NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

将来に不安を感じていない20代から読むべき「30代にしておきたい17のこと」

2020年6月2日

20代でこれから、さぁ30代になるという方。

30代も20代と同じように過ぎていけば、特に不安に思うことはないと思っていませんか?

私は思っていました。

そしてアラフォーになった今、軽い気持ちで「私はいくつできてるかしら?」

と思い「30代にしておきたい17のこと」なんていう本を読んでしまったのです。


 

これは迷える30代後半が読む本ではない!

 

むしろ何の不安も抱いていない20代こそ読んだ方がいい本ではないか?!

 

と勝手に憤る結果になったので、ぜひ何の不安も感じていない20代当時の私とあなたにとどけーと思って書かせていただきます。 

とても曖昧な指南書であることの意味

敢えて書かせていただければ、良くも悪くも30代でぶつかる可能性があるようなことの表面上のことをサラッと書いただけです。

だから30歳も後半になって、もし「できてないけど、どうしたらいいんだろう」と明確な答えや方向性を探しているのなら読んでも答えは見つからないです。

「できない可能性が高い」でも「できるかもしれないよ」みたいな感じなので、いやいやどっちやねん!と突っ込みをいれたくなることが、全体に渡って書いてあります。

ですが、実際20代から30代に入る時って実はそんな感じで助言してもらった方が、いいのかもしれないです。

10代から20代は社会に出ていろんな人に出会ったり、自分でお金を稼ぐようになって自由度やできることが増えて自分自身でも変化や成長を実感します。

ですが、20代から30代はこれまでの延長線上のようにフワーッと自然に移行できてしまいます

これまで通りやっていたら、まぁ大丈夫だろうな、という感じに。

だからこそ、特別心の準備をせず楽観的30代になろうとしている20代に、ふんわり、やんわりとできないことがある可能性を教える、という意味でこの曖昧な表現になっているのだと思います。

 

ざっくりな例えが挙げられている意味

「そんなすごいことは自分には無理だ」と勝手に思い込んでいたからです。その制限をはずしてみると、自然と文章が書けるようになり、本が出版できました。

うーーむ。

この年になると、どうしてその制限がはずせたのか?ということの方が気になります。

なぜなら、外せないまま今まで来てしまったのですから。

でも20代から30代になる時、もし比較的順調に人生を歩んでいるように思えたら、制限を無意識にかけている可能性なんて気にもしないでしょう。もちろんその制限を外す努力だってしていないはず。

でも少し身近な例を挙げることで、自分もどこかでリミット付けてないか?と気づくチャンスを与えてくれているのではないでしょうか。

自分の比較的順調な人生を振り返り、考えて、試行錯誤する時間もあります。

 

全体的に悲観的な意味

30代以降も嫌いな仕事を続けていては、その人の大切な部分が蝕まれていくでしょう。嫌いな仕事をずっとやることは、緩慢な自殺をしているようなものです。

 

30代で新しい才能を見つけ切れなかった人は、その後、才能を使って生きることは難しいでしょう。

今読むと絶望しますよね(笑)

でも実際に意識してこなかった私は、40代になる前に「何もできなかった・・・!」という焦りを抱いています。

20代のうちから、こういうことを意識していないと、その先あっという間に30代は過ぎて絶望の淵に立たされますよ」というように、できていなかった時の最悪な未来を思い浮かばせておく、ということでしょうか。

そうすれば、多少なりとも恐怖を感じながら30代に足を踏み込み行動してきた人は、最悪を脱することができるかもしれないということになりますからね。

まとめ:30代について何の不安もない人が読む本

決して30代後半で読む本ではありません。

逆にできていなかったことが露呈して、曖昧な指南とざっくりした例え話に噛みつきたくなるだけです。

でも、もし20代後半の自分が読んでいたら・・・?

比較的順調に見える自分も、このままの調子で進んで行っていいのか、それとももっと考えることがあるのか。

そうやって立ち止まって30代の自分の過ごし方を考えるためにはいいきっかけになったと思います。

そして、実際に30代になった時、あぁこれが筆者の言っていたことか、「本当にそうなったな」と思うのか「意外と自分は問題なかった」と思うのか。

冷静な目で自分を見ることができるのではないでしょうか。

 

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5