NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

生の舞台はやっぱりいい。花組「はいからさんが通る」Aパターン千秋楽

2020年10月27日

10月25日は花組さんの「はいからさんが通る」Aパターンの千秋楽を観劇してきました。

 

実はA、Bパターンを意識せずにチケットを取っていたので、幕が途中まで降りてきて止まった時、

あれ?今日ってなんか特別なことあるんだっけ・・・?

なんて思っておりました。

 

一部の生徒だけが千秋楽を迎えた意味

組長のさおたさん(高翔みず希)の挨拶で、25日でAパターンに出演していた生徒さん14名が千秋楽を迎えたことを知りました。

 

てっきり今公演している、月組の大劇場公演と同じようにA、Bパターンを交互にやるものだと思っていましたが違ったのですね。

東京は寮生活の方が多いので、密にならないようにするための措置なのかな、と思います。

 

最後にはかれーくん(柚香光)もご挨拶で、

「(14名には)下から支えてくれてどれだけ力になったか・・・例え遠く離れても心はすぐそばに・・・英気を養ってきたBパターンのメンバーと共にまた一丸となって頑張っていきます(超ニュアンス)

と仰っていました。

大階段上にいる千秋楽を迎えた下級生の中には、かれーくんのご挨拶の言葉に大きく頷き、涙を浮かべている生徒さんもいました。

今は客席にもお客さんがたくさん入っていますが、思い返せばここまで来るのに、花組は本当に大変でしたよね。

あの涙には、きっと最後まで走りきれたほっとした気持ちや喜び、Bパターンのメンバーにつなげる強い気持ち、などいろんな想いが渦巻いていたんじゃないかな、と思います。

 

下級生が笑顔の中で涙を浮かべている姿に、つい拍手も熱がはいりました。

満員電車で仕事に向かう日々を過ごしていると、つい休演した時のショックを忘れそうになります。

でもこうやって公演を楽しむことができるまでのこと、当たり前ではないことを思い出させてくれるAパターンの千秋楽でした。

 

ライブビューイングで観た時との違い

ライブビューイングと違うのは、当たり前ですが、舞台上のどこを見ても自由だということ。

ミラーボール見ててもOK(笑)

 

初見がライビュだったので、生の舞台を改めて観て、舞台セットを見れたことが嬉しかったです

火事が起きて火の手に囲まれているところでは、映像なのに客先まで飛んできそうなほどの火の勢いが!

桜が舞うシーンも青空にピンクの花びらがゆらゆらふわりとして、こちらまで春のようなポカポカな気持ちになれます。

 

そして、また柚香少尉の話で恐縮なんですが・・・

悔しいくらいの軍服やマントの似合い具合いに震えていたのですが、今回釘付けになったのが走り方。

ダッシュがめちゃくちゃ早い。

しかも、走り方が身体の角度から、足の出し方まで全てパーフェクトにかっこいい。

いつもはニコニコしていて優しくて上品なのに、紅緒を助けに行く時の真剣さが走り方にもでているようで、またキュン度が増してしまいました(笑)

 

花組「はいからさんが通る」の気になる人たち

このままいくとまた少尉の話から出られなくなりそうなので、今回も自分勝手に気になる皆さまを記しておきたいと思います。

 

伊集院伯爵夫人/美穂圭子

最初から専科さんですみません・・・でも大好きなんです。

お芝居の中でも本当に上品で可愛らしいおばあ様を演じていらっしゃいますが、この公演で改めて歌声に「ハッ!」としました。

ライビュではストーリーを追うのに必死で気づいていなかったカゲソロに包まれたとき、

歌声の丸みと温かさと重みに、旗本と公家の身分の差で揺れる二人を描いたシーンがより深く心に染み入りました。

どんな歌を歌われても上品で、美しくて、耳が喜ぶ歌声です。

 

北小路環/音くり寿

キュートで自分をしっかり持っている環役がピッタリ。

原作では、少尉をめぐってバチバチ火花を散らしていたので、そのシーンを演じてもおとくりちゃんなら、可愛く演じてくれそうだなーと思って観ていました。

台詞の声も可愛らしいですが、歌声は特に素敵でしたね

とても自然で耳にやさしく響きます。

高音も安定感があって丁寧に歌われるので、聞いていて気持ちがいい。

今回の観劇では、一番最後の高音がすごくきれいに伸びて、これぞ文句なしのエトワール!!とマスクの中でニヤニヤが止まりませんでした。

 

如月/鞠花ゆめ

鞠花さん、結構こういうお局っぽいお役多くないですか?!

あの眉毛といい、紅緒への威嚇といい、今回の如月もぴったり。(笑)

お芝居もしっかりしてるし、怖いのにどこかキュートだし、アドリブも繰り出す余裕があると思ったら、92期さんなんですね!

さすが上級生の貫禄です。

実は

フィナーレ、メイク替えできないのに、あの眉毛どうするんだろ・・・

と途中から余計な心配をしていましたが、

黒髪の前髪ぱっつんボブのかつらにされてたので、眉毛がみえなくて安心しました(笑)

 

花村政次郎/冴月瑠那

冴月さんのパパ役、とっても良かったです。

出番はそんなに多いわけではないのですが、短い間でも娘への愛が溢れている姿がとても素敵でした。

お髭と着物姿がすごく似合っていましたし、貫禄の中に優しさもあって素敵なお父様でした。

 

 

さぁ、これで東京公演も折り返し。

きっと心身ともにお疲れがたまってきている頃だと思いますが、

リフレッシュして、後半戦も最後まで駆け抜けられるように陰ながら応援しています。

そして、たくさんのお客様をキュンキュンの沼に堕とし続けてくださいね(笑)

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5