NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

「初めて宝塚を観る」にアナスタシアがぴったりだった話

2021年2月8日

先日、

前から宝塚を観てみたいなーと思っていたけど、チャンスがなくて観に行ったことがないんですー

という後輩ちゃんと行ってまいりました。

そう。

私の大好きな宙組公演「アナスタシア」です。

宙組公演「アナスタシア」をおススメする理由

普段、贔屓組以外の公演にはめったにムラへ遠征しない私。 宙組公演の「アナスタシア」はどうしても東京に来るまでに観たくて行ってきました。 既に千秋楽も過ぎ、記憶もあやふやになりつつありますが、 観てよか ...

続きを見る

 

何の情報もなく観たらどんなことを思うのだろうか

宝塚ファンとして一番気になるのが

「果たしてこの世界を気に入るだろうか」

ということではないでしょうか・・・?

自分にとって宝塚は大好きな世界なので、仮にマイナス要素があったとしても

「今回は・・・まぁそういうこともあるか・・・」

で済ませられるのですが、

初めての人がもし少しでも引っかかってくれないと、もう次はないのでは・・・という心配。(考えすぎ?というか、私は宝塚の何なのだ?)

もともと「観てみたかった」タイプなので、嫌いになることはないだろうけど、どんな感想を持つのか少しドキドキ。

個人的にはたくさんアピールしたいポイントはありましたが、事前に私の意見を入れないようぐっと我慢。(笑)

彼女の反応を待ちました。

 

***一幕観劇中***

とっても静かに観ている

・・・でも寝てはいない。

拍手はそこそこ(笑)

 

***幕間***

横を観ると第一声

「いやぁ~~~~~~~~・・・・想像以上でした・・・」

とのこと。

「えっと、それは・・・?」

と恐る恐る聞いてみると、

歌うまっ!!!しかも皆さん顔ちっちゃ!!舞台すごい動きますね!あの橋のシーン素敵すぎて、もう一回見たい!真風さんってかっこいいですね!いやーなんだこれ!!!」

 

感想が止まらない。(笑)

 

あまりにも止まらないので、階段の踊り場に行き、壁の方を向きながら話をする我々。

そして壁に飾ってある、次回の東京公演である雪組公演fffと星組公演ロミジュリのポスターを観ながら

「これが今度は来るってことですか?というか、1年中何かやっているってことですよね?これ観たいのはどうしたらいいんでしょうか?そして、今日見た宙組さんのお稽古期間はどれくらいですか?半年くらいお稽古してるわけじゃないんですか?!なのにあんなに歌えるんですか、宝塚って凄すぎる・・・しかも舞台の動きがすごいですね、回ったり後ろの映像が~」

まどかちゃんが組替えすることが決まっている話をすると

「え!じゃあ私はすごく貴重な公演を観させてもらっているってことですね。あータイミングよかったんだ・・・っでもなんで二人はこんなに合うのに組替するんですか?誰が決めるんですか?えーどうして・・・」

止まらない(笑)

 

***二幕突入***

相変わらず静かに観劇。

 

***観劇後***

しばし放心、そして。

「あの・・・最後の前の道(銀橋)を歌いながら渡って行った人(桜木みなと)がカッコよかったんですけど、誰ですか・・・?あと、ロシア人のバーでダンスしていたシーンが大好きすぎます!リリー役(和希そら)素敵すぎでしたー!トップの二人のダンスも素敵だったし・・・みんな顔ちっちゃ!!もう一回観たい・・・!!」

 

はい、来ましたー!!!

「もう一回観たい」

初見を共にした宝塚ファンにとっては嬉しい言葉ですよね!

もう私は即友達に連絡しましたよ・・・

そうしたらありがたいことに、お席を準備してもらえて無事に彼女は私の友人と2回目の観劇に出かけることになりました。

 

それにしても、生徒さんの顔の小ささに慣れてしまっていたようで、「顔が小さい」という感想はとても新鮮でした。

やっぱり小さいんだなぁ・・・

 

パンフレットを貸してみた

当日はキャトルに行く時間もなかったので、私が持参したパンフレットを貸してサヨナラしました。

あとで連絡をくれた彼女からは、各シーンの演者と役がでていることですべてのシーンをもう一度反芻して楽しめることへの感動と、裏に紹介されている過去のDVDにも手を出しそうだ、との報告がありました。

そして

真風さんとまどかちゃん最高過ぎ。桜木みなとさんと和希そらさんにもしっかりハマりました

とのこと。

熱い・・・

そして、なんとありがたい感想。

ポテンシャル、ありますね(笑)

 

少し離れた席の素晴らしさを知った

さて、今回座らせて頂いたお席は東京宝塚劇場1階S席20列でした。

オペラを使わないと生徒さんの顔ははっきりと見えない距離ではありますが、このお席が実はなかなか良かった!

 

上手、下手にあるせり上がりでのお芝居を同時に目に入れつつ、舞台上正面の動きも良くわかり、全体の話の流れを把握するには最適なお席かも知れません。

それに、ずらりと銀橋に並ぶ姿を端から端まで目に入れることができ、宝塚ならではの数の力を堪能することができました。

 

そして、初見の後輩ちゃんが特に感動していたのが映像!

舞台に近い席に座っている時は生徒さんの表情につられてあまり見えていなかったのですが、

生徒さんが演技をしている時に次々と変わっていく後ろの映像に臨場感があり、素晴らしかった!

とのこと。

特に、真風さんが演じるディミトリが自分の生い立ちをまどかちゃん演じるアーニャに話す2人だけのシーン。

あのシーンではディミトリが歌っている時、360度周囲の風景をぐるっと映し出すような映像が流れています。

ほんのりライトが付いた夜景がそれは美しくて、一生懸命にこの町で暮らしてきた前向きな歌詞と曲と合わさってとてもドラマティックだったのが印象的でした。

どうしても前方に座りたい病の私。

この時まで実はこんなに素敵なシーンだと気づいておりませんでした・・・

おかげで舞台全体としての楽しみが増えた気分でした!

 

これからは傍に寄り添いながら見守ろう

少しでも宝塚に興味を持ってくれそうなものなら、すぐ熱く魅力を語りたくなってしまう私。

でも人によって好きの度合いも、ハマり方も、優先順位も、お金の使い方だって一緒じゃない。

せっかく好きになってくれた後輩ちゃんを見守りつつ、つかず離れず宝塚の魅力を伝えていきたいと思います!

 

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5