NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

違うから面白い 2度おいしい梅芸役替わり公演「ダル・レークの恋」

2021年3月20日

「ダル・レークの恋」にすっかり虜になっております。

何度見てもこの耽美な世界感は、

男役と娘役だからこそ成り立つ宝塚ならではの世界だな

と思うと同時に、

古きよき宝塚の名作を「水」をテーマに昇華させる、

脚本の谷先生を一気に好きになってしまった公演でした。

 

さて、梅田芸術劇場ドラマシティでの「ダル・レークの恋」は、

ありちゃん(暁千星)がさくさく(美園さくら)のMSに出演されているということで、配役が一部変更となりました。

替わったのはこちらの方々。

ペペル:暁千星→風間柚乃

クリスナ:風間柚乃→夢奈瑠音

金の男A:夢奈瑠音→蓮つかさ

他にも、蘭くんがパリの男として歌っていたりする違いはあるのですが、今回はこちらの方々をメインに書き残しておきたいと思います。

梅芸での役替わり

ペペル/風間柚乃

赤坂アクトシアターではありちゃんのペペルを観ていたので、

必然的におだちんのペペルをありちゃんペペルと比べる形になってしまうのですが・・・

 

ありちゃんはどっちかというとチャラい男のイメージが強かったですが、おだちんのペペルはちょっと硬派で頭が切れるイメージ。

喧嘩はそんなに強くないと思うんだけど(笑)

人の弱みをつかみながら、心を掌握していく感じ。

周りに大きな手下がいっぱいいるから、喧嘩は任せれば良いしね!

ありちゃんはすこし感情が顔に出てしまいそうな人懐っこい印象のあるペペルだったけど、

おだちんの方は上手く表情を隠して心の内を悟られなさそうだなぁ・・・と思ってみてました。

学年差を感じさせないほど、おだちんはやっぱり芝居上手いし、何より舞台度胸がすばらしいですよね。

普段が根暗な人なんて想像もつかない(笑)

個人的には声も好きだし、堂々としたおだちんペペル、とても好感持てました!

 

ここからは個人の嗜好になってしまうのですが、私が最初に観ていたのが大空ゆうひさんのペペルだったので、スタイルとか色気とかを求めがち。

そうすると、好み的にはありちゃんペペルだったかな〜と思います。

白地にストライプのスーツ姿なんて、神がかってましたしね。

(でも、ありちゃんペペルとれーこラッチマンが立ち回るところ。いつもありペペルの方が強く見えてしまうので、おだちんとの立ち回りが安心して見れました・・・笑)

 

ちなみに・・・ありちゃんの役替わりといえば、ちょっと気になっていたのがダンス。

プロローグでは「シバの神の踊り」という場面があり、赤坂でありちゃんがガンガン踊りまくっていたのですが、振り付けも一切変わらずおだちんもすごい頑張ってました!

こうやって一つずつ着実にこなし、力をつけていくおだちん、ますます伸びるんだろうなぁー(なに目線)

 

 

クリスナ/夢奈瑠音

こちらは赤坂で演じていたおだちんと比べてしまうのですが・・・

おだちんのクリスナは、何を考えているのかちょっとつかみどころのない感じ。

優しい笑顔を見せているのだけど、腹の中は何を考えているのかちょっとつかめないような人。そしてラッチマンを犯罪者と認めた時の無表情具合。

そんなちょっと「この人分からない・・・」という存在感が、王族というある意味一般人とは考え方がかけ離れたような人をうまく表していて、おもしろいなぁと思ってい観ていました。

一方のるねくん。

もともとご自身が持っている上品さが存分に発揮されていたクリスナお兄様で、おだちんクリスナよりも全身から優しさがにじみ出ている感じがしました。

どっちかっていうとるねペペルの方が、人間味を感じたかな、と思います。

なつこさん(夏月都)との顔を見合わせて笑っている時も優しい表情で、勝手に癒されておりました(笑)

小さいお顔がターバンのせいでますます小さくなっておりましたね・・・

クリスナはそんなに大きく変わらないかな?と思っていましたが、二人の表現の違いはかなり大きくて面白かったです。

 

金の男A/蓮つかさ

れんこんさーん!

本当にこの方は何でもできますね。

前回、赤坂の時の感想にも書きましたが、今回はそのお役にプラスしてダンサーもやってます。

背も高くて足が長いので見栄えもしますし、トメ、ハネ、みたいな動きのキレもすごい。

運動量も多く大変だったと思いますが、そんなことを微塵も感じさせず何役もこなすれんこんさんに、心でずっと拍手を送っておりました。

 

今回梅芸で観た時思ったこと

一番に思ったのが、圧がすごい!

赤坂アクトでの公演は客席動員数が50%だったこともありますが、

今回は客席からも舞台からも圧と熱がすごくて、満席で公演することが相互に放出する力の大きさを感じました。

やっぱり満席で観るのっていいね!

そして笑いのポイントの違い(笑)

これは良く聞く話ではありましたが、意外にシリアスな場面でも笑いが起こっていたのが新鮮でした!

あまり梅芸での公演を観る機会はなかったのですが、とても見やすいお席でどこに座っても満足度高めに楽しめました!

公演はあと少しで終わりますが、最後までケガなく全員で迎えられますように。。。

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5