NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

星風まどか専科へ異動、の衝撃

2020年12月1日

昨日は大きな公式発表がありましたね。

この度、現宙組トップ娘役の星風まどかが、2021年2月22日付で異動するのにともない、同日付で次期宙組トップ娘役に、潤花(じゅんはな)が決定しましたのでお知らせいたします。

 

まどかちゃんのMS(ミュージックサロン)が決まったときから、退団か、異動か、と騒がれてはいましたが、なんと異動は異動でも行き先は“専科”。

 

退団でないことはホッとしていますが、そうか・・・「また」専科扱いなのか・・・と思った方はたくさん居るのではないでしょうか。

そして、夢白ちゃん(夢白あや)とチェンジのように宙組へと組替えとなった潤花ちゃんが、次期宙組のトップ娘役になる、という発表。

 

ちょっとまだ感情の処理ができていないけど、潤花ちゃん、次期トップ娘役おめでとう!

 

宙組のまかまどコンビ(真風涼帆×星風まどか)が大好きだったので、かなりショックを受けつつ、勝手なたわごとを記録しておきたいと思います。

 

星風まどか専科異動の意味を考える

立派に宙組でトップ娘役をつとめ、今ノリに乗っている(古い)まどかちゃん。

専科への異動が発表されたからといって、これからずっと専科にいるとは思えません。

おそらく花組現トップ娘役の華ちゃん(華優希)の卒業後、花組のトップ娘役に据えられるのではなか、と想像しています。

では、なぜまどかちゃんなのか。

ここからは勝手な推測ですが。

花組トップスターのカレーくん(柚香光)は既にトップとして船出をしています。

しかし、正直弱点がないとは言えません。

その弱点を補えるだけの技術力と、

カレーくんとの並んでも遜色のない華やかさのある娘役、

それでいてまだ若く長期でもトップ娘役をつとめられる体力と財力がある娘役が欲しい。

そうなった時、既にコンビとしても、個人としても人気実力ともに成熟したまかまどコンビに白羽の矢が当たった、と考えます。

 

星風まどか以外の選択肢がない理由

なぜ他の娘役じゃダメなのか。

次に宙組のトップ娘役になる潤花ちゃんがそのまま花組のトップ娘役になればいいのでは?

そう思ってしまいますが、個人的には2つの理由でそれは難しいと思っています。

 

1つ目に実力問題。

先述の通りカレーくんの弱点を挙げるとすれば、歌唱力だと思っています。

潤花ちゃんはかなり上達しましたが、それでもやはり芝居、ダンスに比べると歌唱力が弱く感じます。

もし仮に2人がコンビとなった場合、芝居やダンスは最高でしょうが、歌の不安からは抜け出せません。

 

2つ目に花組トップ娘役問題。

私は花組ファンではないので、はたから見ていて、他のどの組よりも花組トップ娘役になるには相当の実力と覚悟がいるような気がします。

というのも、宝塚歌劇の中で花組はいちばん最初に出来た組であり、組子も花組生であることにかなりのプライドを持っていますし、花組ファンの熱さも比例しているように感じています。

可愛さあまって憎さ100倍、という言葉もありますが、愛が深いからこそ期待したようにならなかった場合のファンからの風当たりも強い。

例えば、それが花組で育った娘役ならまだしも(といっても華ちゃんへの風当たりは相当でしたが)他組から娘役がきてトップ娘役になるなんて、あらゆる面で凌駕していなければ納得できない、というような感じでしょうか。

宙組から組替してトップ娘役になった花乃ちゃんのことを思い出します・・・

きっと誰が来ても反発はあるでしょうが、経験を含めてまどかちゃんを超える娘役はいないでしょう。

 

 

なぜ、そんな早々にまどかちゃんを放出する必要があるのか

真風さんの退団前に潤花ちゃんを育てるため、かなぁと思います。

トップ娘役を育てるって何か変な言い方かもしれませんが、真風さんにはその実力と余裕がある気がします。

番組内やお茶会などの様子からみても、その大らかな人柄とユーモアのセンス、下級生のときから抜擢されてきた経験や現在の実力。

成熟した真風さんならこれからのトップ娘役を上手く導いてくれるのではないか、という期待です。

それに、潤花ちゃんは比較的背も高く、ダンスもとっても上手いので、大柄でダンスの上手い真風さんとならきっとぴったり・・・

なんでしょうね。

 

専科とは何なのか

あくまで想像ですが。

今回の異動は、専科という名を借りただけの一時的な異動だと思っています。

しかし、最近はそのようなことが多くて、個人的には専科に所属している本当の専科の方に失礼な気さえしています。

以前、各組の勝手な紹介をした時、こう書きました。

 専科とは、芝居のプロフェッショナル集団。

(中略)

その芸の域に達するまではやはり時間もかかるため、高齢の役に付くことが多いですが、実力があるので、上辺だけではなく深みのある芝居に場面がギュッとしまります。

【全組】宝塚OGの動画を見て~組の特徴や現トップさんたちの魅力を独断と偏見でご紹介

実は今日、私が心も身体も財産もなげうって(半分マジ)どっぷりはまっていた時代の宝塚OG、元トップスターとトップ娘役の方々がYou Tubeで歌い継いだ動画がアップされました。 ちょうど2014年に宝塚 ...

続きを見る

 

専科さんとは、花組公演で出演されていた英真なおき様や美穂圭子様、どうみてもおじさんにしか見えない汝鳥伶様や一樹千尋様など、どう見たって他の組子とは一線を画す存在

舞台の上ではもちろん、お稽古を含め精神的にも考え方の点でも、経験上組子ではどうにも難しいところを埋められる実力と魅力のある方々の存在が専科さんのはず。

 

まどかちゃんは実力のある娘役さんではありますが、まさか花組でトップ娘役をやったり月組でトップ娘役をやるわけではないですよね。

(そんなことがあったら発狂しそう・・・)

個人的にはもっと「専科」という場所を大切な扱いにしてほしい。

そう思います。

 

 

まさか、退団を発表している雪や月のトップコンビよりも先に「まかまど」コンビが解消になってしまうとは想像していませんでした。

舞台でもスカステなどの番組でもあのコンビを観るのが大好きだったので、正直心の中が寂しさでいっぱいです。

完全にコンビ萌えしていましたから・・・

 

劇団が考える人事はファンの心をえぐることが多々ありますが、それでも生徒さんは前を向いて笑顔でパフォーマンスされることは変わりません。

発表になる前から、いつどうなってもいいように今の宙組をたくさん見ておきたい!

と遠征を決めていましたが・・・

すでに、真風×星風コンビの最後の公演中ということになってしまった「アナスタシア」

コロナの影響も心配ですし、観劇できる時を大切に、心して観劇したいと思います。

-たわごと, 宝塚
-, ,

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5