NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

2021年6月18日

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。

チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。

 

今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・

 

なんと、前評判に反して面白かった!(失礼)

何が面白いって、

人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・

次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。

少し登場人物が多いけど、昔々の学生時代、

カエサル、アントニウス、ブルータス、アウグストゥス・・・

なんて名前を聞いた覚えはあるけど

「はて?」

という人(それは私)にとっては、この物語を見ると関係性がざっくりでもわかりますし、この時代に興味を持つ人も多いと思います!

ただし・・・

宝塚の罠(史実じゃないこともたくさん含まれているので、宝塚のストーリーのままテストで回答すると×もらうやつ)

は存在するので、史実の確認をお忘れなく。

 

 

さて、ここからはメインメンバーについて勝手な感想を書こうと思ったのですが・・・

なんせ登場人物が多い。そして皆濃い。

なので、勝手にピックアップしていこうと思います。

 

「アウグストゥス~尊厳あるもの~」の気になる人たち

アウグストゥス/柚香光

プログラムのイケメン具合が早々から話題になってましたね。

あの表紙の感じだけを見ると“戦い大好き人間”みたいに見えたのですが、全然違っていました

むしろ、無駄な血を流させたくない、復讐の連鎖を断ち切りたいと思う、そんな人。

周りの人に「お前は何のために生きるのか」「夢は何なのか」と迫られ、

カエサルの遺言により思いがけず自分が後継者となっていく中で、自分の心の声を見つめて成長していく物語だなぁ

と思います。

カレーくんの役作りってとても繊細で、ちょっとした表情や声にも魂や優しさが宿っている気がするので、苦悩の姿にも見ごたえがありました

 

ポンペイア/華優希

華ちゃん、ほんっとにいいお芝居しますね!!好き!

可愛らしいのに、その佇まいは気高く美しく、セリフの声も情感たっぷりでつい引き込まれます。

カレーくんと二人だけのやり取りで、オケもなく無音の時間がながれる場面があるのですが、

その時間さえ心地よく感じてしまうのは華ちゃんの演技力によるところが多い気がします。

歌になるといつも自信がないように見えていたけど、今回はしっかり気高くてあまり気にならなかったなぁ・・・

 

アントニウス/瀬戸かずや

いやー・・・

宝塚人生の集大成として、素晴らしい舞台を見せていただきました。

ふり幅も大きく難しいお役だと思いますが、あきらさんのすべてと一切妥協のない姿に感動してしまいました。

結局、アウグストゥスと敵対してしまうのだけど、こう思い切ってやってくれるからこそ、二人の対比が面白いほど活きるのだと思います。

そして、かちゃ様(凪七瑠海)との絡みは大人の味でしたね~・・・

あきらさんのアントニウスをみて、史実にもとても興味が湧きました!

 

クレオパトラ/凪七瑠海

全然予習していかなかったので、かちゃ様が出ていることすら知りませんでしたが、出てきた瞬間周りのオペラもザッと上がる存在感。

もはや男役・女役という区分を軽々と超越する方。

クレオパトラのように男を惑わす魅力あふれる女王役にピッタリ。

あの美しいおみ足と顔の小ささが説得力を増します。

女王として国を支えるために波乱万丈な人生を送ってきたクレオパトラですが、今回の物語の最後はもしかしたら少しは幸せだったのかなぁ・・・

 

アティア/鞠花ゆめ

突然メインキャラから飛びますがどうしても言いたい。

私、鞠花さん好きなんですよね。

お洋服のセンスがよくて上品。

今回は母親の役ですが、気品があって声も凛として美しいので、少しのセリフでも脳がハッと覚醒する感じ。

「はいからさんが通る」の如月役も最高でしたし、幅広いお芝居ができる貴重な娘役さんだなぁと思います。

 

トレボニウス/希波らいと

花組あまり詳しくないのですが、ブルータスのひとこちゃん(永久輝せあ)が引き連れているメンバーは花組のホットな男役たちですよね?

その中でもひときわ大きくて、イケメンの彼!

ガウン?マント?を翻して歩く姿がインパクト大!

とにかくイケメンです。(大事なことなので2回言います)

残念ながら「花より男子」の舞台は観られなかったのですが、当時もたしか大抜擢だったような話を聞いた覚えがあります。

今回、セリフがなくても自然と目が吸い寄せられまいました・・・納得。

 

 

「Cool Beast!!」の雑めな感想

Cool Beast‼・・・またの名をThe ダイスケフジイショー。

もう見た感じから大介先生が好きそうな感じがしましたよね~!

 

月組で先生のショーやってないよね?と思いきや、月組でもやってました。

クルンテープ・・・あれ?あまり、あんまり大介先生のニオイがしなかったな気が・・・

 

順番ぐちゃぐちゃですが・・・

今回もトップさんのおみ足を楽しむコーナーがありましたね。

美しくてほれぼれする~ というよりも、やっぱりこれくらいの筋肉がないとあんなダンスできないよね、と妙に納得させられる場面でした。

片足だけが太ももから足首までちらちらと露になるお衣装で、しかも肝心の脚はまさに筋肉の塊でした。

相手役が男役臭プンプンのあきらさんだったので、カレーくんの女性的な妖艶さが際立っていて素敵でした。

 

骨付き肉が出てくるなんかよく分からない場面(おい)のダンスバトル、さすがでしたね。

カレーくんとマイティー(水美舞斗)のダンスはどちらも見応えがありましたし、何と言ってもダンスのニュアンスまでもがかっこいい。

 

そして、何と言ってもこのショーには美穂圭子さんがご出演!

美穂さんの歌声に合わせて踊るとか、贅沢の極みです。

美穂さんがでてくるだけでテンションアップ!

 

スピード感にもあふれていて、贔屓組でもないのに体感15分くらいの楽しいショーでした。(雑!)

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5