NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

成熟した宙組だからこそのFLYING SAPA(サパ) 偏見に満ちた演者の紹介

2020年8月13日

先日のFLYING SAPA(フライング サパ)を観て、ストーリーに入りこめた理由の一つが配役だと思っています。

私の勝手な感想ですが、今回の作品は

  • あてがき感がある人たち
  • 変わらぬ安定感のある人たち
  • 新しい側面を引き出された人たち

がいたなぁーと勝手に思っていました。

 

そのみんなが一つに融合したからこその作品。

 

今回は、私が勝手に抱いた3つの「人たち」から気になった人を挙げたいと思います。

 

あてがき感満載だった人たち

オバク/真風涼帆

かっこいい・オブ・かっこいい。

ロングコート翻して、銃構えて、けだるく座椅子に寝転がって。

立っているだけだって絵になる。

そんな人がね、一夜過ごした相手に「俺のことを隅々まで知りすぎてる(うろ覚え)」とか、「その歪んだ唇を男がほっとかないだろうな(うろ覚え)」とか。

真風さんの色気と包容力は底なし沼・・・

勝手に興奮しましたが、物語的にはすごく切ないセリフです。

でも真風さんが相手を見つめながら、発する一言がもう、なんていうか。

先生わかってる。

 

ノア/芹香斗亜

一番普通の感覚を持っていて、賢さと優しさを備えたバランスのとれた精神科医

ノアがある人にふっと言った言葉

「俺はどんな君でも好きだ(うろ覚え)」

を聞いた時、とろけた人、何人いるんだろうか

でもね、ノアは優しすぎるんだよ・・・!もっと自分をだしていいんだよ!!

と訳の分からない応援心を燃やしながら見ていたら「金色の砂漠」のジャーを思い出しました

ウエクミ先生のキキちゃんのイメージってこんな感じなの・・・?

 

スポークスパーソン101/紫藤りゅう

全身真っ白なお衣装とキラッとスマイルが怪しさ満点のしどーくん。(ほめてる)

あれだけ美しいとね、やっぱり怪しいんですよ。

端正すぎるし、あまりにも流暢に長台詞を話すものだから、勝手に「この人サイボーグじゃないかな」と思ってました。

 

難民ブコビッチ/穂稀せり

個人的に、ほまちゃんのお芝居が好きなんです。

下をみてぐっと耐えている芝居なんて本当にうまい。

そして彼女のお芝居にはいつも根底に愛情を感じるんですよね。

今回は屈折した心の持ち主でしたが、いろんなことを抱えて生きているその姿がたまらなかった。

 

ペレルマン/瑠風輝

悪くなりきれない、根はまじめな感じがもえこちゃんにピッタリだと思いました。

スタイルお化けはいつものことですが(笑)

インテリ眼鏡もお似合いでしたね。

 

ズーピン/優希しおん

あの軽い身のこなしは、そのままきよくんでしたよね?(笑)

スチャッと突然銃を取り出してくるあたり。あの絶妙な運動神経はまさに。

 

変わらぬ安定感だった人たち

タルコフ/寿つかさ

変わり者だけど愛のあるおじいさん役といえば、すっしーさんですよね。

いつも安心感を与えてくれます

今回の、ふとした気持ちの芽生えの表現も自然で、気持ちがほんわかしました。

タルコフのラストは・・・涙なくしてはみられなかったです。

 

テウダ/松風輝

まっぷーさんはもう宙組には欠かせないカメレオン役者

今回は母親役として大きな愛情が言葉の発し方、歌、全身から伝わってきました。

男役・娘役飛び越えて、舞台人としての力があるってこういう人のことを言うんでしょうね

さすがとしか言いようがありません!

 

ロパートキン/星月梨旺

星月さんのこういうお役、すごく合うと思うんです。

誠実で筋の通った人間的なところ。

ある意味普通の人ですが、それをこの物語の欠かせない一人として存在させている演技、とてもよかったです。

 

タオカ/留依蒔世

るいくんを狂わせたら最強です。

表情も動きも声も怖い、でもその振り切っている感じが犯罪者らしくっていい。(変な誉め言葉)

 

 

新しい側面を引き出された人たち

ミレナ/星風まどか

今回は荒ぶってましたね。

普通の少女がかなり大きいものを背負わされ、陰鬱とする姿から、孤独や苦しみ、そして成長する姿を丁寧に演じています。

真風さん演じるオバクとおでこコツンしている時に流れるあの「ほっとしている感」はまどちからくるのか、ミレナから来るのか。

トップに就任したころは、「可愛い」が先に来てしまうことが多かったですが、最近のまどちには怖いものがないくらい、お役の幅を広げていますね。

今回も難しいお役だったとは思いますが、どんどん頼もしくなって今後も楽しみで仕方ないです。

 

イエレナ/夢白あや

いやーすごかった!!

現在と回想を行き来する彼女のかわり映えの上手さ!

最初同一の人物とは思わなかったくらいです。

髪型や衣装の違いだけではなく、役の気持ちがしっかり創りこまれているからでしょうね。

振り切れんばかりの反抗具合も、あれだけ思い切りやってくれると彼女の背景に起きた悲しいことがどれほどのものだったか、と胸がえぐられます

出番も多いし、キャリア的にも彼女が一番チャレンジだったかもしれないですが、すごく合っていました。

 

副官/山吹ひばり

冒頭の長台詞。

活舌も声もよいし、なにより美人さん!

勉強不足で後で知りましたが、2019年入団のピカピカの研2さん、105期の娘役さんだったのですね。

入団時の全体成績は9番目とのことですが、宙組105期の中では2番目なので、今後も活躍が期待できますね。

 

成熟した宙組って本当に面白い

今回、ライブビューイングの一回しか観ていないので、かなりうろ覚えで、偏見満載な気がしてきました。

真風さんの千秋楽の挨拶で

「自分たちの中にある絶対を信じてやってきた(これもうろ覚え)」

と仰っていましたが、

これだけ実力がダイレクトに伝わって、観劇後にこんなに満足感を感じるられるのは、脚本の力だけでなく、宙組みんなの「絶対の心」が伝わったからだと思います。

宙組でやってくれてよかった。

何度も言いますが、日生劇場でも無事に公演してくれることを祈っています。

 

 

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5