NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

中級レベルでも中国語で仕事する3つのポイント

2020年6月6日

自分の語学力を使って仕事をしたいと考える方なら、どれくらいの語学力なら仕事でつかえるのか知りたいと思う方は多いですよね。

正直、会社によってはそんなに語学力なくてもいいかもしれない、と思っています。

今回は、違う職種で通算12年間中国語を使いながら仕事をしている経験から、

語学レベルはそんなにないと思うけどこんな風に意識して仕事しています、という3つのポイントをご紹介します。

あまり語学力に自信がなくても、ぜひ使って仕事してみたい、という方に少しでも参考になれば幸いです。

 

試験の結果は参考程度に考える

中国語の語学力を計る試験で有名なのといえば、一般的なのはHSK(漢語水平考試)と中国語検定です。

特にHSKは中国政府公認の資格。

全世界で受けられているものなので、日本人以外の中国語学習者とのレベルを比較する際にもこちらが基準となります。

現在、筆記試験は1級~6級(6級が一番高い)、口頭試験は初級、中級、高級に分かれていますが、どれくらいのレベルがあったらいいのかなーと思いますよね。

高ければ高いほどいいと思いますか?

実は、この試験の結果判定はこういう風になっています。

HSKの公式サイトによると

2013年試験より合否判定の表記がなくなりました。

但し、6割(基準点:180点)以上のスコアで6級の能力を有していると判定できます

とのこと。

つまり、300点満点の試験で180点あれば6級合格を認めてくれるってことです。

じゃあ6級の180点(6割)と一つ下の5級の240点(8割)どっちがレベルとして高いの?と聞かれたら、もしかすると同じかもしれません。

それに6級で300点満点を取っている人と、合格判定ギリギリ180点をとっている人には雲泥の差があります。

試験を受けるのは転職でPRに使えたり、現状の確認をするのには有効かと思いますが、仕事上でどれだけ使えるかの方が大切。

もちろん勉強することはとても大切なことなので、勉強はしつつ、あまりスコアに固執しなくてもいいのではと思います。

ちなみに私のHSKの成績は、筆記試験 6級(2017年)、口述試験 高級(2013年)という状態です。

ちょっと古い試験結果なのであまり参考にはならないかもしれませんが、とりあえずは筆記も口述も一番上のレベルを持っていることになります。

でも試験ってきちんとした意味が分からなくても、日本の漢字に当てはめれば想像で回答が導き出せることが多々ありますよね。

100%理解したことだけを答えているわけではないので、何とでもなる気がします。

 

どのレベルの語学力が必要なのか

試験結果は横に置いておいて。

では、実際の仕事に必要なのはどれくらいの語学力なのかを、2つの仕事を例にご紹介します。

あくまでも私の勤めた会社の場合なので、参考までに考えてみて頂ければ幸いです。

旅行会社でチケットやホテルの手配をする

以前働いていた旅行会社で、カウンター業務をしていました。

カウンター業務とは、ガイドのように一緒に旅行に同行するのではなく、電話やwebなどの問い合わせからお客様の要望に合わせた日程や航空会社、料金などの条件に合わせて手配をする仕事です。

勤めていた営業所の客層は、7割中国人、3割日本人でした。

7割の中国人のお客様の目的は、ほぼ実家に帰ることや家族を連れていくことです。

なので正直とてもシンプルな受け答えができれば問題ありません。

ただ、私が苦労したのはお客様の話すスピードと訛りでした。

特に、訛りの方はある特定の地域の男性の言葉がどうしても苦手で、電話にでて二言くらい話したらすぐその土地の人だとわかるくらい(笑)

予約の人数でインセンティブが増えたので、スピードも訛りも必死に克服しました。

慣れればシンプルな会話で成り立つので、そんなに語学力は必要ないと思います。

 

自社製品の営業とプレゼンテーション

現地の子会社の担当者と連絡を取りつつ、今は自社製品の売り込みのためのプレゼンテーションをしています。

プレゼンには市場調査も入るので、すこーーーしだけマーケティングのまね事もしています。

また、現地サプライヤーに日本のお客様を連れて行って簡単な通訳をしています。

旅行会社の時とは違うのが、話す内容が複雑化したことと、相手が新しい内容の発言をした時にその場で内容を間違いなく理解する必要が出てきたことです。

自社製品についての内容はもちろん話せるようにならないといけませんが、それに対して相手が要望してくることをしっかりと自社に持ち帰る必要もあります。

正直とても難しいし完璧にできたと思ったことはなく、反省の日々です。

 

