NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

EMSラベルの書き方は簡単?ネット登録しておけば5分で印刷まで完了できる話

2020年8月27日

海外と取引をされている方なら、EMSで荷物を送ることもあるかと思います。でも、

  • 正直ラベルを書くのに自分の字が気になる
  • 英語でどうやって書くのか調べるのが面倒くさい
  • 必要最低限どの項目をかけばいいのか知りたい

と思ったことはありませんか・・?

私もずっとそう思っていたのですが、国際郵便マイページサービスを使用し始めて、その面倒から解放されました

今回は、国際郵便マイページへの登録でラベル作成について、利用方法や注意点をご紹介します。

 

2021年1月1日から、物品をEMSで送る際には郵便局のページ上での登録が必要となります

 

義務化されなくても、EMSで物品を発送することが多い方は作業効率が非常にアップしますので、今からでも使うことをおススメします

 

義務化対象外の書類でも使うとラクに発送可能です~

 

なぜ郵便局のページ上での登録が必要になるのか

通関電子データの送信義務化が始まる

セキュリティ向上のため、物品を国際郵便で送る際には、「通関電子データ」を事前に送信することが義務化されます。この義務化はテロ対策の観点から、万国郵便連合(UPU)で加盟国承認のもと決定されました。

つまり、郵便局のページで登録すると、その内容が自動的に送り先の郵便事業体と税関などに送信される、ということになります。

送信イメージ

日本の郵便局のサーバー → 送り先の国の郵便事業体 → 送り先の税関(各国の国内法に基づく)

 

送信される通関電子データ内容

差出人名・住所、受取人名・住所、内容品名、総重量、郵便物番号(追跡番号)など、国際郵便物を出す際に税関告知書に記載する情報です。

 

いつから義務化になるのか

2021年1月1日(金)以降に、郵便局に引き受けてもらう郵便物から義務化の対象です。

 

対象の国と対象の郵便物

全ての国に送付される物品が対象で、EMS、小包、小型包装物、eパケット、eパケットライトが対象となります。

書類は義務化されてはいませんが、登録システムを利用すると情報は送信されることになります。

 

送信しないとどうなるの?

2021年1月1日以降、アメリカではデータの送信がない発送物については返送されるとの明示があります。そのため、日本の郵便局としても送信がない郵便物の引き受けを断るとのことです。

アメリカではSTOP Actの対象です。

STOP Actとは

テロ対策のほか、違法薬物等の物品の不正輸入を取り締まるため、USPSが米国に輸入される国際郵便物に対し、通関に関する情報を事前に米国税関に送信することを義務付けた米国内法

アメリカ以外の国でも郵便物の遅延や返送のリスクが生じるため、それを承諾するなら引き受け可能とのこと。

ただし、返送された場合でも費用の返金は不可なので、登録しておいた方が安心す。

 

郵便局のページ(国際郵便マイページサービス)での登録作成が便利

既にシステムは導入されています。

国際郵便マイページサービス

中国はアメリカのように返送対象と明示されてはいませんが、いつルールが変わってもおかしくありません。

ラベル作成はとても簡単。

何度も送付する可能性があるならば、登録しておけば作業効率がアップます。

 

登録の流れ

お客様情報の登録

ラベル作成に入る前に、自分の日本の住所、電話番号、メールアドレス、パスワードを登録します。

仮登録が完了すると、登録のメールアドレスに本登録完了用のメールが届きます。

リンクのURLクリックすれば完了です。

 

初めての時は登録しながらラベルを作成

依頼主を登録

日本からの発送の場合、日本の住所を英語(ローマ字)記載にして入力します。

英語での住所の書き方は、こちら。

 

宛先を登録

差出人と同じ登録方法です。

入力は英語でもいいですし、中国宛なら中国語(簡体字)でも可能です。

ただし、中国語で入力した場合、後で発送した内容をリスト化するためにCSVに落とす際に文字化けします。

 

内容品の登録(選択)

