NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

ワークライフバランス重視の転職 気を付けるべき3つの注意点

2020年6月7日

仕事にある程度慣れてくると、

  • 趣味の時間を大切にしたいから
  • 家族と一緒の時間を増やしたいから
  • とにかく多忙すぎてストレスがたまりすぎているから

 などなど、ワークライフバランスを重視して転職を考えること、ありますよね。

 私も26歳、29歳の2回転職し、37歳でも転職しようとした経験がありますが、そのうちの29歳はワークライフバランスをとるための転職でした。

 20代~30代の頃は、それなりに社会のことが分かり始め、仕事にも余裕ができ、結婚して生活が変わったりするので、仕事と生活のバランスを考え始める人は多いのではないでしょうか。

今回は私自身の失敗経験も含め、ライフワークバランスを重視して転職する時に注意すべき3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

安易に職種を変えない

ワークライフバランスを重視すると、時に

業種も職種も変更すれば条件に適うことがあるのになぁ

という求人を見つけられることがあります。

第二新卒の転職ならOK

新卒で入った会社から業種も職種も変更して次のチャンスを狙うのも十分アリです。

なぜなら、企業側もこれまでに何をしてきたか、何を即戦力として求めるかというよりも、

今後どれだけ頑張っているかのポテンシャルにかけて面接してくれることが多いからです。

最初の企業で社会人としての基本のマナーや社会人である自覚がありさえすれば、ある意味白紙の状態から再出発できる可能性もあり、ワークライフバランスのとれた仕事に就けるかもしれません。

私自身も26歳で1度目の転職をしましたが、全く経験がなくても、業種や職種だけでなく会社の規模もまったく違う会社へ転職することができました

問題は20代後半以降の転職

もし新卒で入った会社からの転職ならすでに7,8年のキャリアがありますよね。

それだけあれば、すでにお客様との良好な関係が築けていたり、成績を出せる経験もしてきているし、会社内でも次のステップを任される可能性もあるはず。

そのタイミングでの職種を変える転職は慎重になった方がいいです。

せっかく培ってきた経験や知識、人脈を捨てて、新たな職種に踏み出し、仮にその仕事がうまくいかなかったとしても、もとの職種には戻れなくなる可能性が高いです。

なぜなら、新しい職種についての業務を覚え、経験を積んでいく間に、前の職種に関する情報や求められること、技術は日々変わっていくから

 

私自身も1回目、2回目とすべて職種を変えて転職してしまったため、経験としては広く浅くありますが深くなかったため、今やろうとしても自信がありません

 

その上、年齢が上がるにつれ、その職種に対してどれだけ深くやったか、成績が出せているのかを問われるのはもちろん、人材育成やチーム作りなどの経験を求められることが多くなります。

そのためにも、職種はなるべく20代後半までには決めておき、その職種に対しての知識や経験を深めてプロになっておくことが大切です。

 

もし40代後半になって転職しようと思っても、ずっと同じ職種を突き詰めてきた人なら、きっとどこかでまたその能力が生かせるはずですよね。

 

絶対に譲れないことを決めておく

ワークライフバランスの、ワーク(仕事)の中で何が自分にとって譲れないことなのか、ライフ(生活)の中で何が一番重要なことなのか、を決めておく必要があります。

 

私の場合、電話を肌身離さず持ち歩き、いつでもお客様の要望に応えなければならないような仕事はやらない、とか。

1回目に転職した職種が、お客様の都合で土日や長期休暇中でも電話が掛かってきて緊急対応しなければならないことがあり、ライフバランスが崩されたと感じたことが多々あったからです。

仕事の方では、中国に関する仕事がしたかったので、中国語を使うことを譲れないポイントとして挙げていました。

自分が仕事のこの部分は譲れない、と決めれば、選んだ自分に対しても責任感が増しますし、自ら積極的に取り組めるはずです。

ただし、私は中国語という単なるツールを譲れないことにしてしまったので、仕事面では苦手なことにも取り組まなければならなくなりましたが・・・

これは自分のミスだと今になって反省しています。

いろんなパターンを考えてみて、これは受け入れられるか否か、自分で譲れないことを決めて面接の時点にでも事前に確認しておけば、入社してからのギャップに苦しめられる可能性は低いはずです。

  

実際に制度を使っている割合を確認する

特に妊娠、出産、子育、介護などの休暇制度などがあるかないか、あるなら中身はどのような制度か、どれくらいの方(女性)がそれを活用しているかを確認しましょう。

正直に聞けば、意外と「制度はあるが使っている人は少ないんです」と言われることもあります。

制度はあるのに使ってないというのは、使えるような雰囲気にないのか。

もし制度はあるのに形骸化しているならばワークライフバランスをあまり重視していない企業かもしれません。

今の会社の面接時、育児休暇の後に小学校3年生まで時短業務が認められており、数人がそれを取得していることを入社前に聞いていたので、もし自分がそのようなステージになっても大丈夫だな、と安心して入社することができたのを覚えています。

結局子供いないんですけど(笑)

制度を使う社員がいるということは、社員同士でも必要な時は互いにサポートするという意識があるので、社内の雰囲気でもプラスに働いているように感じます

 

まとめ:ワークもライフも軸を持っておくことが大切

私はどちらかというとライフを重視して転職をしてきました。

もし自分に子供がいれば、この転職でよかった、と思える可能性が高いです。

しかし、子供を持たないことになった今、ワークをもっと深く掘り下げて身に着けておくんだったと少し後悔しています。

人生は予定通りにいかないこともあるので、どちらについても軸をしっかり持って転職活動をされることをおススメします。

私は今の会社で新たな軸を探すべく頑張ります!

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5