NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

準備万端!彩風咲奈主演「炎のボレロ」と「Music Revolution -New Spirit-」

2020年9月4日

先日の楽天TVのライブ配信で「炎のボレロ」と「Music Revolution -New Spirit-」を見ました。

だいもん(望海風斗)の卒業が発表されている今、

次期トップになるであろう咲ちゃん(彩風咲奈)の実力、オーラとも申し分ないのを目の当たりにした気がします。

もう準備は万端ですね!

 

最後のご挨拶でも触れていましたが、本当だったら全国ツアーになるはずだったこの公演

咲ちゃんの出身地である愛媛に行くことが叶わなくなってしまいましたが、

愛媛の方たちに向けて「絶対、いくけんねー!」と呼びかけていたのが泣けました。

うんうん、きっといつか行けるよ!頑張ってね!

 

立ち位置不明な私ですが、今回も自分勝手な感想を書き留めておきたいと思います。

 

カメラワークも安定していて、ストレスなく観れました~

 

「炎のボレロ」で柴田先生の脚本の魅力を知る

「炎のボレロ」は32年ぶりの再演だそうですね。

あまり馴染みのないスペイン統治下のメキシコのお話。

公式の解説によると

舞台は1860年代フランス傀儡政権下のメキシコ。政府に抵抗して領地や財産を奪われ、家族をも失った青年貴族が、復讐の為、そして祖国を取り戻す為に共和派の仲間達と共に立ち上がる姿を、敵方の令嬢との恋を交えて描いた情熱的なミュージカル作品です。

ということで、復讐心、たくらみ、苦悩など、いろんな感情を抱えたたくさんの登場人物が出てきます。

一人ひとりを掘り下げたら面白いだろうな、と思ったのですが・・・

1時間半でやるには時間が足りない!

主人公2人の恋愛にフォーカスしつつ、ストーリーを展開していこうとなると、人物像や背景の掘り下げがどうしても浅くなってしまいますね。

 

ただ、宝塚的に大切なのはやはり「恋」

二人が同じようにひとめぼれをし、出会う度に互いに強く惹かれあい、支えあいながら育まれていく恋に胸がジワジワしておりました。

一時、お互いのために別れを決意するのですが、その別れの時のダンスが切ない!二人の燃え上がってどうしようもない、切ない気持ちを表現しているようでした。

Wikipediaによると、脚本を書いた柴田侑宏先生の作品の特徴は

「女性の心情が表れる何気ない台詞(せりふ)や仕種(しぐさ)をどう描きだせるか」

「主役の男役を魅力的足らしめるものはヒロイン」

というお考えのもと、男女を連動的に描きこんでいたそう。

ダイレクトに言葉で愛を伝えなくても、男女二人の場面が繰り返されるとどんどん燃え上がって来る感じがあるのは、柴田先生の脚本の魅力でもあったのですね。

 

「炎のボレロ」配役

ここからは、私が気になった方について独断的に解説していきます。

アルベルト・カルザス/彩風咲奈

白は膨張色なんて誰が言ったの・・・?

全身真っ白で出てくる咲ちゃんの脚は、相変わらず長くて細かったー・・・

「炎のような男」と噂されているのですが、個人的にはポスターみたいな炎の印象は受けなかったな、と思っていたのですが、どうやら「炎」は恋のたとえだったようですね。

お芝居中でもダンスシーンが想像以上に多く、咲ちゃんの肢体と身体能力が存分に生かされています。

劇場での観劇だと、つい立っている姿に目が行ってしまうのですが、実は座っている姿がすごくカッコよかったのが新たな発見でした。

 

カテリーナ・ドロレス/潤花

純粋無垢な笑顔は劇中でもアルベルトを虜にしますが、潤花ちゃんの笑顔は大輪のお花のようで説得力があります。

でもそれ以上に良かったのが、後半にかけて辛い気持ちを抱え、アルベルトとの別れを耐え忍ぶ演技。大きな瞳でウルウルとアルベルトを見上げている表情もいいですし、発する言葉にも感情がこもっているのに聞き取りやすくて、胸にぐっときました

そして、ドレスを着ている時の肩やデコルテが美しすぎました

あとは、お歌だけ。頑張れー!

 

ジェラール・クレマン/朝美絢

あーさの軍服姿、眼圧、俺様ぶり・・・そしてツンデレ。

実は余命いくばくもない身なのですが、泣き言を言わず変わらず自分の任務を全うしようとする姿。

あーさを見ていると、ついついその美貌に目が行きがちですが、実は芝居、歌、ダンス、どれをとっても安定しています。

あーさがでてくると安心します。

 

モニカ/彩みちる

とっても人間らしくて、キュートで、愛らしくて、みちるちゃんにピッタリでした。

でもこのお役って、恋人がもう長くは生きられないって知っているのですから、実はすごくつらいはずなんですよね。

フランスに帰国すると決めたジェラールに「ついていく!」とすがった姿は、最後の日までジェラールと一緒にいたいという気持ちと覚悟の現れだと思うと、余計に胸に迫るものがありました。

お役によって、いろんな引き出しを持っている娘役さんだなぁと今回も感心しました。

 

ブラッスール侯爵/久城あす

この人が裏の主役ですよね。

物語上、どれだけこの人物が嫌な奴かが結構重要なポイント

姑息で、頑固で、自分のことしか頭にない、嫌な奴感が、振る舞いや話し方、あらゆる態度からにじみ出ていて、さすがでした。

悲惨な最後を遂げますが、ああなっても仕方がない、と誰もが思えるような人間像でした。

 

フラミンゴ/縣千

ほんっと見るたびにイケメン度が上がりますねー!

