NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

「ダル・レークの恋」月城&海乃の美しさに高まる期待が詰まったポスター

2020年12月8日

待ち焦がれていたポスター画像が出ました。

 

もーーー!!!最高すぎますーーーー!!

鼻息荒くなっちゃう(笑)

 

れいこちゃんラッチマンと海ちゃんカマラのお似合い具合がまぶしすぎて尊い。

やっぱりこの二人の雰囲気、とても合っていると思います。

 

れいこちゃん(月城かなと)のラッチマン

個人的に、れいこちゃんは現代的な華のある美しさというより、時代関係ない正統派の美人だと思っています。

お顔立ちの上品さがお化粧をしていてもにじみ出ているので、貴族的な雰囲気にはぴったり。

その上、骨格にゴツッと男らしいところがあるので、宝塚の男役が文句なしに似合います。

 

ルキーニみたいなのも似合うので・・・何をしても似合うってことか!(贔屓です)

 

しかも

みんな大好き、美人×ターバン。

みんな堕とせる、軍服×ターバン。

 

れいこちゃんのターバン姿は、雪組時代のラ・エスメラルダやトゥーランドットのカラフ、月組でもクルンテープで見ているので、珍しいわけではありません。

いや、むしろ意外にかぶってるな・・・。

 

でも軍服×ターバンって、見る機会なかなかないですよね。

しかも、ゴールドの透かし模様が胸元と袖口に入った白軍服。

浅黒い肌の色と合わさって本当にかっこいい。

そして熱くこちらを見つめる目線と表情。

カマラがあっという間に翻弄されてしまう理由が分かる、そんなちょっと危険な色っぽさを感じます。

贔屓です(笑)

 

海ちゃん(海乃美月)のカマラ

海ちゃーーーーーーん!

ありがとう!

やっぱり海ちゃん最高です。

 

美しくも優しいお顔立ちが貴族のご令嬢にぴったり。

ちょっと夢見心地のような表情が、腹に一物ありそうなれいこちゃんの表情との対比で、この物語におけるカマラの立場を表しているようです。

お衣装も全体的に白にシルバーのような刺繍が施されていて、ゴージャスで美しい。

首もスッと長い海ちゃんは何を着ても似合うから全く心配していません。(笑)

 

今回の「ピガール狂騒曲」は残念ながら海ちゃんはそこまで目立つお役ではないですが、これは後進を伸ばすためだ、と割り切っています。(私が)

 

瀬奈版「ダル・レークの恋」を見てみた

ポスター画像が発表されたところで、改めて2007年のあさこさん(瀬奈じゅん)主演の月組「ダル・レークの恋」を改めて見ました。

 

こっ、こ、これ・・・

ポスターのれいこちゃんと海ちゃんで想像すると・・・

やばい!エロい!!絶対すてきーーー!!!

 

情事の前の瀬奈ラッチマンがターバンを舞台上でハラハラと外すのですが、そうすると黒髪のウエーブがパサッと・・・。

やばい。色気。素敵。

これはぜひ今回もやって欲しい。

 

ラッチマンが、お代官様あーれー状態にカマラの腰巻を使って踊るのですが、その時カマラが着ている洋服の足もとが透けていて、美しい娘役さんのおみ足が拝めます。

見えそうで見えない微妙なすらりと伸びた脚。そそられる!

こちら、今回もお願いします。

 

情事の後、祭りに向かうときの薄いシャツ姿で、カマラに手を差し伸べる瀬奈ラッチマン。

やばい。惚れる。素敵。

これも引き続きお願いします。

 

情事のことばっかり言っているようですが(笑)

実際にこの展開があるからこそ2人の気持ちや関係が更に複雑になっていく、ターニングポイントであり大切なシーン。

その上、美しい2人が絡み合うなんて、観ていて楽しいに決まってる。

 

 

どの軍服もゴージャスで素敵ですし、白ターバン×黒燕尾のフィナーレも最高。

衣装替えが多いのも見もの。

 

ちなみに、当時ペペルを演じていたゆうひさん(大空祐飛)が、

白地に細い黒ストライプのダブルのスーツを着て、黒ターバンを巻いているのですが、

これがまたキザで悪くてものすごいかっこいい・・・。

 

全体的に大人向けなストーリーだと思いますが、素敵な二人で演じてくれると思うと今から心拍数上がってます。

わくわく♪

 

ここまで期待値あげて、いつ発表になるの

ポスター画像が出たことで、かなり二人に期待値が上がっていると思います。

美しさはもちろん、この二人の演技力ならば間違いなく素敵な舞台になりますから。

(あとは、谷先生の演出がどうなるか・・・)

ポスターで二人写りしているからと言っても万が一のことがあったら悲しいので、期待しつつ、期待しないそぶりをしていますが・・・。

おそらく本来なら全国ツアー公演でプレトップお披露目になるはず(?)だった「ダル・レークの恋」。

月組はトップコンビが退団なので、次期トップスター、トップ娘役共に発表されていてもいい頃。

 

月組の東京公演が終わってからでしょうか。

それとも、ダル・レークが始まってから?

どんな発表になるかわかりませんが、そわそわしながら待っています。

 

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5