NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

「独学の技法」は独学に興味があるのに、本の内容が身についてないとモヤモヤしている人におススメの書籍

2020年8月2日

  • たくさん本をよんで知識がある人って憧れる!
  • 私もそうなりたいけど、そもそも何の本を読んだらいいんだろう
  • しかも読んでも頭にいまいち残らないから、結局は読むだけで終わってしまう

 

頭が悪いから記憶に残らないとか・・・?

 

こんな風に思っている方、本を読んでもいまいち自分の身になっていないな、と読書法を模索中の方に、おススメの一冊をご紹介します。

 

なぜ、「知的戦闘力を高める 独学の技法」を買ったのか

たくさん本を読んでいろいろ知識をつけたいと思っているのに、これまで読んだ書籍が自分の力になっていないような気がしてモヤモヤしていた頃。

本屋でふと目に入ったタイトル「知的戦闘力を高める 独学の技法」

なんだかすごく物騒で前のめりなタイトル・・・と思ったのですが、無性に気になる。

アマゾンでレビューを見たら、

これから沢山の本を読もうとしている方、その前に読むのをおススメします(4つ★)

とか

独学とは単に知識を得るだけにとどまらず(4つ★)

と書いてある・・・。

自分の本の読み方を変えていきたいと思っていた時に巡り合うなんて!と勝手に運命を感じて即購入したのでした。

 

闇雲に「タメになりそうな本」を読んでも意味がない

 

小説などの娯楽で読むのであれば、気になったものを片っ端から読んでもいいと思います。

でも、生産性を高める本の読み方をしたいなら、気を付けなければならないことがいくつか挙げられています。

その中で特に私が共感したのは、この3つ。

共感ポイント

  • 「覚えること」を目指さない
  • 必要な内容を引き出して活用できるシステム化が必要
  • ジャンルではなくテーマで本を選ぶ

 

「覚えること」を目指さない

そもそもインプットした内容の9割は、短期的に忘れてしまうそうです。

めちゃくちゃ実感あります。(笑)

だから覚えられないことを嘆くのではなく、どうしたら忘れたインプットを引き出して活用できるかを考えるべきという発想。

しかも、今は学んだ知識が活用できる期間がどんどん短くなっている変化の速い時代

セミナーでお金かけて学んだやり方なのに、もうこれって時代遅れ?!っていうことありますよね。

そんな時代に、時間をかけてウンウン覚えるのは非効率。

覚えなくても、入れた知識をちゃんと引き出して活用できることを重視するという話に共感しました。

 

必要な内容を引き出して活用するのはシステム化が必要

「覚えなくていい」といっても、そのままにしておけばいつものように忘れて終わり。

そこで本書が推奨するのが4つのステップ

 

step
1
戦略:どのようなテーマで戦えるようにするのかを決める

step
インプット:情報を効果的にインプットする

step
抽象化・構造化:知識を抽象化したり他と掛け合わせて独自の視点を持つ

step
ストック:知識や洞察をセットで保存し、自由に引き出せるよう整理する

 

この中で、一番共感したのが「抽象化・構造化」をする3ステップ目。

インプットしたものをそのまま保存するのではなくて、自分の生活や仕事に関連付けると「こういうことじゃないかな?」という抽象的な仮説を作るというもの。

確かに、自分とかけ離れた話を覚えようと思っても、結局そのまま覚えていてはいつまでもかけ離れたままですよね。

自分の生活圏に引き寄せて仮説をつくることで、インプットもしやすいし、活用もしやすい知識に生まれ変わります。

この抽象化は場数を踏むしか得られないそうですが、ちゃんとそのポイントも解説されていることで、すぐに実践に移すことができます。

 

ジャンルではなくテーマで本を選ぶ

これは私には目からうろこの考え方でした。

ある意味、思考停止しているから何も思わなかったのかも・・・。

 

本屋に行くと語学、文学、経済、マーケティング、などいろんなジャンルで書籍や雑誌が分けられています。語学の勉強をしようと思ったら、まっすぐ語学ジャンルの棚に行ってその中で本を探すのが普通ですよね。

しかし、ジャンル分けはあくまで他人が分けた分け方。

例えばテーマを「語学」にしたとき、語学の棚にある書籍だけじゃなくて、文字の成り立ちを含めた歴史ジャンルや、動物の行動学などのジャンル、音楽のジャンルにも学びの対象になる内容があるかもしれません。

そうやって、同じテーマを持ちつつも違うジャンルを横断する書籍の選び方をすることで、他の人にはないユニークな知識に繋がりますよ、という考え方です。

ジャンルの横断は少し複雑そうな気がしますが、独自の視点での知識形成を考えるととても面白い方法だと思います。

 

まとめ:独学の技術が必要な時代に

固いタイトルとは裏腹に、意外に読みやすい本で早速書籍の中で紹介されていた本の読み方を実践しながら2回目を読みました。

今回共感ポイントに挙げた

  • 「覚えること」を目指さない
  • 必要な内容を引き出して活用できるシステム化が必要
  • ジャンルではなくテーマで本を選ぶ

 

以外にも、たとえ話も含めて内容は盛りだくさん。

技法も詳細に記載されていましたので、一つずつ試してみながら、自分の身になる方法を探していきたいと思います。

ぜひ気になった方は、本をたくさん読む前にどうぞ!

 

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5