NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし 未分類

【失敗談付き】中国向けEMSとDHL 料金・スピード・通関事情からの使いわけが吉

2020年7月7日

3月の下旬から止まっていた郵便局の中国向けEMSの受け入れが、やっと7月1日から再開となりましたね。

まだ以前のようなスピードに戻るとは思えませんが、ひとまず受け入れを再開してくれたということで一安心です。

しかし早まった私は前日にしびれを切らしてDHLで発送してしまいました。

 

ですが、

 

中国で通関できずに戻ってきましたー・・・とほほ(古)

 

今回は普段使っているEMSとDHLを比較しつつ、中国までの配送料金やスピード、通関について実体験をご紹介します。

通関できなかった理由もお伝えします

 

EMSがおススメ

時間がかかってもいいから、とにかく安く送りたいという人や個人間でのやり取り

DHLがおススメ

事業をしている方や貴重品を送る方など、お金はかかっても確実に早く届けたい時

 

中国へ荷物を送るために使っているサービス

EMSとは

かれこれ5~6年、毎年10回以上、中国(主に上海近郊)へ荷物を送る際に使用しています。

日本郵便の国際スピード郵便サービスで、Express Mail Serviceの略称でEMSと呼びます。

物品と書類の扱いがあり、現在は世界130か国でサービスを展開中。

郵便局に持ち込むことも可能ですが、集荷依頼をすれば職員の方が秤をもって集荷に来てくれます

集荷の時間はざっくり3~4時間の間で調整され、集荷が午前でも午後でも同じ日の集荷であれば日本から出る日は変わらないと思われます。

web集荷依頼はこちら

DHLとは

DHLは創業した3人の方、Adrian Dalsey、Larry Hillblom、Robert Lynnの頭文字から名づけられているそうです。

私は今回初めて使用しましたが、世界220か国でサービスを提供しています。

ホームページによると1年間に取り扱う小包は約16億個とのこと。

つまり1日あたり440万個を取り扱っていることになりますね・・・

こちらの集荷予約は、ネット上で来てほしい時間を指定することができます。

しかも1時間以内で

これから1時間だったら社内にいるけど、それ以降はでかけてしまう、というような時にもありがたいですよね。

また、コロナの影響でEMSが新規郵便物の受付不可能になってからもDHLは受付していました

有事の際に動けるっていうのはかなり大きな魅力ですよね。

EMSとDHLの比較 料金・スピード・通関

スピード

EMSは1週間以内に届く

通常東京23区から中国の浙江省の企業宛の配送で4日間~5日間必要です。

例えば金曜に出したら月曜か火曜には相手企業に到着している状態です。

週末の土日を挟んで発送すれば待ち時間が少なく感じられるので、なるべく木曜日に発送するように意識しています。

 

DHLは早ければ24時間以内~2日で届く

EMSユーザーだった私には驚愕のスピード。

今回は夕方会社に集荷に来てくれて、その日の夜には飛行機に載せられ、翌朝には中国の税関に荷物はありました。

日はまたいでいますが、時間的には24時間以内、むしろ12時間以内に日本から中国まで行っています

しかも現在どこにものがあり、何をしている最中なのかを追跡サービスが細かく更新してくれるので、不安が一切ありません。

今回は税関でストップしてしまったので、最終的には何日かかったのかは正確にはわかりません。

しかし、順調にいけばおそらく1日、遅くても3日あれば確実に到着すると思われます。

 

輸送費

EMSは安いが重さ制限30㎏まで

例えば、EMSを使用して中国の浙江省へ荷物を送る場合、重さが約6㎏だと7,000円くらい必要です。

6㎏というと500mlのペットボトル飲料が12本に相当するので結構な重量ですが、1万円を超えずに送ることができます。

また、EMSでは重さを計って輸送費を算出しますが、30㎏以上は対応していません。

 

DHLは高いが250㎏でも受付可能

EMSの時と同様、重さが約6㎏の荷物をDHLで送ったところ輸送費が20,000円(保険かけないで)しました。

6㎏くらいの荷物で比較するとDHLはEMSの約3倍の輸送費が必要ということになります。

また、DHLでは重さ以外に箱のサイズなども関係するようです。

同じ重さでも箱のサイズが大きくなると輸送費が高くなるように設定されていました。

しかし、DHLは1梱包50㎏で、1枚の運送状あたり250㎏までの重さのものも対応可能とのことです。

 

