NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

2021年5月28日

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・

5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね!

自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)

 

私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思っているところや話ししている想いを残しておきたいと思い立ちました。

 

ということで、観劇前に復習できるように、そして観劇後にも「あーそうだったよねぇ」と余韻に浸れるように、ナウオンでのお話をまとめておこうと思います。

 

今回のナウオンを見ていて

ナウオンは公演毎に放送されていますが、今回の様子を見ていて改めて感じたこと。

月組の皆さんのトークは、なんとなくトーンが揃っているので観ていて落ち着く(笑)。

今回も、特に珠様(珠城りょう)の言葉のチョイスや話し方がソフトなのに賢さを感じます。

 

今回は感染症対策の観点から2つのグループに分かれていましたが、

れいこ(月城かなと)&さくさく(美園さくら)との3人より、

明らかにちなつ(鳳月杏)&あり(暁千星)との3人の方がリラックスした表情が見え隠れする珠様。

れいこちゃんが嫉妬しそうですが(笑)、とっても微笑ましかったです。

 

ナウオン「桜嵐記」の話

今回、演出の上田先生が皆に求めているのは、「宝塚の伝統的な和物の表現方法の追求」

台詞の言い方も声色もこだわっているそうで、さくさくも経験の少ない高い身分がどうあるべきか苦労して作ってきたようです。

他にも上田先生からは楠木三兄弟に「武士モードを切らさないで欲しい」と要望されたそうで、それがすごく難しかったと珠様。

この武士モードがあるからこそ、長男の正行はいろんなものを背負い、思っていることがあっても押さえて重責抱えているのでは、と。

今はなくなってしまったらしいのですが、もともと正行が弁内侍に「私も父にとらわれていた」というセリフがあったらしく、そこからも無意識に父親に執着していたように感じるそうです。

 

一方、後村上天皇と正行との関係性が、ありちゃんと珠様の関係性にも通じるようで、珠様はこの役をありちゃんが演じてくれて嬉しいと言っていたのが印象的でした。

 

ちなつさん演じる次男の正時は史実でもほとんど何も書かれてないらしく、書かれないということは何か理由があったのではないか、、、と考えたそうです。

ちなみに上田先生が描いた正時は、実は戦があまり好きじゃなくて家庭的なその時代には珍しい人。

ちなつさんは正時を演じながら、正行、正儀どちらの気持ちもありつつ、俯瞰して周りを見ているような人だと感じているそうです。

 

れいこちゃん演じる三男の正儀は関西弁を話すので、感情を乗せて言うのに苦戦してるそうです。

ただ、三男のポジションは性に合っているようで、本来の月城かなとはこんな感じとのこと。(笑)

 

後村上天皇を演じるありちゃんは、お稽古の時は自分のせいで皆が死んでしまうことを悲観的に感じていたそうです。でも上田先生に「許しておくれ」というセリフも笑顔で言って欲しいと言われ、上に立つ人は感情を出しすぎないんだと気づいたとか。

舞台に来てからは気持ちの整理がついて、今は正行に対して愛おしい気持ちでいっぱいだそう。

 

印象的だったのが、

一緒に育ってきた兄弟や父との関係性で、自分の気持ちがどんどん固まっていくから一人の気持ちで歴史って変わるんだなと思う。

この人についていきたいとか思う気持ちによって歴史が動く。

人とのつながりって大事だと思ってみている。

とちなつさんが仰っていたこと。

 

宝塚も長い歴史の中、いろんな人の気持ちでその時々の組のカラーが変わっていくんですよね。

何かの縁で一緒の組になり、このトップさんを支えて組を盛り立てていこうとする。

ここまで月組を率いてきたトップスターの退団公演として、きっとピッタリの公演なんですね。

 

 

ナウオン「Dream Chaser」の話

タンゴの場面

さくさくが「素敵!」と絶賛のタンゴの場面。

この場面はヤンさん(安寿ミラ様)の振り付けだそうですが、ここまで本格的なタンゴを振り付けされるのは初めてだったそうです。

足ワザとかすごくてちなつさんも一生懸命勉強したらしい。

珠様がありちゃんをリフトするところがあり、珠様もまさか「自分より大きな男役をリフトするとは!」と思い、ありちゃんも「まさか自分がされるとは!」と思っていたとか(笑

コツをつかんだら上手にできるようになってきたらしいですが、想像しただけで迫力ありそう!

