NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

宙組公演FLYING SAPA(フライングサパ)観劇 劇場でじっくり向き合いたい作品

2020年8月12日

宙組サパチーム、梅芸千秋楽おめでとうございます!

久々に映画館でライブビューイング、拝見しました。

 

制作発表なのに絶対ネタバレNGやら

公演解説が全然解説になっていない状態やらで

全然情報もないまま、迎えた昨日。

 

一幕終わった時点からそんな予感はしてました。

でも終演して思いました。

 

ウエクミ先生、やっぱ天才だわ!!!

宙組、やっぱ最高だわ!!!

 

今回も勝手な感想を残しておきたいと思います。

 

ウエクミ先生のニューワールド炸裂

ウエクミ、それは、上田久美子先生

またの愛称くーみん。

京大卒の才女であり、近年数々のヒット作品、ウエクミワールドを宝塚に送り出し物議をかもしている脚本家。

 

「宝塚らしく」ない、でも目が離せない面白さ

宝塚と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、きらびやかで華やか。

ドレスなどで着飾り、歌やダンス満載のゆめゆめしい世界かもしれません。

 

でも今回の作品は、ゆめゆめしさとは正反対にいます。

 

歌という歌はなく、ダンスも感情を豊かにあふれ出させるそれではなく、銃声と怒号、目をそむけたくなるような回想シーンなどもあり、きらびやかさはゼロのSF作品。

 

一幕は舞台となる水星(ポルンカ)へ観客をいざない、

二幕になると各キャラクターの過去や散らばっていた記憶がギュっと一つに集約されていきます。

 

この展開がとにかくうまいんです。

下手な舞台転換がないから、引き込まれた観客はそのまま自分も水星にいるメンバーを近くで観察している、もしくは自分もその中にいるような気持ちになります。

この無理のない引き込みと、集中力を切らせない展開が、目を話してはいけない気持ちにさせます

 

人間の本質を問うメッセージ

ウエクミ先生の他の作品でも共通することだと思うのが、

“つらくなるほどの人間性とのぶつかりあい”

を感じることです。

 

これ、ゆめゆめしい世界に癒しを求めてる人には、いらないですよね、きっと。

私ももし仕事や人間関係で疲れて、現実を見たくない時には、この作品見たくないと思うかもしれません。

だって重すぎますもん(笑)

 

今回のサパは特に、扱っているテーマの中に地球について語る部分があり、きれいごとでは済まされない心の葛藤があります。

そのシーンを見ていると、人間の本質を問われている気がして心が締め付けられます

 

ただ、最後にはかすかな希望を残してくれるのも、ウエクミ作品の流れ。

大きなメッセージをどう考えるか、「きれいで楽しかった」ではない違う感覚が味わえる作品です。

 

宙組の組子と専科さんの力

宝塚らしくないものを宝塚らしくするビジュアル

今回改めて思いました。

ウエクミ先生の自由な世界を宝塚として成立させるには、タカラジェンヌの力が絶対に必要だと。

そして、そのためには宙組のこの最強のビジュアルが必要でした。

 

だってあんなネズミ色の服着させられて、穴の開いたセーター着てるのに、誰よりもかっこいい真風涼帆様ってどういうことですか?あれは、男ですよね?男以上?

(終演挨拶まではホント女に見えない)

優男が全身から漂う芹香斗亜様に、私ももたれ掛かっていいですか?

(キキちゃんが折れるからやめれ)

ぼろ布引きずってるのに可愛らしさがあふれ出す星風まどか様は奇跡ですか?

(笑顔なくても可愛いすぎ)

ジーパンにトップスをインして腰回りすべてあらわなのに、かっこよすぎる夢白あや様のスタイルはどう説明します?

(試す気さえ失せるスタイル)

ひとりサテンの紫スーツ着てる超絶スタイルの春瀬央季様の役は何だっけ?

(どんな役か忘れるほどスタイルにくぎ付け)

脚の長さが怖さを助長する瑠風輝様よ・・・

(そろそろ慣れたいのに毎回驚く)

 

とまぁ、挙げきれないほど、ごろごろスタイルお化けが存在しており、宝塚らしい”美しさ”のエッセンスを加えてくれています

 

成熟した今の宙組の芝居力が発揮された作品

今回の作品、生徒の個性にあてがきしたかのように感じました。

その中で、各生徒さんがのびのびと存在感をアピールしており、それぞれのお役に全く違和感やスキがない。

 

演技力という説得力で追い打ちをかけてきます

 

真風さんをトップにしたピラミッドがしっかりしており、脇を支える人達の個性と実力が粒ぞろいの宙組だからこそ、成立する作品でしたね。

そこに、専科から汝鳥伶様というラスボスが総統をするという、これ以上ない説得力と

京三沙様というパワフルで凄味のあるお姉さまがギュっと場を絞めることで、

物語に厚みが出ます。

 

宙組メンバーもいろいろ書きたい人がいますが、長くなってしまうのでこれは別で書きました。

成熟した宙組だからこそのFLYING SAPA(サパ) 偏見に満ちた演者の紹介

先日のFLYING SAPA(フライング サパ)を観て、ストーリーに入りこめた理由の一つが配役だと思っています。 私の勝手な感想ですが、今回の作品は あてがき感がある人たち 変わらぬ安定感のある人たち ...

続きを見る

 

願わくば・・・劇場で観たいなぁ

今回は映画館でライブビューイングを観ました。

周りが暗く、静かだったので舞台の世界にどっぷり浸ることができました。

もちろんこれはこれですごくよかったのですが、あの音楽や世界観、ライトの中で見るともっと臨場感を感じられるだろうなぁと思います。

 

知れば知るほど奥深い作品だと思うので、ぜひ東京で、日生劇場で観たいと切に願って待ちわびておきます。

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5