荷物が中国の通関でひっかかった理由

EMSはお菓子やジュースなどの市販品が送りやすい

EMSでは日本のスーパーやコンビニで市販されている普通のスナック菓子やソフトドリンクなどを何の資料も付けることなく送ることができます

これまでおそらく30回以上は送ったことがありますが、通関で問題があったことは1度もありません

実は、郵便局のHPページによると

EMSを含む国際郵便では個人の方の利用が多いことから、一般の貨物と違って荷物について税関に申告して許可を得る必要がありません。国際郵便交換局と呼ばれる国際郵便を取り扱う郵便局に到着後、その内の税関の出張所で税関職員による検査が行われます。

※国によって通関事情は異なる可能性があるので注意

とのことで、通常より通関の検査が比較的ゆるい理由になります。

DHLではお菓子やジュースなどの市販品も検疫証明書が必要だった

今回中国の税関に到着後、輸入する側が要求されたのは「动植物检验检疫证(動植物検疫証明書)」の提出でした。

本来は輸出者側が日本の検疫所に申請して輸出検査を受けたものに対して発行されます。

动植物检验检疫证(動植物検疫証明書)

農産物や畜産物を輸出する時には、固有の虫がついていないか、伝染病などの病害がないか、など確認をする必要があります

 

今回送ったものはスーパーやコンビニで買えるような普通のお菓子やジュースなどの加工品でしたが、動植物検疫証明書を求められてしまいました。

しかるべき検査と資料を用意すれば通ると思いますが、検査にかける費用などを考えて、輸入を諦めることにしました。

話を聞いてみると、個人間のやり取りの場合はほぼ問題ないということですが、今回は企業間のやり取りだったため、検査や手続きを要求されたようです。

 

ちなみに、集荷に来てくれたお兄さんは特に中身や必要な書類について関知していません。

おそらくDHLは「発送する人がきちんとルールを理解して順守していること」をベースに商売をしているからだと思います。

 

通関できなかった荷物の行方

DHLが返送手続きをしてくれました

まずは、登録していたメールアドレス宛に、現地での受け取りができなかったことについてお知らせがありました。

翌日には返送されたものの到着予定日の連絡がメールに来ましたが、実際は到着予定日になっても戻らず、結局約1か月かかりました。

送料はもちろん戻ってきません。

しかし、荷物は戻してもらえる上に、事前連絡まで頂けてありがたいです。

ちなみに、戻ってきた箱もぐちゃぐちゃにならず、きれいな状態のままでした。

EMSとDHLのメリットとデメリット

個人的に感じたEMSとDHLを比較した際のメリットとデメリットをまとめます。

それぞれ発送するものやスピードなどに応じて使い分けるのがよさそうですね。

EMSのメリットとデメリット

  • 個人間での荷物のやり取りが前提のため、通関でのチェックあまり厳しくない
  • 民間の運送会社(DHLなど)より時間はかかる
  • 重さによっては民間運送会社の半額で送れる

時間がかかってもいいから、とにかく安く送りたいという人にはEMSがおススメですね。

 

DHLのメリットとデメリット

  • 通関でのチェックはEMSに比べると厳しい
  • 配達スピードは非常に速い
  • 重さによってはEMSの2倍以上の金額だが、一般の荷物で考えれば重さ制限がほぼない
  • 追跡システムが非常に細かくアップデートされているので、大切なものを送るのには安心
  • 有事の際(今回のコロナ)でも依頼が可能

事業をしている方、貴重品を送る方など、お金はかかっても確実に早く届けたいと思ったら、迷わずDHLですね。

 

まとめ:発送するものでの使い分けが吉

今回はコロナの影響でEMSが受付を停止しました。

しばらく発送を控えていましたが、それで仕事に支障が出てしまっては本末転倒ですよね。

これまで料金がネックとなり使用を控えていたDHLを使ってみたところ、料金が高いだけの価値があることを実感することができました。

上手に使い分けをしながら、適した配送方法を選ぶことが必要ですね。

-暮らし, 未分類
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5