NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

真彩希帆ミュージックサロン トップ娘役の貫禄と歌声に身を任せる特別な時間

2020年9月9日

9月7日、1Day Special Liveと題して、きぃちゃん(真彩希帆)のミュージックサロン(MS)

「LaVoile(ラヴォアル)」が開催されました。

今回は残念ながら、無観客でライブ配信のみ。

でも、会場となった新しい宝塚ホテルのバンケットホールには円卓とテーブルセットが施されていて

テレビ越しながらちょっとだけその場にいられたような気持ちになりました。

しかも、今回のコンサートは宝塚ホテルが新しくなってから初めて開催されたショーとのこと!

旧宝塚ホテルから受け継がれてきたシャンデリアがキラキラ輝く会場で

きぃちゃん、綾くん(綾凰華)、はいちゃん(眞ノ宮るい)、あおくん(一禾あお)、しゃんたんくん(壮海はるま)の5名で約1時間20分、素敵な時間を届けてくれました。

 

真彩希帆(まあやきほ)ミュージックサロン「LaVoile(ラヴォアル)」

タイトルとなった「LaVoile(ラヴォアル)」は、「帆、帆船」などという意味のフランス語。

きぃちゃんのお名前にもある「帆」の字でもありますね。

ご本人からも『新しい冒険の始まり』という意味を込めて、という説明がありました。

 

今回のMSは大きく3つの構成に分かれていたそうで、

  • きぃちゃんがこれまでに演じてきたお役コーナー
  • 大人っぽいジャズのコーナー
  • 各男役さんとのデュエットのコーナー

と、たくさんの曲を次々に届けてくれました。

卒業を控えた今、これまでの思い出に浸りつつ、これまでにあまり見る機会がなかったような表情も見ることができました。

 

七色の声をもつ娘役 真彩希帆

ずっと聞いてみたいと思っていた、きぃちゃんの松島音頭

確か音楽学校の受験の時、控室の真ん中で歌を歌うと合格できるジンクスがあると聞いて歌ったのがこの歌だった、という話を読んだ気がします。

満面の笑みと澄み切った高音!

聞いているだけで元気が出てきますが、同じ会場にいた受験生はどんな気持ちだったのかしら(笑)

 

色気と迫力ムンムンのマダムヴォルフ(エリザべート)。

花組時代、研2で臨んだ新人公演でされたお役ですね。

澄み切った可愛らしいお声だけでなく、ドスを聞かせるような迫力のある低音もお手の物。

ドスさえ美しい。

 

と思ったら、キュートなアデレードちゃん(ガイズアンドドールズ)に早変わり。

あの歌可愛いですよね。

愛らぶゆー首ったけよー はかりしれないほど 愛してる

大好きよったら アンタだけ 山盛りいっぱい愛してる

アンタ― アンタ―

自分も歌いだしたくなるのを我慢して、可愛い歌声を楽しませていただきました。

可愛いだけじゃなくて、優しい包み込むような歌声だから聞いていて心地よいのがきぃちゃんの歌声。

だいたい、くしゃみからして可愛いなんて、ずるいよね(笑)

 

他にもガート・ボニートや鈴蘭の歌も歌われていましたが、一瞬にしてそのお役、雰囲気に引き込んでしまうきぃちゃんの歌声。

表現深さを存分に楽しませていただきました。

 

ジャズのコーナーでは、あまり聞くことのない英語の歌を歌っていたのですが、

「あぁぁ~」

の声がとにかくバリエーション豊富でセクシー。

だぁあんすいんだぁだぁあぁ~く!!

(dance in the darkだと思われる)

伏し目がちに歌うきぃちゃんの表情もどこかとても大人っぽくみえて、ドキドキしました。

 

今回聞けて嬉しかった歌のひとつが、

「ミー・アンド・マイガール」でサリーが歌う「顎で受けなさい」。

人生には悔しいことや悲しいことがあっても、実はくだらないこともたくさん。

グッと一旦受け止めたら、あとはスマイルで受け流しちゃえ!という前向きな、

でも物語の中ではすこし寂しくて強がっている歌。

きぃちゃんのスマイルと優しい歌声で聞いていると、

あーサリーも観たかったなぁ、なんて卒業されるのがますます惜しく感じました。

 

周りを固める男役

今回のMSは4名の雪組男役さんがきぃちゃんを支えるべく参加していました。

独断と偏見でご紹介します。

綾凰華(あやおうか)

きぃちゃんと同期の99期生。

星組から雪組に組替してきた最初の公演が、「ひかりふる路」。

同公演の新人公演では主演をしました。

瞳がキラキラして可愛い顔立ちなのですが、星組仕込みのギラつきが上手い具合に炸裂しております。

衝撃的だったのが、「ひかりふる路」のお芝居中に銀橋に並んだ綾くんの目線に勝手に堕ちそうになったことです・・・芝居なのに。

それくらい印象的な瞳の持ち主

今回のライブ配信ではちょっとふっくらしたかな?という印象を持ちましたが、もともとが激細だったので個人的にはちょうどいいなーと思いました。

眞ノ宮るい(まのみやるい)

実力者ぞろいの100期生です。

しかも美形を宝塚に送り込んでくる地域、神奈川県横浜のご出身

学生時代には「宝塚のまねをする」サークルに入って男役をしていたそうです。

演出、構成、振り付け、衣装作成なども自分たちでやっていたらしいです。

今回、気合いの入ったツーブロックに刈り上げた髪型でリーゼント

はいちゃんの一生懸命なところが、いつ見ても魅力だなぁと思います。

 

余談ですが

経験上「きれいな子がいる!」と思うと、だいたい神奈川出身です。

望海風斗、月城かなと、聖乃あすか、極美慎、朝美絢・・・

ちょっと挙げただけでも、きれいどころばかり。

 

一禾あお(いちかおあ)

102期生さん。

「禾」の字が「か」の変換では出てこなかったのですが、「のぎ」の変換で無事でてきました。

第一印象は笑顔がまぶしいっ!

宙組の有愛きいさん(103期)とは双子の姉妹だそうですね。

今回きぃちゃんとミーマイでデュエットをされていましたが、堂々としていてよく声がでていたのが印象的でした。

しゃんたんくん(壮海はるま)

今回の最下級生の103期生さん。

勉強不足で、今回まで存じ上げなかったのですが、もう忘れることはないでしょう。

その愛称・・・なるほど創味シャンタン(笑)

身長174センチと、雪組では大柄なこともあり存在感抜群

落ち着いた雰囲気で、パパ役などしても合いそうな包容力さえ感じました。

まとめ

きぃちゃんの歌のウマさはもちろん、引き出しの多さとトップ娘役としての偉大さを改めて感じたミュージックサロン。

歌声だけでなく、首筋や顔の角度、表情にいたるまで、洗練された姿に、きぃちゃんがここまで積み重ねてきたものを感じました。

ご卒業の2021年4月11日まで、きぃちゃんらしく笑顔で高みを目指していかれるのを楽しみにしています!

 

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5