンにつけて、お稽古を頑張ってきたそうです。

 

学年差がありながらも仲のよさげな雰囲気が伝わってきました。

お客様の拍手の代わりにみんなでフーフー言って場を盛り上げてるのも可愛かった!

 

彩凪翔1Day Special LIVE『Sho-W!』

ポスターを見ると、雰囲気の異なる2人の凪様が映っているように、つまり二面性を表わすような、いろんな表情がみえるということをコンセプトにされた今回の『Sho-W!』

 

二面性、といえば私の中で欠かせない凪様の関西弁。

最初のトークでも普通に

「ロシアンルーレットやったやん?」

「やらんのかーーい!」

出てましたね(笑)

 

そりゃ関西出身だから関西弁を話すのは普通なんでしょうけど、

あんな端正なお姿から、普通に「ええねん、ええねん」とか聞くとかなり新鮮

(「ええねん」のイメージが芸人の私)

 

関西の凪様ファンのお友達は、「関西弁を話してくれるのが好き!」と言っていました。

もしかしたら、関西の方も親近感が生まれて嬉しいのかもしれないですね。

 

しかも、望海さんのコンサートNOW ZOOM ME!でも登場したアヤナギ先生がまたまた登場。(笑)

とにかく金八先生のモノマネがうますぎる!

ノリツッコミまでしてるし。(笑)

昨日誕生日だった望海風斗さんならぬ、フーコさんもライブ配信を見ているとのことで、

画面越しの「愛してんで!」のおこぼれも頂きました(笑)

 

そんな(どんな)凪様のDS。

選曲はこれまで出演した思い出の曲や、受験生時代に好きだった曲、宝塚以外での好きな曲などをいろいろ詰め込んだそうです。

 

男役の色香漂う 彩凪翔

関西人らしい?面白い凪様も素敵ですが、やっぱり本職の「男役」の魅力にはかないません。

幕開きの最初の瞬間から、もう凪様ワールドがスタートしていました。

ハットのかぶり方や顔の見え具合も計算しつくされているし、

リップの落ち着いた色味は髪型と相まって大人っぽさ全開だし、

ハットをぬいでも美しいお顔だし、

ときどき刻まれる眉間のシワがたまらなくセクシーだし、

瞬きせずに、ずっとカメラを見続ける瞳はキラキラだし、

瞬きしたと思ったら、その瞬間に違う方向に目線を送る計算されたワザはさすがだし、

総スパンのお衣装が一番似合うぐらい着こなしていたし、

突然ウインク飛ばしてくるし!

 

凪様といえば、ウインク

以前、タカニューのコーナー「男役道」でも、狙い撃ちウインクをご指導していました。

この放送を見ながら何度「凪様からすべての下級生男役にウインク講座を開いてほしい!!」と思ったことか・・・。

今回も、わざとらしくなくさりげなく「え!もしかして!」とキュンと来させるウインク

凪様にとっては、息するようなものかもしれません。(笑)

無理しなくても自然に男役の色気がでてしまう、そんな納得感のある男役としてのお姿でした。

 

選曲もさまざまな種類のものがありましたね。

個人的には「ローマの休日」のアーヴィングが歌っていた曲が当時から好きだったので、また聞けて嬉しかったです。

夜バージョンの歌は、「灼熱の彼方」で、咲ちゃん(彩風咲奈)とバウでW主演した時の楽曲。

9年前の2011年に公演されたこの舞台は、「何が分からないかも分からない」研7以下の下級生だけで作ったので必死だった、とのことで、やはり思い出もひとしおのようでした。

 

そして、自分で作詞されたという「明るい未来」という曲。

全面的に応援してくださっているファンの方に向けての感謝が込められた歌詞でしたが、

歌詞の中に「春雷」や「灼熱の彼方」という、きっと自身のターニングポイントになっただろう公演名を入れていたのを聞いて、

一緒に走ってきたファンは涙なくては見られないだろうな・・・と感じました。

 

心の優しさを感じる 彩凪翔

凪様の”素敵なところ”について下級生が公開するコーナー。

凪様は「お手伝いをしている時、忙しい時でも必ず目を見て「ありがとう」って言ってくださるところ」と、りりちゃんが言っていました。

DSとは話が少しずれますが、ムラでの凪様の入りを見たことがある方ならきっとピンと来たかと思います。

凪様は入りの時、建物の角に立って、ファンクラブの会員さんが一人ずつ来るときに目を合わせているそうなんです。

今は、コロナの影響で入出はないですが、りりちゃんの話を聞いて入りの時の光景を思い出し、

凪様の心の優しさを改めて感じたのでした。

 

15年の男役道が詰まった『Sho-W!』

雪組さんはスター揃いで、男役下級生もグイグイ伸びている組。

そんな中で、女役を配役されたりする翔くんはどんな存在なんだろうな・・・と、雪組公演を観るたびに勝手に思いを馳せていました。

咲ちゃんも次期トップスターになったし・・・

でも、今回のライブ配信をみて、

やっぱり男役らしい香りがする翔くんの姿は宝塚らしさ満点で素敵でしたし、下級生はまだまだそこには到達していないよ、という差を見せつけられた気がしました。

心が優しく、男役としての道も確立されている上級生がいるというのは、下級生にも大切な存在。

凪様には、男役道の指針として、雪組の下級生に男役道を継承してもらいたいと切に願うのでした。

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5