NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

花組トップ娘役華優希 退団発表にモヤモヤ

華ちゃん(華優希)の退団が発表され、会見が行われましたね。

タカラジェンヌになれば、いつかは卒業の日がくる。

それは分かっているし、これまでも何度も経験してきたこと。

ですが・・・贔屓でもないのに、なぜか今回の退団は心の中が少しモヤモヤ。

 

なぜモヤモヤしているのか、勝手な思いを残しておきたいと思います。

いちファンのたわごとですし、どちらかといえば華ちゃんへの期待が大きかったからこそのモヤモヤ心。

「ふーん、こんな風に考える人もいるんだ」程度に気軽に思っていただける方のみご覧いただければと思います。

 

 

伸び代がまだある時点での退団

「はいからさんが通る」の公演を初めて観たのは宝塚大劇場の千秋楽ライブビューイング。

全編通してキュンキュン祭りでした。

柚香少尉の麗しさはもちろん、間違いなく華ちゃんの紅緒が居たから心から楽しめた公演でした。

だからこそ、足りない部分はこれから支え合い、高め合っていく二人を楽しみにしていました。

ときめき続けた柚香少尉と華紅緒の花組「はいからさんが通る」

昨日、花組の「はいからさんが通る」が無事千秋楽を迎えましたね。 かれーくん(柚香光)がゆっくりと言葉を選びながらされた最後のご挨拶が、正直で、温かくて、思わず涙があふれてきました。 初日もあかず、延期 ...

続きを見る

 

トップスターもトップ娘役も、誰にとっても文句なしに完璧なんてことはあり得ません。

誰がトップになってもきっと言われます。

実力不足。

オーラがない。

華がない。

なんでこの人が。

 

でも重責を抱えながらも努力し、精神を鍛え、芸を磨く努力をして乗り越えてきた生徒さんには、びっくりするほどの美しさと輝きがあふれている気がします。

 

そう言って今一番思い浮かぶのがさくさく(美園さくら)。

 

歌が上手でスタイルがよい99期主席のさくさくでさえ、ちゃぴ(愛希れいか)の後にトップ娘役に就任すると決まった時は正直不安でした。

でも今は、芸の上手い下手とは関係なく、相手役である珠様への寄り添い方や自分の魅力の見せ方が公演ごとにうまくなっていくさくさくに、尊敬の気持ちを抱いていますし、最高に美しいトップ娘役だと思っています

 

華ちゃんは紅緒としては素晴らしかったですが、まだトップ娘役としての美しさと輝きまで到達していないような気がしてなりません。

退団は本人の意思だと思いますし、引き受けた時から最後を決めていたようですが、

私はトップ娘役になった今からがスタートだと思っていたから、モヤモヤ心が発生したのだと思います。

 

かれーくん(柚香光)との相性が良すぎた

正直、かれーくんと華ちゃんのコンビにこんなにキュンキュンさせられるとは思っていませんでした。

 

かれーくんが華ちゃんを愛おしそうに見つめる目線が優しくて、

背伸びをしながらついていく華ちゃんが可愛らしくて。

 

内情はもちろん知りませんが、トップコンビを見て「夢を見られる」というのは、宝塚ではとても大事なことだと思います

既に退団することを知っていたとはいえ、柚香×華のコンビには観客に「夢を見させることができる」力があったと思います。

 

今はまだかれーくんに抱っこされるプリンセス華かもしれないけど、

もしかしたら、ちぎみゆ(早霧せいな×咲妃みゆ)コンビのように、

ちぎちゃんがゆうみちゃんの肩にひじを乗せて、相棒のように恰好つけるようなしびれるデュエダンも観れたかもしれない。

(るろうに剣心のデュエットダンスの始まり、最高です!!)

 

二人の夢夢しいデュエットダンスが、関係性が深まることで今後どのように変わっていくのかを楽しみにしていたし、二人の醸し出す雰囲気からは無限の可能性があったと思っていました。

大劇場はあと一作。

もっといろんな形の二人が観たかったという気持ちが抑えきれずのモヤモヤ心です。

 

娘役の大きな異動があるかもしれない

巷ではいろんな予測が飛び交っていますね。

公式発表があるまでは何も分からないですが、大きく娘役の異動があるかもしれません。

 

個人的には、同じ花組のおとくりちゃん(音くり寿)は実力もあるし、花組育ちで互いをよく知っているので適任じゃないかな、と思いつつ、

かれーくんの雰囲気とは雪組の夢白ちゃん(夢白あや)なんてピッタリじゃないかなーと想像したり。

希和ちゃんも雪に行ってしまったことですし、花組娘役の補強のために他組からの補強が入るかもしれません。

 

そこで思い浮かぶのは、宙組娘役の渋滞事情。

宙組は好きでよく観に行きますが、実力のある可愛い娘役が揃っています。

揃っているということは、その中での競争はとても激しいということ。

もっとあの子に出番があればなーもったいない・・・なんてよく思いますし、潤花ちゃんの加入でさらにその気持ちは強くなっています。

そういう意味でも、宙組の娘役を花組に組替え、なんてこともあるかもしれないな、と。

トップ娘役の退団発表というのは、組内だけでおさまらず、他組が絡む異動を想像してしまいます。

考えても答えの出ない人事関係の想像に、ただモヤモヤ。

 

モヤモヤを払拭する結末を期待

先日、翔くん(彩凪翔)はじめ、多くの雪組退団者が発表されました。

でもあまりモヤつきもせず、なんとなく納得したので特に何も書きませんでした。

もちろん退団は寂しいです。

しかし、それぞれの方のこれまでの活躍や輝きを見ている限り覚悟はしていましたし、

組が大きく変わるトップコンビの卒業をタイミングに選ばれたことは自然なことだと思います。

逆にサヨナラショーで改めて皆さんにエールを送れる機会があるのを嬉しく思ったくらい。

 

華ちゃんもこれから卒業される7月4日までにさらに輝きを増していかれると思います。

きっとその時には、「華ちゃん、参ったー!」と思わせてくれると信じて、最後の日まで応援しています。

生の舞台はやっぱりいい。花組「はいからさんが通る」Aパターン千秋楽

10月25日は花組さんの「はいからさんが通る」Aパターンの千秋楽を観劇してきました。   実はA、Bパターンを意識せずにチケットを取っていたので、幕が途中まで降りてきて止まった時、 あれ?今 ...

続きを見る

-たわごと, 宝塚
-,

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5