NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

中国語会話上達のための簡単だけど習慣にすると役立つ3つのこと

2020年5月18日

中国語の会話、特に発音は他の言語と比べても難しいといわれますよね。

日本語の発音では使わない音がたくさんありますし、あまり抑揚のない話し方をするのに慣れているので余計に中国語の発音は難しいと思います。

しかも、実際に中国人と話をした時にありがちなのが、伝わらなくて聞き返されたときの語気の強さに委縮するという経験。

中国人の方からしたら全然語気強く話しているつもりはないんですけね。

伝わらなくて「アァ?」と聞きなおされたら怖くてもう話したくない、という気持ちはよく理解できます(笑)

今回は、「中国語会話を練習したいけど、まだ中国の人と話す勇気がない」と思っている方に、自分一人でできて、会話にも慣れることができる3つの練習方法をご紹介したいと思います。

たくさん聞いて、たくさん話す(多听多说)ために習慣にしたい3つのこと

言葉はコミュニケーションの道具。

筆談のコミュニケーションももちろんありますが、会話をしたいならその時に使う「耳」と「口」を使わないことには、何も始まりません。

そのため、一人で練習するにしても、だだ文章をじーっと読んで頭の中に記憶して、ノートに単語を何度も書いているだけでは上達はしないですよね。

一人だったとしても会話を練習するなら、必ず「耳」と「口」を使うことを意識しましょう。

 

身の周りのことを表現してみて、出来ないことを調べる

会話をするときに題材になるのは、自分の周りで起きていることですよね。

そもそも自分の周りのことを伝えたり、相手の周りで起きていることを伝えたいという欲求があるからこそ、コミュニケーションをとる必要性があるのだと思います。

例えば、赤ちゃんが言葉を覚えるときも、まずは自分の話したいこと、例えばご飯食べたい!の「マンマ」だったり、お母さんこっち来て!の「マンマ」だったり、一番身近なものや人、事柄について話し始めますよね。

それを不自由なくできるようにするために、身の周りのことを表現することから始めてみるとよいと思います。

寝坊した日なら、「糟糕!又睡懒觉了!(しまった!また寝坊した!)」とか「今天没时间吃早饭.(今日は朝ごはん食べる時間ないわ)」とか。

「まずは単語を覚えないと話せない」という方もいるかもしれませんが、個人的には使うかわからない単語を一生懸命暗記するよりも、自分の周りに起きたことを表現しようと思ってできなかったことを覚える方がはるかに効率よいと思います。

「しまった!」って使いたいけど、どうやって言うんだろう?と思ったら調べて、また「しまった!」と思うことがあったらいつもその言葉をつかえればあっという間に定着します。

でも普段「しまった!」と思うことがない方なら、一生その言葉を必要としないかもしれません。

是非自分の周りに起きたことを優先的に口に出してみるようにしましょう。

途中で止めないで全体の流れを聞く

リスニングの練習をしているとわからない単語が出てきますが、途中で思考を止めずに最後まで聞き流すことが大切です。

なぜなら、会話をしている時、自分の分からない単語や言い回しが出てくるたびに止めていたら話にならなりませんよね。

その上、会話というのは、最後まで話を聞いて何が言いたかったか分かることが多いこともよくあります。

しかも、厄介なことに中国語はその発音の特徴である4声(同じマー、といっても4つの発音方法があり、全然違う意味を指します)のおかげで、リスニングが非常に難しい。

以前私が中国語を勉強し始めた時、中国人のお友達に聞いてみたことがあります。

「歌を聴いていると一つ一つの発音が4声関係なくメロディーにそって流れてくるのだけど、単語だけを切り取ると何を指した単語かわからないじゃない?」と。

友人は、「そうね、でも文章として全体をみると、ちゃんとその単語が何を指していたか分かるから大丈夫」と答えてくれました。

分からない単語で思考を一時停止せずに聞き進め行くと、知っている単語が繋ぎ合わされて、大枠をつかむこともできるかもしれません。

まずは最後まで流れを聞く練習はしてみる価値があると思います。

シャワータイムの妄想の独り芝居で主人公になる

「耳」と「口」を使った練習で、一人でできる会話の練習に最も効果があるのはまちがいなく一人芝居です。

なぜなら自分の設定したお題に対して、自分のしたいように話を展開させて楽しんで練習できるだけでなく、中国語をきちんと音にして出す練習ができるからです。

語学学習で一番つまらないのは、面白くない教材をやったり、使う妄想もできないような退屈な会話をすることではないでしょうか。

だから自分の好きなストーリーを作り上げて、その主人公になってしまうのが手だと思います。

例えば、今パートナー募集中の方なら、どこかで中国人の素敵な方が現れたらどうやって声をかけようか、そしたら相手はなんて言ってくるかな、そしたらこういうこと聞いてみて、、、と自分の役と相手の役、一人二役でやってみましょう。

最終的には、相手の素敵なご両親に挨拶にいくところまで発展してしまうかもしれませんし、大きな喧嘩をして別れることになるかもしれません。

どんなストーリーでも自分の好きなように展開していけば、きっと楽しみながら中国語で頭の中をいっぱいにすることができるはずです。

ではなぜ「シャワータイム」が必要なのでしょうか。

シャワータイムは、人に声が聞かれないけど自分は大きな声を出せる時間と空間ですよね。

そういう空間が会話の練習には必要です。

なぜなら、会話をするとき、自信がないと小声になってしまいがち。声が小さいと単語も文法も何も問題なくてもそれだけで聞き返されてしまいます

中国に行ったことがある方ならよくわかると思いますが、中国の方ってとても声が大きいです。

個人的な意見ですが、例えば街の中を歩いていてもクラクションの音だったり、道の修理をしている音だったりの雑音も大きいので、必然的に声が大きくなるんだろうと思うんですよね。

しっかり相手に伝わる音量で話す練習ができれば、不必要に聞き返されることは減りますし、自分の言いたいことがしっかり相手に伝わりやすくなります。

 

まとめ:

どんなに立派な道具を持っていても、使わなければ錆びていきますよね。

それと同じで使わなければ、語学力も錆びていくことを私自身も日々実感していますので、いまは無駄に現地の同僚に電話をかけたりしています。

そうはいっても普段の生活でなかなか中国人と会話をできる機会に恵まれることもないと思います。

でも自分一人のことなら日々の習慣にも簡単に取り込めることだと思いますので、少しでも会話上達のお役に立てたら幸いです。

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5