今回はただ立っているだけでもいい男でした。黒髪とあのギラギラした感じが似合うんでしょうね。

お役としてはあまりグイグイ前にでてくるわけではなかったですが、戦ったら強そうだし、そこにいるだけで十分なオーラがありました。

 

フラスキータ/音彩唯

演技がどうとかじゃないんですけど、顔が小さくてびっくり!笑

潤花ちゃんだって顔小さいはずなのに、潤花ちゃんが顔を近づけた時の音彩さんの顔がさらに小さくて、かなり衝撃的でした。

 

「Music Revolution -New Spirit-」

咲ちゃんVer.はダンスの多いミュージックレボリューションでしたね。

しかも、娘役はこれまでになかったようなピックアップがあって面白かったです。

 

とにかく、咲ちゃんがかっこよかったですね~!

まずどんなお衣装着せても似合う

背が高いから装飾ゴテゴテな衣装も着こなすし、肩からストールが垂れているのも映えるし、ウェーブがかかった髪型も素敵でした。

そして、あの目線。

あの三白眼的目線はとても危険

咲ちゃんが手を伸ばしながらウインクする時、その指の先にいる列の人は真っすぐ縦17列目くらいまでヤラレてますからね。

うらやましい!笑

 

あーさ、ショーでも本当にバランスが良かったですね。

歌が安定しているからついリラックスした状態で見てしまうのですが、

キリっとした表情だったのに、急にこっちに笑顔向けてきたりするので危険。

そのギャップにいきなり堕とされそうになるので油断なりません

 

縣くん、お化粧もきれいになったし、何より男役のオーラがどんどん出てくる気がします

ダンスも余裕があって、ジャンプも高くて迫力ありますよね。

歌に関しては、昔よりは上手になったような気はしますが、やっぱりもうちょっとなので、頑張ってほしいです!

 

個人的に、娘役の驚きのピックアップNo.1はりさちゃん(星南のぞみ)

りさちゃんはスタイルがよくて、オシャレで可愛くて、バレエが上手

だからずっとそんな使われ方をしていたのに、今回センターで・・・歌った!

確かにすごく短かったですし、歌も(というか声質なのかなぁ?)いまいちではありましたが、

個人的に好きなので、こういう機会をいただけたのは嬉しかったです。

歌はいまいちだったけど(ごめんなさい。でもホント。)

 

希良々うみちゃんは、今回の公演でイメージ変わりました。

どちらかというと歌の方が得意そうなイメージだったのですが、今回の公演ではお芝居でもダンスのチームに入っていたように思います。

そしてショーでは、あーさのお相手としてリードするようなダンスをしていたのがとても新鮮でした。

何でもできる娘役さん、とっても大切です。

 

ありすちゃん(有栖妃華)はやっぱり美声の持ち主ですね。

少し歌声聞いただけでも、嬉しくなっちゃうような心地よさ。

高音の伸びが違います。

エトワールもなるべくしてなった、という感じですよね。

とても嬉しかったです。

 

雪組の次期トップ娘役はどうなるのか【ただの妄想】

そもそも潤花ちゃんの組替えが決まっている時点で、すでによくわからなくなっているのですが、そこに来てこのショー。

 

ライブ配信を見る前に、デュエダンの部分が咲ちゃんと、みちるちゃん、潤花ちゃん、3人でのダンスとのうわさを聞いていたので、みちるちゃんがもしかして次のトップ娘役になるのか!?と思ったりしていました。

でも実際に配信を見てみたら、ちょっとそれも違うような気がしてきました

 

ここからは私の勝手な妄想です。

おそらく、組替えがあって娘役がくるんじゃないかな、という気がしています

そしてくるとすれば、宙組からか、星組からかな、と。

星組ならやはりくらっち(有沙瞳)

もともと雪組なので和物が着ても不安ないですし、歌もダンスもお芝居もできるし、ヒロインとしての経験も十分積まれています。

宙組なら、みねりちゃん(天彩峰里)

歌も上手だし実力も華もあるし、なにより夢白ちゃん(夢白あや)後ろから追いかけてきているので・・・・

 

もちろん、十分に経験があるといえば、花組のひらめちゃん(朝月希和)や月組の海ちゃん(海乃美月)はその筆頭ですね。

私は月担なので、海ちゃんはどんな男役とでも美しく、相手をかっこよく立てられるのが分かっているのですが、個人的にはれいこちゃん(月城かなと)とコンビになってほしいので残留を希望します。

という感じに私情はさみまくりの妄想です。笑

 

まとめ:今はとにかく千秋楽まで無事に、その後は・・・

とにかく今は千秋楽まで無事に駆け抜けてほしい、もうその気持ちしかありません。

だいもんのラストデイさえ分からなくなっている状態なので、いつ咲ちゃんのお披露目になるかもわかりません。

でも、今回の配信を見ていて、いつ咲ちゃんにバトンが渡っても心配ないんだろうなーというのも実感しました。

お相手の発表こそ、いつになるかわかりませんが、ドキドキしながらお待ちしております。

 

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5