NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

井上芳雄×望海風斗 ドリームコラボレーションは本当にドリームだという話

2020年9月2日

ミュージカル界の歌うまプリンス井上芳雄さんと宝塚歌劇団の歌うま実力者だいもん(望海風斗)の夢のコラボレーション番組が放送されていましたね!

 

本当はだいもんのコンサートにゲスト出演してくださるはずだったので、その機会がなくなってしまったことはとても残念でしたが、このような特別番組が見られてうれしかったです。

 

芳雄さんから見ただいもん

ニュートラルなだいもん

芳雄さんが「18年男役をしているだいもんなら、自分の癖がもっと出てきてもおかしくないけど、腕をあげながらもニュートラルなまま」と仰っていました。

それって大変なことじゃないかな、と。

それに対して、だいもんはが「さまざまな幅広い役を演じてきたことで自分がニュートラルでいられたのかもしれない」と答えていましたね。

確かに、ふり幅の広すぎるお役をしてきただいもんだからこそ、いつでもその役を生きられるように自分の軸をしっかり持っているんでしょうね。

納得の答えでした。

だいもんはみんなの希望

書けるペンライトに芳雄さんが書いた言葉です。

若い時からみていたからこそ、大丈夫かな?元気かな?痩せてないかな?って、

お兄ちゃんのような気持ちでいつも気にかけているそう

芳雄さんの妹さんが元タカラジェンヌ、しかもだいもんと同期の89期だからこそ、余計にその気持ちが強いかもしれないですね。

でもそれだけじゃなく、これまでの対談や共演での関係性がよいからこそ、素敵な関係になっているんでしょうね。

 

男性×男役のキー問題

今回は芳雄さんが「You are My Own」(ファントム)でキャリエールパートを“これまでの芸能生活で一番の低い音”を出してくださって歌っているそうです。

以前、女性と歌おうとしたことがあって諦めたことがあるそうですが、今回は実現しました。

舞台上ではおそらく低すぎて聞こえないものを、録音では音響さんの調整もあって耳に届けられるらしいです。

本当に貴重なコラボです!

あー早く聞きたい!

 

シャンシャン持って芳雄さんがやりたかったこと

フォーエバータカラヅカの曲に合わせて、下手、上手、真ん中のお辞儀からの、

二番手とトップの最後のお辞儀をしていました。笑

これ、やりたくなる気持ちわかりますー!

私も娘役のお辞儀したい!笑

だいもん、芳雄さん専用のシャンシャンもしっかり光るように作られていて、番組制作の愛も感じました。

 

耳福が過ぎる

番組では「朝日の昇る前に」(華麗なるギャツビー)のデュエットを聞くことができました

私も大好きなお芝居だし、大好きな曲です。

生演奏に芳雄さんの柔らかく包み込むような歌いだしから、だいもんの低く伸びのある声へ。

以前書いた、ナオトインティライミさんの曲を歌っている時とは違う、ガッツリ男役の声。

目をつむりながら二人の歌声に包まれていると・・・

 

きました。

だいもんのウーウーウーからのハモリ!

だいもんの方が低音のハモリをしていることにびっくり!

 

トーク中にちょいちょい耳に入る

「You are My Own」(ファントム)も「闇が広がる(エリザベート)」の歌声も心がざわつくほど耳福でした。

 

配信サービスで聞ける

芳雄さんとだいもんのコラボした曲は全部で3曲。

  • 「朝日の昇る前に」(華麗なるギャツビー)
  • 「闇が広がる」(エリザベート)※だいもんはルドルフパート
  • 「You are My Own」(ファントム)※だいもんはエリックパート

mora, iTunes, music.jpでダウンロードすることができます。

こちらのタカラヅカレビューミュージックHPから行くことができます。

 

まとめ:おそらく現役中最後のリアル男性とのコラボを楽しもう

だいもんは宝塚の男役の中でも、かなり男性らしく低く太い声を出せる方ですが、やはり本物の男性である井上芳雄さんとのコラボは雰囲気が違います

男役×男性という異色の組み合わせでも、きっとだいもんだからこそ成り立った企画。

この貴重なコラボレーションをダウンロードして、耳で存分に楽しみたいと思います。

そして、またいつか、だいもんが卒業した後に芳雄さんとコラボするのもひそかに楽しみにしておきます。

望海風斗の「夢をあつめて」歌詞も歌声も良すぎる話

最近ハマりにはまっている曲があります。 3分10秒の曲なので、毎朝40分の通勤時間に10回以上リピートしているのは、ナオト・インティライミさんが書き下ろし、プロデュースした「夢をあつめて」。 リンク ...

続きを見る

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5