NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

ときめき続けた柚香少尉と華紅緒の花組「はいからさんが通る」

2020年9月6日

昨日、花組の「はいからさんが通る」が無事千秋楽を迎えましたね。

かれーくん(柚香光)がゆっくりと言葉を選びながらされた最後のご挨拶が、正直で、温かくて、思わず涙があふれてきました。

初日もあかず、延期に次ぐ延期。

ここまでどれだけ気持ちを張り詰めてやってきたのでしょう。

 

「苦しさ、悲しさ、悔しさ・・・申し訳なさ、そんな凍っていた心をお客様がとかしてくれました(超ニュアンス)

心のこもった素晴らしい挨拶を聞いていると、

かれーくんはこの公演で、トップスターとしてすでに一回りも二回りも成長したのだと感じられずにはいられませんでした。

 

そんな心に響くご挨拶を含めた、

柚香少尉と華紅緒の「はいからさんが通る」は笑いあり、涙あり、キュンキュンしまくりで最高に楽しい公演でした!

 

先日の雪組公演、今回の花組公演ともに楽天TVで観劇したのですが、3,500円のはずの視聴料金が2,800円でした。楽天のダイヤモンド会員限定のキャンペーンの1つとして、20%引きのクーポンが5回分頂けたそうです。

 

 

原作の世界観を壊さない脚本

初演が決まった時に読んだ、大和和紀先生の原作。

少尉はかっこよくて優しく、紅緒は真っすぐで愛らしく、くすっと笑えて、キュンキュンして、感動して、たくさん感情を動かされた素晴らしい漫画。

続きを読むのが待ちきれなく、あっという間に全巻読み終えてしまったのを思い出します。

 

残念ながら初演は観劇することが叶わなかったので、私にとっては今回が初めての宝塚版はいからさん。

漫画の素敵なところがギュっと詰め込まれているし、ちゃんとコメディ要素があるのにしっかり宝塚歌劇になっていて、やっぱり小柳先生ってすごい!

原作を読んだ時に夢中になったように、舞台にもすっかり魅了されてしまいました。

しかも、舞台を観たことで、また原作を読みたい気持ちになりました。

 

再現性が高く、本人の魅力も生かされた配役

伊集院忍(少尉)/柚香光

かれーくんは美しいけど、原作の少尉とはちょっとイメージ違うかもー、なんて思っていた自分を悔いております。

正直言って、柚香少尉に恋しそうにキュンキュンしっぱなしでした。笑

品が良くて、心は広く強くて優しい。

金髪が驚くほど似合って、立ち姿も美しく、軍服姿がりりしい。

 

そして、皆キュンキュンしたであろうこのシーン。

自分のしたことで、少尉に迷惑をかけてしまったことを反省して一人膝を抱える紅緒。

少尉「隣に行ってもいいですか・・・?」

紅緒「だめー!」

少尉「もう、来ちゃいました。(微笑)」

(中略:興奮して記憶飛んだ)

「僕の選んだあなただから、あなたの受けた運命を僕も一緒にいきていくんです」

ですって!!!

もーなにそれ、かっこよすぎる・・・助けて。

 

かれーくんって、ふとしたら壊れてしまいそうな繊細な雰囲気醸し出しながら、優しく微笑みながらキュンパンチ飛ばしてくるんですよ。

それがメガヒットしまくって、

「僕と一緒に生きてください」

って言われたときには、思わず頷いていました。

よく華ちゃん生きていられるなぁ。(どんな感想)

 

花村紅緒/華優希

紅緒は華ちゃんしかいないですね!!

パワフルで、キュートで、人間臭くて、あの酒乱ぶりの可愛さ!笑

酔っぱらっている時の演技がほんっとに面白くて、たくさん笑わせてもらいました

自分の心に嘘がつけなくて猪突猛進タイプを地で行くような、

あれ?華ちゃんってもしかしてこんな感じの子?

と思ってしまうような、自然な演技が本当に素晴らしかったです。

「ポーの一族」のメリーベルと正反対(笑)

 

「はいからさんが通る」はもともと紅緒が主役の物語。

原作の漫画の紅緒も可愛すぎたので、難しかったと思いますが、

どんなシーンでも、どんな表情でも、華ちゃんが本当の紅緒のように見えたので心から楽しめました!

 

これからの二人に期待すること

今回の公演、私は本当に楽しみました。

原作もよくて、脚本もしっかりしていて、主演の二人の役作りも素晴らしかったから、東京公演は絶対劇場で観たい!と思っています。

チケットゲットにも全力で臨みますし、今からすごく楽しみにしています。

だからつい、甘くなってしまうのだけど・・・

 

正直、二人とももう少し歌が頑張れるといいのにな、と思います。

どうしても二人が歌うシーンになると、少し頼りなく感じてしまいます。

もしかしたら、努力とは違う次元のところで引っかかることがあって、どうにもならないこともあるかもしれません。

でも、せっかくこんなに素晴らしいお芝居ができるのに、歌の部分でちょっと引っかかりを感じるのはもったいない

好き勝手言って申し訳ないですが、正直な気持ちです。

 

まとめ:かれーくんらしい新生花組が楽しみ

コロナのせいで、すっかり忘れそうになりますが、この公演がかれーくんのスタート。

いつもより何倍も重圧のかかったお披露目だったと思いますが、

きっとこれからはよい方にしか行かない!そう信じてます。

そして、かれーくんが華ちゃんを見つめる瞳がすごく優しくて、本当に大切にしているんだなぁっていうのが伝わってくるので、これからも仲良く、素敵なコンビになってほしいです。(突然の親戚めいた立ち位置)

 

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5