NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

ヅカオタが約半年ぶりに東京宝塚劇場で観劇したら、さらに宝塚ファンになった理由

2020年8月6日

  • 宝塚好きだったけど、公演中止から観てないしちょっと気持ちが離れたな・・・
  • 他にもコンテンツあるし、もういっかなー

と思ったりしませんでしたか?

 

正直私は自粛期間が長引くにつれて、新しい話題のない宝塚から少しずつ心が離れていました

だって、NetflixやAmazon Primeでいろんなドラマ見たり、本を読んだり、他にいくらでも楽しめるコンテンツがあったことを思い出してしまったから。

 

でも、今日約半年ぶりに東京宝塚劇場で星組公演を観に行って思いました

 

しばし休憩中だったけど、やっぱり宝塚が好き

 

そんな気持ちにさせてくれた、3つの理由をご紹介したいと思います。

 

生で観劇したときに受けるパワーの大きさに感動したから

自分の好きなように観たいところを見て、息使いやアドリブを聞けて、

身体中にセリフや歌、みんなの笑顔を浴びることがこんなに心地良かったんだ、と再認識しました。

実は、まだ何のストーリーも始まっていない、プロローグでみんなが躍るシーン観てすでに号泣。

マスクの下は鼻水でぐしゃぐしゃ(笑)

おそらく、近年は観劇することが当たり前すぎる日課になっており、感覚がマヒしていたのだと思います。

特に応援をしている組や贔屓がいると、なぜか観劇が義務みたいになってきてしまうことがあります、私は。

確かに、生オーケストラの演奏を聞けないこと、

そしてオーケストラピットには感染防止のための透明ガードだけが残されているのを観た時、

さみしさを物足りなさを感じたのも正直な気持ちです。

でも、映像では絶対感じられない「現場」で発せられるタカラジェンヌからのパワーには、舞台に立てることに対しての喜びが溢れていました

それを肌で感じられたことが幸せでした!

 

拍手や手拍子で会場が一体になれた気がしてうれしかったから

宝塚といえば、拍手や手拍子が多いですよね。

もともと声掛けしたりして客席からの応援の気持ちを伝えられないので、どうしても拍手や手拍子が多くなります。

これも半年ぶりにやってみると、

公演再開の嬉しさ、新生星組の門出を祝う気持ち、そしてこんな時だけど頑張って!

の前向きな拍手と手拍子を通して、舞台に気持ちを発せることは、なんて幸せなんだろうと思いました。

きっと、コロナで世の中が激変していく中、以前と変わらないことだっから安心した気持ちもあったのでしょうね。

確かに「やりすぎてうざい」という意見が一部にあることも承知しています。

正直、開園アナウンスの後や芝居中に流れが分断されるような拍手は私も好きじゃありません

でも、前向きな気持ちを舞台に届けようとする拍手や手拍子の中にいるのは、正直とっても心地よかったです。

 

宝塚歌劇はやれることを真摯にやっているから

今回、コロナが発生して以降、初めての観劇でした。

前日に花組公演が罹患者がでた為に中止の発表があり、客席に座る私もとても緊張していました。

 

宝塚歌劇のコロナ対策はスカイステージでも放送されていたし、実際に今回行った時も

  • 入口でのノータッチの1秒検温:検温器には宝塚らしく一輪の赤いバラがついてる
  • 人が接触しないもぎり:以前よりも、もぎり場所が多かった気がする
  • アルコール消毒:その場所の専属スタッフを増員し、あらゆるところに設置
  • 予約制キャトルレーヴ:今日は13時過ぎに行ったら、16時半以降じゃないと予約できなかった・・・
  • トイレや物販などの人の集まりやすいところにある立ち位置シール:上の画像ですね
  • オペラグラスやブランケットの貸し出し中止:これを機会にマイオペラどうですか
  • 余計な会話しない、マスクしてなどの頻繁なアナウンス

などなど、私が今日分かっただけでも、劇場側が対策できることはやっていました。

しかも、幕間に入ったばかりのトイレは並びがちなのですが、

劇場スタッフさんが「並べない方は、のちほど来てください」という声かけをしていたのも良かったです。

実際、客席は半分の人間しかいませんので、幕間が終わる5分前にトイレに入っても全然余裕ですしね。

確かに不便なことはあるかもしれないけど、どんなに気を付けてもどこでどういうことが起きるかわからない時代。

宝塚らしく対応している姿を見ていると、やっぱり応援したくなります

 

まとめ:宝塚観劇は即効性のある元気サプリ

帰宅して食事を作る私をまじまじと見ている旦那が一言。

「宝塚を見てくるとやっぱり元気だよね」

 

自分では気づいてなかったけど、幸せな気持ちがあふれ出ていたようです。

そういえば帰ってからずっと主題歌が頭の中をグルグルしています。

これからも、自分のできる限りのコロナ対策はしっかりして、宝塚観劇も変わらずしっかり楽しみたいと思います。

 

観劇の感想はまた近いうちに挙げようと思います!

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5