登録をする場合は、

  • ※内容品名(どんなものが入っているのか)
  • HSコード
  • 原産国名
  • 1個あたりの重量(g)
  • ※単価

を入力します。※は入力必須項目です。

HSコード、原産国名、1個あたりの重量(g)は分かれば書いてもいいですが、調べてまで書かなくて大丈夫です。

ここで中国語の記入はできませんので、英語で記入します。

 

発送情報登録(選択)

ここでの登録必須事項は、発送予定日、インボイス印刷指定、有償なのか無償なのかです。

以前EMSとDHLの違いでも書きましたが、EMSは基本的に個人用の運送方法として認識されているので、贈り物=無償 ということにして大丈夫です。

失敗談付きのEMSとDHLの違いはこちら。

【失敗談付き】中国向けEMSとDHL 料金・スピード・通関事情からの使いわけが吉

3月の下旬から止まっていた郵便局の中国向けEMSの受け入れが、やっと7月1日から再開となりましたね。 まだ以前のようなスピードに戻るとは思えませんが、ひとまず受け入れを再開してくれたということで一安心 ...

続きを見る

 

送り状印刷

送り状印刷のボタンを押すと、お問い合わせ番号(アルファベットと数字の13桁)が作成されます。

その際に出力される書類と、どの書類にサインが必要かが表示されます。

「お客様印字内容確認画面」に内容が表示されるので、表示されたら印刷します。

このとき、カラーで印字する必要はありません。モノクロでOKです

送り状の印刷を失敗したら?

最初のページの「発送履歴一覧」に入ります。

対象のラベル(配送状況は未出荷)の「詳細」を選択し、「出荷取りやめ」を選択します。

出荷取りやめされたラベルは「発送予定一覧」には入ります。

そこで再度「送り状を登録する」を押すと、再度「印刷」のページになります。

印刷のページを出すたびに、お問い合わせ番号が変わりますので必ず新しいものを使用しましょう。

未出荷でも登録済み(問い合わせ番号がでている)場合は、「発送履歴一覧」に掲載されます。

ラベルが印刷されてから7日以内に差出手続きをしなかったものについては、自動的に削除となります

 

 

一番最初は上記のように登録が必要です。

ただし、1度登録しておけば、次からは表示されたものをポチポチ選択するだけでOKです。

流れは6ステップですが、すでに登録があれば印刷まで5分以内で完了できますよ。

流れのおさらい

  1. 依頼主を選択
  2. 宛先を選択
  3. 内容品の登録(選択)
  4. 発送情報登録(選択)
  5. 登録内容の確認
  6. 送り状印刷

 

利用の際の注意点

必ず封入パウチが必要になるのでまずはパウチを入手

パウチは「お客様情報登録」後の最初のページから発注します。

パウチに入れないとこのラベルは使用できません。

郵便局にパウチは置いていませんので、パウチの配達を待つ時間がない場合は手書き伝票をかく必要があります。

1回に請求できるパウチの枚数は、5枚~50枚です。

請求をしてから、5営業日くらいはかかるので早めに依頼をしておく必要があります。

 

実際の運賃は計測後に分かる

実際に運送費がいくらかかるかは、郵便局員の計測後に決まります。

発送費用の情報は登録しただけではわかりません。

 

危険物申告書の提出が必要

登録の途中で、「危険物に該当しない」旨のチェックがあります。

しかし、差出しの際に別紙にて危険物が入ってないことを申告する「危険物申告書」を提出することが必要です。

「危険物申告書」のダウンロードはこちら。(ページの下の方にpdfへのリンクがあります)

 

まとめ:義務化の前にやっておこう

義務化は2021年の1月1日より始まりますが、この登録システムは使用可能です。

自分の字が読みにくいか心配することもありませんし、

いちいち英語で宛名をどう書くか調べなくてもいいですし、

必要な項目を入力しないと次のページに進めないので漏れもありません。

登録さえしておけば、後はほぼ選択のみで完了するので、作業効率はかなりアップします。

もし使ったことがないならば、パウチの入手も含めて、義務化になって慌てる前にお試しておくことをおススメします。

 

 

-暮らし
-,

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5