NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

【映画】「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」のレビュー

2020年6月28日

特に予習などもせずに観に行きましたが、想像していたよりもとてもいい映画で、見終わった後に心に温かいものが流れる気がしました。

特に波乱に満ちたストーリーではないのですが、きっと現代に生きる私たちにも通じるものを感じることができます。

特に

  • 兄弟姉妹のいる方
  • 家族と離れて暮らしている方
  • 今を一生懸命に生きている方

には共感できるポイントがたくさんあるのではないでしょうか。

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」とは

1868年にルイーザ・メイ・オルコットが発表した「若草物語」が原作になっている本作品。

「若草物語」と聞けば、一度は耳にしたことある人もいるかと思います。

英語の題名は、「Little Women」

これは四姉妹の父親が、娘たちをこう呼んでいたことからつけられているそうです。

1860年代のアメリカ・マサチューセッツを舞台に決して裕福ではないけれど、仲睦まじく暮らす4姉妹とその家族や周りの人間との日々を描いており、今回の作品は大人になった次女の回想を織り交ぜながら進んでいくストーリーです。

 

子供時代って実はすごく輝いていたのかも

映画を見終わった後に、ふと思ったことです。

自分が子供の頃は別になんの特別な感情もなくただ過ぎていただけだと思っていましたが、この映画を見て心に浮かんだのは、もしかしたら私の子供時代も輝いていたのかも、という気持ちでした。

裕福でもなく、ただ兄弟姉妹や近所の子たちと遊んでいた日々は、馬鹿みたいに笑ったり、じゃれあったり、喧嘩したり、大したことではない時間でしたが、何にも気にしないそんな時間がすごく尊かったのではないか、と。

大人になった今、決して子供の日々に戻りたいというわけではないですが、自分の家族や兄弟姉妹との時間があって今の自分があることを改めて認識したり、どれだけ守られて生きていたのかを実感したり。

今まで子供時代を懐かしむきっかけがなかったですが、この映画を見たことで自分の子供時代がすごく尊く大切なものだったように思いました。

 

主人公四姉妹に人間味があって魅力的

私はおそらく子供のころに1度本を読んだきりで、登場人物の4姉妹の名前くらいしか思えていませんでしたが、40歳間近の今見てみるとそれぞれのキャラクターがとても魅力的なことに気づきます。

魅力的、といっても誰もがうらやむようなパーフェクトな人間だから、ではないんです。

むしろ逆で。

心の中だけにとどめておきたい卑しいことも考えるし、癇癪も起こして相手をなじるし、自分のことを一番に考えてしまうような、誰にでもある人間臭いところがある人たちがこの物語の主人公。

時も国も超えて人間味のある等身大のキャラクターが自分の人生を選び取っていく姿が、現代の私たちに寄り添ってくれているような気になる理由だと思います。

 

自分と葛藤しながらも大切なものを選択する

エマ・ワトソン演じる四姉妹の長女のメグは保守的で家庭的で優等生なキャラ。

妹たちから慕われていて、今は結婚し2児の母となり愛にあふれた生活を送っています。

でも経済的には決して恵まれていない。

別に心の底から旦那さんをなじっていたわけではないのですが、心にためてしまったものがある日ぽろっと出てしまい、夫婦間がぎくしゃくします。

最終的には彼女なりに何が一番大切にしたいものかを考えて、取捨選択をします。

不満を抱えながらもそれと葛藤しながら自分の道を選ぶメグに親近感を覚えました。

自分で選んだ道につまづくこともあるのが常だと思いますが、それでもずっと下を向くのではなく、再度顔を上げて前を向く姿勢に、自分もそうでありたいと思いました。

 

自分の心のままに自分の道を選択する

シアーシャ・ローナン演じる本作品の主人公であり次女のジョー。

ニューヨークで作家になった彼女は「書きたいもの」よりも「売れるもの」を書いている生活。

自分でも本意ではないその状況を友人に指摘され、図星がゆえに絶交して筆を置き、実家に帰る道中で子供時代を回想します。

子供時代から自由を求め、いつも自然体で、自分の気持ちに正直に生きている人。

家族に何かあればすぐ飛んで行って、男女問わず誰からも慕われ、誰をも虜にしてしまうその奔放さと情熱的な心はとても魅力的です。

そんな自由に生きている彼女もふと、昔自分にプロポーズしてくれた幼馴染に思いを馳せます。

当時、二人は一緒になるべきではないと自分で言って断ったにも関わらず。

 

心が弱っている時「ただ愛されたい」と思って誰かに頼りたくなること、経験はありませんか。

一生懸命に生きている時こそ、ふとした瞬間にきっと自分のことを理解してくれている人にそばにいてほしいと思う気持ち。

それは男女間の愛ではないけど、人間としての心と心のつながりを求めているようなそんな気持ち。

自由に生きる選択をできる人が多い現在、きっとジョーと同じような気持ちを抱くことがあるのではないかと思います。

きっと私も20代で見ていたら、痛いほど気持ちが分かったと思います。

 

積極的な選択はできなくても家族を団結させる存在

エリザ・スカンレン演じる三女のベスは、引っ込み思案とてもやさしい心の持ち主。

口数は多くないですが、彼女の心の清らかさと柔らかさがピアノを弾いている時の音に表れているようでした。

彼女は病気にかかってしまい、完治することなく若くして亡くなるのですが、ただそこにいるだけで部屋の中を浄化してくれる存在だったのだと思います。

彼女は自分の死を受け入れる強さを持ち、ただ絶望するのではなくて、ジョーに書きたいものを書く気持ちを奮い立たせてくれました。

彼女のような存在にはなれるような気がしませんが、いざという日が来たら自分も自分のことを嘆くだけでなく、人のことを思いやれる人間でいたいものです。

 

現実的でコンプレックスもある中での選択

フローレンス・ピューが演じる四女のエイミーは3人のお姉さんを見ているからか、とてもおしゃま。

はっきりした意思と主張があるからか次女のジョーといつもぶつかります。

エイミーはジョーのことを心では慕っていたと思うのですが、あんなにぶつかり合うのは二人の性格が似ているからでしょうね。

そんなエイミーは叔母の援助もあり、フランスへ絵の勉強にいきます。

そして叔母の希望通り、裕福な男性と婚約する一歩手前まできていました。

おそらくエイミーは自由奔放に生きるジョーの存在にあこがれていたのだと思います。

でもそうは生きなかった。

もしかしたらサポートしてくれた叔母がそうはさせなかったのかもしれないし、ジョーのようになれない自分の存在意義を裕福になることで叶えるという抵抗だったのかもしれないと思います。

好きでもない人と結婚する道を選んでまでも。

 

エイミーは四姉妹の中一番の経済的にも恵まれて自分の憧れを現実にした反面、現実の厳しさを身をもって実感している人。

自分の力ではどうしようもないことを目の前にして、自分の気持ちを抑えて何かを得ようとするその選択は非常に共感できるところがありました。

最終的にエイミーは自分の気持ちに正直になる選択をし、ハッピーなラストを迎えたことが私は嬉しかったです。

 

まとめ:今の自分は過去の選択でできている

そんな大層なことではないかもしれないですが、これまでの人生はすべて自分の選択でできていることを認識した気分です。

四姉妹の人生ではありますが、自分にも共感できるところが多くあるところが興味深く、そしてちょっとだけ前向きな気持ちにしてくれる映画でした。

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5