珠様曰く、すごく派手なことをやっているわけじゃないけどテンションあがるし、男役やっている!って感じですごく好きな場面らしいです。

 

スパニッシュの場面

意外にもちなつさんは初スパニッシュ。

ずっと出たかったので嬉しかったのと同時に表現方法などとても勉強させてもらったと言っていました。

そして、ありちゃんもちなつさんとさくさくを取り合う、宝塚らしい場面に出てくるような男役になりました(笑)

「冷静と情熱のあいだ」という素敵な曲に羽山先生のストーリー仕立ての振り付け。

ただ、振り数もあまり多くなく設定が細かく決まっているわけではないらしく、さくさくはしっかり芝居をしないとどんな場面か分からなくなってしまうので気を付けてやっていること。

照明も星空みたいで色が変わったりして曲名とも合っていてドラマティックらしいので注目ですね!

 

I’ll be backの場面

珠様から

「れいこのラップがすごい上手。着替えしながら聞いているけど何を言っているかがちゃんとわかる」

と褒められて

「だってずっと家で練習してるもん」

とモジモジするれいこちゃん(笑)。

後ろに率いている若手メンバーは新鮮だけじゃなく、まじめなメンバーらしく・・・

「あー今日うまくかなかった・・・」となりがちなので公演毎にムラが出ないように、ひとりひとりがかっこいいと思いつつ、前の場面がタンゴで盛り上がっているのを感じつつ、ガラッと空気を換える強い気持ちで挑んでるそうです。

れいこちゃんは

「前回はダルレークでしっとりしていたからアイドルもいけるよ!」

「やんちゃな青年も演じられるよ!」

って感じで頑張っているらしいです(笑)

 

デュエットダンス

超汗だくの珠さまが見られるらしいです。

こちらも羽山先生の振り付け。

さくさくは、振りがシンプルな分、珠様と共有する時間を大切に毎回挑んでいるそうです。

デュエダンは「哀しみのワルツ」で明るい曲でもなく、悲しい曲でもないが、温かい感情が流れる素敵な振りがついている、と珠様。

そのデュエダンに、以前の公演でついていたフリをあえてつけてくれているらしく、(ピガールで付けていた燕尾をフワっとはらうやつ?)組子自身もいろんなことを思い出すし、ファンの方も思い出してあったかい気持ちになるんじゃないかな、とれいこちゃん。

振り付けなんだけど、それを超えた「幸せな時間」と珠様も仰っていました。

 

追憶の場面

ここの話、とても印象的でした。

ちなつさんが、

「トップスターの珠城りょうさんなんだけど、少し若手の時の感じを思いだす顔している。」

と仰っていたんですね。

珠様も自覚しているみたいで

「手前に上級生がいらっしゃるからなんか下級生の顔になってしまう。」

と仰っていました。

そして、ちなつさんは、最近見れなかった(下級生時代の)表情を見れて胸キュンしているとか・・・。

途中で組替していても下級生の時から一緒にいた上級生だからこその言葉ですね。

泣ける・・・

でも、曲調が変わり「れいこのところに行く時は(キリッと)スイッチが変わる」そうです(笑)

 

 

珠様の退団について

皆さんが公演と絡めて今の想いをお話しされていましたが、特にありちゃんにとっての珠様はとっても大きい存在だったようです。

珠城さんは自分のタカラヅカ人生の中でずっといる存在。

新人公演でできない時も見捨てず見守ってくれていたことに感謝の気持ちがあるのですが・・・

今の公演が「卒業!」色が強くて・・・考えたくない・・・

と遠い目をしていました。

可愛いな、ありちゃん(笑)

 

 

簡単にまとめようと思っていたのに長くなってしまいましたが・・・

ナウオンでのみんなの雰囲気がとても良くて、穏やかで。

卒業は寂しいけれど、このおだやかな時間がコロナに邪魔されず千秋楽まで続きますように。。。

-宝塚, 情報
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5