自分の言葉で話すこと

どんな形であれ、自社の製品やアピールしたい内容は必ず話せるようにしておく必要があります。

また、それに対してどんな反応がでるかも予測して、それに対しての回答も自分の言葉で準備しておきます。

例えば、たとえ多少簡単な言い方になったとしても、自分で理解して自分の言葉になっていれば、いくらでも話しながら情報を足していくことができます。

でもただ言われた通りに暗記してきた言葉、説明文を読んだだけなら、自分がわざわざ言って説明する必要なんてありませんよね。

また、相手から言われたことも、必ずその都度自分の理解した内容を自分の言葉で復唱して相手に確認する、ということを意識しています。

理解を間違えていることほど迷惑なことはありません。

多少まごついても、きちんと内容を理解して、それに対応する方が意味があります。

しかも、徐々に自分の携わっている分野について知識も中国語の単語量も増えていきますから、自然と話がスムーズにできるようになってきます。

とにかく、限られた時間の中でもできるだけたくさん会話をして、話に慣れること。

そして理解したことは必ず自分の言葉になおしていくことを意識しています。

 

日本人であることの利点を生かす

程度の差はあれ、中国語ができることを自分のPRポイントとして考えた時、ぶつかる問題があります。

中国語のできる日本人と日本語のできる中国人は何が違うのか

世の中に日本語の話せる中国人はたくさんいます。

留学もしていなくてもとても流暢に話す人たちもたくさんいます。

そんな人たちと中国語の能力だけを比べたら全然勝てません。

自分が日本人で中国語を話すことをアピールポイントにするなら、それを求められているところで使うということに尽きると思います。

例えば、日本人だからわかる感性、日本に暮らしているからこそ理解できる行動や表現、日本人だから理解できる内容を考察することです。

今の時代、市場統計などの数字はどこでもとることができます。

でもより深く知りたいと思ってるお客様からは、事実や数字だけを見ると理解できなかったことが、内面を知ることで理解できると評価してくれることがあります。

また、日本人のお客様の通訳をした時も、話し手の意図を汲んで訳す、というのも日本人だからこその利点かもしれないな、と思ったことがあります。

例えば、本当はしたくないことなのに「できないことはない」と答えたりしますよね。

そういうニュアンス言葉を使う方が多いので、その部分をくみ取って話すというのも意識しています。

 

中国のやり方を知っている人を尊重する

日本人であることの利点を意識するのは、同時に中国のことは中国にいる人の方が詳しいと認識することでもあります。

日本独特の商習慣があるのと同じように、中国は中国ならではの商習慣や考え方があります。

これはどれだけ語学ができても埋められないことです。

以前、高校を卒業してすぐ日本に留学し、5年以上日本の大手企業で働いてから転職してきた中国人の同僚がいました。

日本語も流暢だし、もちろんネイティブなのでもちろん中国語もできます。

でも、中国で働き出してから、現地のスタッフやお客様ともそんなにうまくいかず、「私は日本人でも中国人でもないと周りから見られている」と悔しそうに言っていました。

よくありがちなのが、日本でスタンダードだと思っていることをそのまま中国にも当てはめようとすること。

あくまでも中国のお客様と仕事をするなら、中国ではどう考えるか、どう行動するのか、を尊重すべきだと思いますし、それを意識することで、日本と中国との懸け橋として存在することもできると思います。

 

まとめ:中国語を使って自分は何ができるのかを考える

必要な語学力は仕事の内容によると思います。

でも中国語はツールなので話せるだけでは、あまり意味がありません。

むしろ今の語学力を使って、自分に何ができるのか、何の役に立てるのかを考える方が意味があることだと思います。

あまり話せない人でも、頑張ってコミュニケーションをとろうとすること自体が組織の中の関係性を円滑にしてくれることもあります。

私自身も何ができるのか、差別化ポイントは何なのか日々自問自答してまだ探している最中ですし、簡単には答えは見つけられなさそうですね・・・

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5