NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報 暮らし

宝塚や舞台観劇に必須!HINODEとVIXENのオペラグラス(双眼鏡)の使用感

2020年5月27日

宝塚など舞台を観劇する時、オペラグラス(双眼鏡)を使うと舞台の細部や演者の表情まで見えてさらに楽しめますよね。

実は舞台を見に来る人に中には、自分のオペラグラス、通称マイオペラを持ってくる方もたくさんいます。

自分の観劇スタイルに合ったオペラグラスを持っていると、想像以上に観劇が楽しくなり、もはや手放せなくなってしまいます。

今回は、オペラグラスで観劇する魅力と、愛用のオペラグラスHINODEとVIXENの使用感比較をご紹介したいと思います。

なぜオペラグラスが必要なのか

なぜって、宝塚のお衣装は本当に手が込んでいて美しいし、小道具もこってるから細部まで見たいし、舞台セットも、ダンスしている時の指先が・・・いいえ。

それはひとえに

もっと近くでタカラジェンヌの美しい顔や苦悩の表情、そして飛び散る汗を見たいから!

なんならこっちに向けて飛ばす投げキスやウインクをガッツリ捕獲するため!

という目的にご賛同いただける方に役立つオペラグラスについてお伝えしたいと思います。

まずは基本情報

色々数字が書いてあってややこしー!となりますが、後の快適な観劇生活に関わると思うとここはしっかり抑えておきたいところ。

倍率

○×△とボディに数字が書いてありますが、その○の数字を指します。数字が大きいほうが見たいものに近くなります

仮に肉眼で50m先にいる生徒さんを見た場合、6倍と書いてあるならなら約8m先にいるような感じに、8倍なら約6m先にいるような感じに見えるということですね。(肉眼の距離÷倍率)

対物レンズの口径

○×△とボディに数字が書いてありますが、その△の数字を指します。

数字が大きいほど光を集める力があり、解像力が優れているとのこと。ただし、数字が増えるとオペラグラスのサイズが大きくなります。

明るさ

倍率と対物レンズの口径の関係で決まります。。(「対物レンズの口径÷倍率」の2乗)

仮に倍率が同じであれば、対物レンズの口径が大きい方が明るくなりますし、対物レンズの口径が同じならば、倍率の低い方が明るくなります

実視角

どれだけ広範囲が見えるか、の違いですね。数値が大きい方が舞台の上で広く見るのに適しています。

重さ

下手したらずーっと手に持っていなければならないかも。疲れると手ぶれにもつながりますね。

 

さて、ここからは私が持っている2つのオペラグラスを勝手に比較してご紹介したいと思います。

※あくまで素人が自分の使い勝手でのレビューしたものですのでご了承ください。

とにかく明るい!HINODE 6×21-N21

手のひらサイズで、バッグに入れてもかさ張らず重宝していました。

倍率・・・6倍

対物レンズの口径・・・21ミリ

明るさ・・・12.25

実視角・・・7.2

重さ:139g

こちらは、2代目を探している時に、明るさを重視して選びました。

個人的な感想ですが、東京宝塚劇場なら、SS席で奥のほうの下級生を探すのはもちろん、1階S席の16-17列目、2階のS席くらいまでならこれで十分かと思います。

GOODポイント

6倍なのでSSに座っていても銀橋を歩いてくるトップさんのお化粧もアップになりすぎず、すぎず良い感じに見えます。

実視角も広いでの、舞台上のお芝居など人とのやり取りを見るには動かす範囲が狭いのでラクですね。

そして軽いので片手で持てますし、ずっと腕を上げていても疲れません

BADポイント

倍率が低いのもあり、1階席後方や2階のA席、B席ではちょっと物足りないです。

特にB席で使用するとウリである明るさも半減してしまい、生徒さんの表情が少しぼやけて見えます。

隣に座ったヅカ友から観劇後「○○のシーン、絶対こっちに指差しウインクきてたよね!!」といわれても、ショックで白目むきそうなぐらいにはぼやけてました

くやしい!!

※こちらのモデルは生産中止になっているようですが、数値などは参考になると思います。

 

どこに座っても怖くない!VIXEN ARENA 8×25

ゴツいので、ミニバックには入りません。でもバックを犠牲にするだけの実力があります。

倍率・・8倍

対物レンズの口径・・・25ミリ

明るさ・・・9.7

実視角・・・6.3

レンズのコーティング:マルチコート

重さ:289g

こちらは先述のHINODEの欠点を解消するために購入しました。

もうぼやけて見えなかったなんて過去とはおさらばよー!

同じく個人的な感想ですが、東京宝塚劇場なら、1階S席全体~2階B席までどこに座っても良く観えます。ただ、SS席で使うと近すぎて疲れます。目を見たい、とか口を見たい、とかマニアックにパーツを見るならどアップなのでばっちりです!

GOODポイント

明るさは数値上HINODEの12.25に対して、9.7と低いのですが、実際に2階B席後方で見ても明るさは全く問題ありません

解像度が高いから生徒さんの表情までしっかりきれいに見えます。

BADポイント

実視角が狭いので、特定の生徒さんをガン見するには適していますが、その周りの人が何をしているか、どんなダンスを踊っているのかさっぱりわかりません

そして重い。これは両手持ち必須。休み休みでないと手が震えてきます。

どちらがよいか

こればかりは個人の趣味嗜好・バッグの大きさ、腕の筋力に関わる問題なので、一概には言えませんが、

使い方としては、組が好きで全体が観たい、とかお芝居をみるならHINODE(8×21)が適しているかな、と思います。

一方で、ショーなどで特定の生徒さんにかぶりつきで観たかったり、投げキスやウインクを逃さない!ということであればVIXEN(8×25)が適していると思います。特にショーは興奮してただでさえオペラが曇ることがあるので、明るさと解像度が高いものの方が良かと思います。

そうは言っても、お芝居とショーの2本立てで公演することが多い宝塚。いつも2つは持ち歩けない・・・

ということで、現在は生徒さんにガッツリかぶりつきで見たいので、VIXENをよく使っています。

オペラを買わなくても楽しめる方法

まだ買う決心がつかない~という方でも大丈夫!

劇場で貸し出してくれるから心配ありません!

オペラグラスの貸出し

宝塚歌劇では劇場でオペラグラスを貸出しています。費用は500円ですが、保証金として5,000円必要なので、現金で5,500円必要です。

保証金は貸出し時に渡された引換え券とオペラグラスを返却した時に戻ってきます。

つまり、借りる度に500円が掛かるということですね。

6回借りれば3000円分のオペラが買えて、10回借りたら5000円のオペラが買えます。

自分の必要とするタイプのオペラグラスが分かったら、もしかすると節約になるかもしれませんね。

まとめ

宝塚は舞台セットもお衣装もゴージャスで、観ているだけで違う世界にワープできます。

その上、舞台の上で尋常じゃない量の汗をかきながら、必死に踊る生徒さんを見るのも大好き。

SS席で今日は「オペラいらないだろうな」と思っても、何かの瞬間に思ってもみなかった人にロックオンしたくなるかも・・・。

舞台は生もの。その時を逃したら次はもう観れないかもしれません!

ぜひ、オペラグラスを相棒に素敵な出会いがありますように。

まずは劇場貸出しのものを使用してみてから、自分の嗜好に合わせて選択してみてもいいと思います!

 

 

-宝塚, 情報, 暮らし

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5