NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

観劇レポ

fffの歌の洪水に巻き込まれた雪組公演の夜

2021年4月1日

今回の雪組公演はトップコンビの退団公演。

分かっていましたよ。

トップさんの退団公演ってそういうものだと思うけど・・・

 

これ、今のだいもんときぃちゃんなしには絶対に成立しない公演よね(笑)

と思った公演でした。

特にお芝居!

そして、もし通常通りに新人公演があったとしたら、かなりハードル高い公演だったに違いない・・・。

 

そう思うほど、ベートーヴェンを題材にした「fff(フォルティッシッシモ)」は

ウエクミ先生の二人への絶大な信頼感を元に作られた公演だと感じたし、

卒業を間近に控えた二人だからこその存在感と圧倒的なパワーをビシバシ感じる時間でした。

チケット難で何回も観ることはかないませんが、せっかく観られた大切な舞台なのでトップコンビを中心に記録しておきたいと思います。

 

fffフォルティッシッシモ ー歓喜に歌え!ー

望海風斗:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

だいもんが出てきて

 

ァァアーーーーーーーーーー!!!!

 

と歌いだした瞬間。

小さな竜巻が起きて、それが凄いスピードで大きくなるような感覚になるのは私だけでしょうか?

だいもんのきれいな歯並びの大きな口ををみていると、ドンドンその中に吸い込まれそうになる不思議。

(だいもんの口なら吸い込まれてもいい。)

技術的なことは全然分からないけど、だいもんの声には常に人を飲み込む独特のパワーがありますが、今回の公演は頭だけじゃなくて身体全体が飲み込まれそう。

そして、こんなに歌っているのにびくともしていなさそうな喉。

正直身体はますます痩せて、

本当に命を削って演じているようなのに、かすれひとつ感じさせない安定感。

だいもん、あなたの喉はいったいどうなっているの・・・

そんなだいもんが演じる、今回のベートーヴェン。

耳が聞こえなくなったことは確かに人生の大きなハードルだったけど、

それ以上に理想への執着心と爆発的な力で自分の人生を大きく切り開いていく人。

そんな印象を感じるベートーヴェンでした。

 

観ていると自然に眉間にシワを寄せてしまいそうになるように、私には難しい話で

ムムム・・・さすがウエクミ先生、私は初見じゃ全然分からないわ・・・

となりましたが、

だいもんの歌が入ることで

彼の感情や思いが上手くメロディーにのって難しい話を心に届けてくれた気がします。

 

個人的には、苦難の先に歓びを歌う場面で

まんまと「ハッ!!こういうことか!」

と自分の眉間のしわも解き放たれる歓びと希望を感じたのでした。

それにしても、だいもん出ずっぱりだった気がするので、一秒でも長く観ていたいだろうファンの方は目が離せなかったでしょうね。

 

真彩希帆:謎の女

突然現れる謎の女。

まず何を思ったかって・・・?(聞いてないけど言いたい)

きぃちゃんが小さな声で

あぁ~とか

うぅ~とか歌っているあの声!

美しすぎません?!

しかも、その声をバックミュージックに流しながら芝居が進むって・・・なんて贅沢なのよ!

あのところどころ透けている黒い神秘的なお衣装も美しさを引き立てていたし、途中で出てきたド派手なピンクのお衣装も似合っていたし。

お芝居の役どころでは大半に笑顔が見えない女でしたが、どこか憎めないキュートさがにじみ出ていた気がします。

役どころは「この人なんなの?」という感じで、つかめないままストーリーが進むのですが途中にだいもんとの掛け合いでほっこりさせてくれたり。

恋愛要素はなかったけど、二人の歌声が重なりあっていくことで、最終的に対等でリスペクトし合う姿に重なっていたような気がしました。

とにかく耳福すぎる二人!

 

装置フル活用の舞台

今回のお芝居は大小のセリはバンバンあがったりさがったりするし、

盆もぐるぐるまわるし、

なんと今しか出来ないだろうオケボックスまで使う演出があったりするし、

2階で観ても迫力満点の公演でした。

舞台スタッフさんは大変そうだけど、観ているほうは大満足!

 

シルクロード~海賊と宝石~

雪組娘役が美しすぎて眼福

生田先生に感謝しかない・・・。

大好きなかわいい娘役ばかりの雪組で、お腹を出したお衣装姿が観られるなんて!!

あれは千夜一夜物語の場面かなぁ?

赤色のお衣装でしたが、どの娘役を観ても美しい!!

特に白峰ゆりちゃんと彩みちるちゃんが私の好みです。(聞いてない)

そして、宙組から組替えしてきた夢白ちゃん(夢白あや)も華やかで美しかった!

 

きぃちゃんのラップ

まさか最後の公演で、きぃちゃんのラップを聞くことになるとは想像もしていませんでした・・・

上海のナイトクラブの場面だったかと思いますが、結構びっくり。

でも、美声だしバランス感覚があるからなのか、全然変に聞こえないんですよね。

なんなら、普段はあまり聞く機会がない麗しい低音の美声が癖になりそう。

しかもその時の黒のお衣装と赤色の頭飾りがとっても色気があって素敵でした。

だいもん(劉衛強)のお衣装も良く似合ってた!個人的に、黒とかゴールドとか、だいもんに良く似合う気がします。

 

ショーの方は特にいつも体感10分で、全然覚えていないのだけど、たくさんの見せ場と宝塚らしい美しさがある楽しいショーでした。

 

生徒さんの健康とともに、スタッフさんや設備も千秋楽まで無事に駆け抜け・稼動できることを心から願っています!

-観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5