NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

2021年4月22日

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。

その名は「OSK日本歌劇団」

 

未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。

 

OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)

 

失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・

 

おそらく自前の劇場を持っていたり、音楽学校の入学式が話題になったり、宝塚出身の女優がドラマで活躍したり・・・と全国での知名度の差が、失礼ながら「宝塚に似た」という認識に繋がってしまったような気がします。

 

さて、そんな私が人生初のOSKの舞台を観に行ったのは、3月の下旬。

新橋演舞場で公演された「レビュー 春のおどり」を観劇してきました。

なんと新橋演舞場では3月26日から28日の3日間のみの公演!

初観劇ながらも本当に楽しい時間が過ごせましたし、宝塚とはまた違う魅力も知ることができたので記しておこうと思います!

同時に改めて宝塚の魅力も感じました~

 

初観劇は「レビュー 春のおどり」

頭こんがらがった(笑)第1部「ツクヨミ~the moon~」

「レビュー 春のおどり」は和物と洋物の2部構成になっており、第1部は構成・演出・振付が尾上菊之丞さんの「ツクヨミ~the moon~」でした。

タイトルの通り「月」をキーとして日本の各時代を繋いでいくのですが・・・

勝手に2部構成の第1部はガッツリお芝居でストーリーがあるものだと思っていた私。

ツクヨミを観ながら、ぜんっぜん意味が分からなくて困惑しました(笑)

場面が変わるたびに

ひとつ前のシーンが伏線になっているのでは?

この場面とのつながりは?

と考えて観ていましたが、どうやら違う。

「月」「日本」というのはずっとベースにありつつ、場面設定の時代によって独立したストーリーが展開されているようです。

しかも歌やダンスだけじゃなくて、新喜劇的な要素も入っている(笑)

「さっき出てきたこの人物は・・・ムムムム・・・・」と考えながら観ると訳わかりませんが、一つずつの場面を楽しむショーのような見方が合っているなーと思いました。

足袋がキラキラスパンの赤とか青とか、普通の時代物じゃないところもショーっぽい!

ザ・レビュー!「Victoria!」

第2部は荻田浩一先生作・演出の「Victoria!」

宝塚でも演出をされていた荻田先生のショーなので、宝塚ファンとしてはけっこう観やすかったのかもしれません。

昔から「ダンスのOSK」と言われているらしいのですが、確かにスピード感やキレがあり、とても盛り上がって楽しかったです!

トップスターの桐生さんもバリバリ踊られてるし、いい意味でひとりひとりが自立しており、その集団が見せるまとまりの迫力を感じました。

ちなみにトップスターの桐生さんは声もいいし歌もお上手!

特に宝塚と違うなーと思ったのが、娘役さんのピックアップがとても多いこと。

確かにトップスターさんは男役さんですし、一定の序列はあると思うのですが、特にレビューでは娘役さんが彩る場面が多く感じました。

入団される年齢とも関係あるかもしれませんが、大人っぽい娘役さんが多いので、華やかでありながら落ち着いた雰囲気をされていて素敵でした。

 

宝塚とOSKどちらも魅力的!

私はヅカファンなのでどうしても宝塚を観てきた回数が多く、偏った感想になってしまっているかもしれないですが・・・

正直、どちらも違って楽しい!OSKももっと知りたい!という気持ちになった初観劇でした。

私が思う宝塚歌劇の魅力

衣装やセットが豪華

つくづく「宝塚はセットやお衣装が豪華だなー」と感じました。

劇場も自前ですし、ボンやセリもガンガン使えますし、大階段もあるし、大きなものも作れますからね。

そして個人的には宝塚の美しいお衣装が大好きなので、いつも素敵なものを観させてもらっているんだなぁと改めて宝塚の素晴らしさを実感しました。

演者の成長段階を楽しむ

宝塚では「生徒」と呼びますよね。

下級生のまだ未熟な段階からでもずっと応援していくことを楽しみにできるのが宝塚の面白いところ。

舞台の端の暗いところにいた生徒さんがどんどん力をつけて真ん中に近いところにきたり、ピックアップに入ったり・・・そういう「成長」を感じられるのが宝塚の魅力かな、と改めて感じました。

私が思うOSK日本歌劇の魅力

個々の力の集結

まだ1度しか観ていないのに書くのはおこがましいですが・・・

OSKは設備やお衣装が宝塚ほどではない代わりに、劇団員さん個人のスキルが高く感じました。

宝塚でいうと常に小劇場で公演しているような人数ですし、その分ひとりに任せられる場面や当たる照明が多くなるので・・・緊張感が違うのかもしれません。

と言っても、上級生と下級生はやはり違うのが面白いです。

表現が難しいですが、下級生でも「下級生ぽさ」は目立たないのですが、上級生さんは何も知らなくても「あの人だれ?!後で調べなきゃ!」と思わされる魅力を放っています。

少数精鋭という言葉がぴったり当てはまるクオリティの高さと個性がOSKの劇団員さんの魅力なのかな、と思いました。

スピード感があって盛りだくさん

とにかくいろんな要素が盛りだくさんで、純粋に楽しかった!

劇団員さんのことを全然知らなくても、こんなに楽しめるというのはやはりエンターテイメントとして素晴らしいと思います。

実は、今回の公演はトップスター桐生麻耶さんのトップスターラストステージだったそうです。

トップを退いた後は「特別専科」に行かれるそうなのですが、その関係もあって桐生さんの魅力全開・盛りだくさんの公演だったのかもしれません。

ちなみに、最後には桐生さんのお人柄溢れる挨拶が聞けたのも嬉しかったです。

 

新橋演舞場での観劇

初めて行きましたが、とても重厚感ある作りでした。

1階はお土産物屋さんがたくさんでお弁当なんかも売っていたり食事ができる場所もあるようですし、2階フロアはとても広々としていました。

ただ、ちょっと残念だったのが花道が少しも見えないこと。

2階下手側前方のお席では、花道を歩いてくる姿や花道と舞台のつなぎ目部分でのお芝居が見えない・・・。

2階席の端にはモニターが付いているので、モニターをオペラで確認すればボンヤリと何が起きているかはわかるのですが、それって・・・悲しいーー・・・

次は絶対1階で観たい!

いつかOSKを観に関西遠征を考えそうな気がするこの頃です。

-たわごと, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5