NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

中国語が話せても転職に有利ではないが、プラスアルファで可能性は広がる!

2020年7月20日

  • 中国語がはなせると転職に有利?
  • 実際に企業はどのくらいのレベルを求めてるの?
  • 中国語ができるとどんな仕事ができるのかなぁ?

という中国語を使って仕事をしたいなぁ、と考えている方に向けて。

現在筆記ではHSK6級、口頭試験では高級をもっている私が「日本で中国語を使って仕事する」道を探し続けて転職活動をしてきました。

この経験をもとにお話しします。

 

 

中国語が話せる「だけ」では有利ではない

日本の求人は英語がメイン

残念ながら、日本の求人で語学の欄に目を向けると大多数の企業は英語力を求めています。

大企業になればなるほど、会議やメールでのコミュニケーションに一人でも中国語が分からない人がいれば英語でのやりとりになるからです。

実際に過去2回の転職をしていますが、転職活動中に中国語をメインで求めている企業は5社にも満たなかったです。ほとんどの場合が「中国語ができれば尚可」程度です。

確かに英語に比べると「中国語を話せる日本人」というのは希少価値が高いように思えますが、英語が世界の共通語である限り「中国語ができなければならない」という仕事はほとんどありません

そのため、中国語を話せるだけでは転職には有利に働きません。

中国語はプラスアルファで有利に大変身

中国語の語学力以外に、何か軸となる能力や経験があるなら中国語を話せることでかなり有利になれます。

なんでもそうですが、複数の能力や経験の掛け合わせになると、できる人は少なくなりますよね。

例えば企画や商品開発の経験がある人ならすでにその仕組みや流れは把握していますよね。そこでもし中国語が話せれば自分が国内外のやり取りの中心となって、うまく企画を運べる可能性が高いです。

通訳を通さずにお互いの言葉が通じると、通訳を通した時よりもっと話の内容が通じるし、コミュニケーションのスピードもアップし効率よく仕事ができます。

軸となる経験があることで、中国語の活用の幅が広がり、唯一無二の存在になることもあります。

 

転職時に必要なレベルは日常会話が基本

専門用語は実践で身につける

全く新しい業界に転職する場合は特に、日常会話でしっかりコミュニケーションが取れれば、とりあえず飛び込んで大丈夫だと考えています。

というのも、専門用語は使わなければ身につきませんし、そもそもどのようにそれを説明するのが適切かを知っていないと、とどんなに頑張って勉強しても遠回りです。

日本語でも同じように、分からない分野のことは経験を積んでできるようになりますし、どう話したら相手にうまく伝わるかもトライアンドエラーがあってこそ。実際に使っている生の言葉は、特に専門用語が多い場合は現場で積み重ねながら身にみにつけるほうが、正しく話せるようになります。

よほど募集条件が明確でない限り、日常会話でコミュニケーションがとれるくらいのレベルで飛び込んでも何とかなることが多いです。

即戦力が必要ならテストがある

もし、募集している企業が実際に想定しているシーンがあるなら、必ずテストがあります。

即戦力として求められているレベルは企業によって違うため、テストのスコアだけではわからないところをみます。

これまでの転職経験の中でいくつかの企業に申し込みをした経験がありますが、英語力にしても中国語力にしても語学力が仕事内容に直結する場合は必ずテストがありました

テストというと、出来不出来に目が行きがちですが、どれだけ正答率が高かったか、だけではなくコミュ二ケーション力を求められている場合もあるので、正答率が高かったから合格するわけでもありません

企業の必要としているポイントは、実際に受けてみないとわからないのが正直なところです。

 

企業が求めるとされるレベル

HSK6級と書けるといい

基本的にHSK6級程度を求める、と書いてあるところが多いのでHSK6級に合格していると書類はパスしやすいです。

採用する企業側からすれば、HSKのテストの中でも最上級なので一番わかりやすいですしね。

でも受ける側にとってもメリットはあります。HSK6級は60%の正答率でも合格扱いなので、実はHSK5級で満点近く取るより簡単です。

実際、

HSK5級は

「中国語の新聞・雑誌を読んだり、中国語のテレビや映画を鑑賞することができ、中国語を用いて比較的整ったスピーチを行うことができる。」レベル

に対して、

6級は

「中国語の情報をスムーズに読んだり聞いたりすることができ、会話や文章により、自分の見解を流暢に表現することができる。」レベル

ということで、HSK5級でもかなりの語学力が求められているはずなのですが、6級はさらに実践の場に使えるというイメージができているからです。

HSK6級は試験の60%の出来でも合格扱いになるので、「無理」と思わず受けてみると意外に合格できるかもしれませんので、受けておいた方がいいです。

テストを受ける場合は、公式の問題集で時間配分や問題傾向を把握しておくと安心です。

 

中国語ができるとどんな仕事ができるか

サービス業

コミュニケーションがうまく取れる方なら、中国語で仕事の幅が広がります。

中国から旅行に来る方はもちろん、日本に住んでいても中国語でコミュニケーションとりたい方はいます

例えば旅行会社や観光地。中国へ帰郷する航空券の予約などでも多くの日本に住む中国人の方がお客様として存在しています。

中国語で細かな要望や希望にこたえることができると、サービスとしての質の向上につながりますね。

中国資本の企業

中国資本の企業で、日本で事業を広げようとしている企業が募集をかけています

日本での基本業務は日本語ですが、本社や工場とのやり取りで中国語が必要なパターンです。

ここ数年で増えたので、立ち上げメンバーとして入れる可能性もあります。

ただし、この場合はあくまでも日常的なコミュニケーションとしてのツールで使う中国語なので、語学力以外に自分の軸となる経験がないと難しいです。

海外営業、営業サポート

海外営業といえば英語がメインなことが多いですが、中国担当になると中国語の能力を求められることが多いです。

実際、中国企業のお客様と話していても、実務レベルでのコミュニケーションで英語を使うことはかなり少ないですし、英語を使いたがらない人も多いです。

特にやり取りの中でぽろっと口に出した内容を拾えるのは、中国語ができると有利ですね。

 

まとめ:中国語で何ができるかを強みにする

まとめると

  • 中国語ができるだけでは不十分だが、プラスアルファの経験で有利に変身する
  • 語学力は日常会話からスタートでも可能な場合あり
  • とりあえずHSK6級はとりあえず受けておいた方がいい

中国語ができるというと無敵の何かを手に入れたように反応されることがありますが、実はそれだけでは不十分です。

言葉はあくまでツール(道具)であり、仕事においてはそれを使って何ができるかが求められます。

自分はこれができる、強みだというものがある場合、そこにプラスアルファで日常会話の中国語が話せるとしたら、唯一無二の存在になれる可能性は大きく広がりますね。

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5