NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

「服を買うなら、捨てなさい」洋服と上手に付き合う方法が即実行できて超おススメの本

2020年5月24日

洋服といえば断捨離の筆頭にあげられるみんなのお悩みの種。

  • クローゼットに洋服はあるのに、いつも何を着たらいいか悩んでる
  • いつも同じ格好は恥ずかしくて、いろんな格好をすべきだと思っている
  • コストパフォーマンスを考えず、なぜこんな無駄な買い物をしたんだろう

そんなことはありませんか。

 

私自身がまさに、そういう人間でした。

でも、ある時出会った一冊の本が私に現実を見せてくれました

まだまだ修行中ではありますが、この本のおかげで徐々に、

  • 少数精鋭無駄なものがないので、毎朝悩まない
  • いつも気に入った格好ができる
  • 買い物する時の判断基準が増える

ようになってきました。

そして、季節の変わり目、洋服を新調したい時にはもう一度読み直すようにしています。

 

その本というのは、洋服を扱う側であるスタイリスト地曳いく子さんの書いた「服を買うなら、捨てなさい」

強烈なタイトルですよね(笑)

断捨離の手助けになればいいな、と思って手に入れたはずのこの本は、服を手に入れたいと思っている時にこそ読むべき本!

無駄な買い物がなくなれば、断捨離なんて必要ない!

まさにバイブル。

中身もタイトルの通りハッキリグサグサと言ってくれるので、耳が痛いけど、目が覚めます。

大人になるとこれぐらいグッサリ刺してくれないと、きっと刺さらないんですよねー(笑)

 

特に、心に深く刺さったところを

  • 断捨離に役立ったところ
  • 買い物のときに気に留めているところ

について簡単にご紹介したいと思います。

そして改めて自分を戒めたいと思います(笑)

 

バリエーションの呪い

雑誌にある気回しコーナー。1ヶ月の間に起きるいろんなイベントに対して、こんな服装、あんな服装をいくつもバリエーションを持たなきゃ!と思わせる企画が満載。雑誌はそうやって洋服を見せていくのが使命だし、正直・・・このコーナー見ていて楽しいですよね!

でもこれは幻想。(バッサリ・・・あぁぁ)

実際は毎日違う服着なくてもいいし、逆にいろんなパターンの服を着なきゃと思うと、バリエーションを増やそうとするあまり「微妙」な服が入ってくる。

いつもおしゃれなに気をつけていても、たまたまちょっとダサいものを着ていたら

他人には「いつもおしゃれ」という印象より、「なーんだ、意外とダサいのね」という印象の方が100倍くらい強く焼きついてしまうのです、たった一度でも、です。

ですって。確かに。

自分に良く似合う服を週に2度3度着ている方が、はるかに良く見えるというもの

おお、耳が・・・痛い・・・(笑)

実際、ワンパターンだとしても、いつも似合っている格好をしている方の方が素敵にみえますよね。

他の人から似合うといわれたスカート。以前は週に何回も着るのは洋服を持っていないみたいで恥ずかしい!という自意識過剰な判断で、多くても週に1回しかきていませんでしたが、今は週2,3回でも着ています。

着る服がないーと悩んでうっかり微妙な格好をするよりも、クローゼットを似合う服ばかりにすれば間違いなく悩む時間も、失敗する可能性も少なくなりますよね。

 

買っていいのは「今着るもの」だけ

クローゼットがきれいになったら、それを維持したいものですよね。

でも新しいシーズンになったら買い足したい。今の私がまさにそう。

そこで買い物の時に考えるのは、

ポイント

  • 一週間以内に着るかどうか
  • 1回着用あたりのコストパフォーマンス

あくまで普段着る洋服の話ですが、これってかなり重要だと思っています。

本書の例にも挙げられていますが、仮に10万のコートを冬の初めに購入して、ワンシーズンの約三ヶ月の間に50日着られるなら、1回着用あたりのコストは2000円。

一方、3万円のワンピース。3日くらいしか着用する見込みがなければ1回着用当たりのコストは1万円。

高くて悩んだ洋服でも似合っていて実際に着る回数が多ければ、ちゃんと存在意義がある上に、実は1回当たりの着用コストは低くなる

お金を使っていいのは、繰り返したくさん着るものだけです

実際、「一生ものになる」と非常に高額なコートを購入したのにもかかわらず、高いものだから汚したくないし・・・とあまり着ないで大切に取っていたら結局流行が変わり、出番がなくなってしまったことがあります。もっと購入したときにたくさん活躍させておくんだったな、と思っても後の祭り。

 

ここで、金銭的なコストパフォーマンスで計れない服があることにも言及してくれているのが救い。

それは「着ると、自分の気持ちがどれだけアガるか」ということ。

実際使う回数がうんと少なくても、身に着けると自信が持てて、自分が納得できるのなら、私は決してムダではないと思います

ウエディングドレスが例に挙がっていますが、宝塚歌劇が好きな私の場合はファンの集いである「お茶会」がそれに当たります。

お茶会のためにお洋服を新調することも、もちろんあります。

「あの方の目の中にいれてもらえるなら、自分の最大級の努力を尽くして素敵にならなければ!」と。

そういう特別な時に着る服に投資をするためにも、普段着る服にムダにお金を払いたくないな、と改めて思います。

 

まとめ:何度でも振り返って参考にしたくなる

私はファッションのプロでもないただのOLですが、それでも自分なりのルールや買い物の軸ができて無駄な買い物が減ってきたのはこの本のおかげです。

すべての意見が正しいとは思いませんが、いろんなヒントが隠されているので一回読んで終わりではなく、迷いそうになった時に自分の戒めにページをめくってみるようにしています。

「服はあるのに着るものがない」とクローゼットの前で悩んでいる方がいたら、一度読んでみてはいかがでしょうか。

これ以外にも、いろいろ耳の痛い言葉に、目が覚めること請け合いです。

 

 

 

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5