NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

初日映像を見てこんなにわくわくしたの、久しぶりかもしれない・・・

2020年11月11日

宙組公演「アナスタシア」が始まりましたね。

マイ初日はまだまだ先ですが、スカイステージで初日映像を見ただけで高揚感!

周りに宙組ファンが多いので初日の興奮を話には聞いていましたが、

たとえ映像だとしても「百聞は一見にしかず」とはこのこと。

短い初日映像だけでも、早く観たい!!!と思わせる魅力に溢れていました。

 

楽曲の美しさと宙組のコーラス力

ブロードウェイ版も映画版も見たことがないので、特別番組以外で初めて触れた「アナスタシア」の楽曲。

ほんの僅かな時間、少しのフレーズしか聞こえなかったのに、

これぞミュージカルの!!のわくわく感があふれる曲。

耳あたり柔らかく、それでいて心が躍るような明るい旋律。

 

私の耳がいちばん喜んだのは、ほんの少しだけ流れた宙組のコーラス!

宙組といえば、コーラスの上手さは有名ですよね

「王家に捧ぐ歌」の時は、そのコーラスの厚みを存分に生かすためにマイクの本数が増えたという話もありました。

 

個人でも歌の上手な生徒さんはたくさん居ますが、意外とコーラスになると上手く調和していないなぁと感じることって結構あります。

男役と娘役の声のバランスが悪かったり、声量のある生徒さんの声が嫌に耳についたり。

 

でも宙組はコーラスとしての完成系のレベルが高い

上級生から下級生まで、コーラスの練習にはかなりの時間と力をさいていると聞きます

初日映像のわずかな時間、しかもテレビから聞こえてくる歌声にこんなに心惹かれるなんて、実際に劇場で観たらどう感じるのか。

楽しみで仕方ありません。

 

魅力的なトップコンビから目が離せない

美しい楽曲を歌う柔らかな表情の真風ディミトリー。

前作のフライングサパで見せた、エロ危ない雰囲気はどこへ・・・?(笑)

優しい表情と好青年な風貌から奏でられる歌声に、目も耳も喜んでおりました。

真風さん(真風涼帆)は元々特に凄く歌うまな生徒さん、というわけではないですが、

どんな役も確実に自分の色にしてしまうので、歌をどうこう言う気にならない。(えこひいき)

トップになっても更に深化が止まらないですね。

大好きです!!(どさくさ)

 

タイトルロールであるアナスタシアこと、アーニャを演じるまどかちゃん(星風まどか)。

まどかちゃんは1作1作、凄い勢いで成長している生徒さんですよね。

作品ごとに違う色を見せてくれるので、いつもとても楽しみにしています。

今回も愛らしさの中に、いい意味で貫禄も備わっている歌声が聴けて、

ふと外部で活躍するまどかちゃんの姿が頭をよぎりました。

でも、フィナーレのゆめゆめしい姿と、

真風さんがまどかちゃんに鼻ツンしている姿(興奮して鼻時出る!)を見て、

まだまだ真風さんの隣にいて夢を見させて欲しい!と心から思いました。

もはや、まかまどは離れたらダメだと思う

 

どの組でもデュエットダンスは大好きなのですが、

今のコンビだと真風×星風の宙組コンビがいちばん好きかもしれない・・・月担なのにすみません)

 

軍服の似合い具合と目元の気になるききちゃん(芹香斗亜)とか、

すっかり色気のある女性に大変身のそらちゃん(和希そら)とか、

思った以上にひげもじゃだったずんちゃん(桜木みなと)とか

他にも触れたい人はたくさん居ますが、それはまた実際に観劇した後に書きたくなると思います。(笑)

 

版権という不安要素

ここで出てくる心配が、版権問題

舞台での感動をぜひ映像でも!と思うのですが、DVDを買ってみると楽曲が差し替えになっている、なんて悲しいことも。

そもそも雪組公演の「20世紀号に乗って」は何にも出ていないし・・・

アナスタシアはライブ配信もされる予定ですが、

ライブ配信OKでDVD販売やスカイステージでの放送はNGなんてこともあるのでしょうか・・・?

 

版権に対しての使用料を払うということは、何もしていなくても利益から流れ出ていくということ。

作品によって契約内容の違いはあると思いますし、金額の大小もあると思いますが、

果たしてそれをペイできるだけの収益が得られるか・・・

それを考えた上でのビジネス的判断になるので、ファンの気持ちだけではどうにもならないところかも知れません。

そんな不安要素はありますが、素敵な舞台に出会えることが1番大切。

今回の舞台もきっと良い方向に向かうと信じて、待っています。

 

あ、まだ舞台観ていないんですけどね(笑)

 

 

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5