NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

月組東京宝塚劇場公演 ムラからの変化と進化

月組初日があけてもう1週間経ってしまいました。

ばたばたしていたらあっという間・・・!

まだこれからも観にいく予定ですが、いつものように勝手な感想を残しておきたいと思います。

 

宝塚大劇場からの変更点について

10月中旬にムラで観劇したときと大きく違うのは、初舞台生がいないこと。

そのため、演出が変わった箇所が3つありました。

月城かなとの「越天楽」

1つ目は日本物のショー「WELCOM TO TAKARAZUKA」の中で、ムラでは初舞台生の口上があった場面

こちらは、まるまるれいこちゃん(月城かなと)1人の場面となっていて驚きました。

宝塚で観た時、2番手としては妥当なのかもしれませんが、

ファンとしては出番が少なく感じていたので今回の変更に大満足。(単純)

 

幕が開くと舞台の上に一人。

疫病退散の祈りをこめられた「越天楽」。

全神経を集中させて、清く正しく美しく舞う神聖な姿。

美しいお顔と相まってとっても効果があると思いませんか・・・。(贔屓目全開)

しかも結構派手な柄の着物だと思うのですが、あのスッとしたお顔と合わさるとちょうどいい。

少なくとも私の免疫力がアップしたこと間違いなしです。

 

ロケットのメンバー

2つ目は、お芝居「ピガール狂騒曲」が終わってからの宝塚の公演には欠かせないロケット!

パステルピンクとパステルブルーの可愛いお衣装はそのままに・・・・

 

でかっ!

圧がすごい!

男役の顔として知っている人たちがたくさんいるんですけど!

 

私のヅカ友は月組ファンでもないのに、頑張っている皆の圧に感動して泣いたそうです(笑)

 

さすが研10のれんこん(蓮つかさ)以下、日々男役の存在感を磨いているだけある。

まさか劇中で女装していたのがばれて大惨事を巻き起こすおだちん(風間柚乃)が、ロケットであんなに可愛くセンターをつとめるとは・・・笑

確かに初舞台生のような、ぷりぷりっ!とした可愛さはないけれど、キレと迫力、スタイルの良さは負けてない。

意外にみんな可愛かったですし(失礼)、タカラジェンヌって奥深いですね・・・。

 

暁千星の銀橋での歌唱指導

3つ目は大きな変更点ではないですが、お芝居が終わってありちゃん(暁千星)が銀橋を渡りながら歌う歌唱指導。

なんで銀橋を渡りながら歌うことを、歌唱指導っていうんでしょうね・・・

このシーンはロケットメンバーのお着替え時間を確保するためにも、曲が長くなりました。

曲が長くなっても、その時間を一人で堂々と埋められるありちゃんの姿はスターさんそのもの。

赤色のキラキラの衣装が金髪姿ともよく似合う!

だからこそ、いつかどこかへ組替えしてしまうかもな・・・、と観劇する度に思ってしまいます。

 

 

宝塚大劇場からの進化

バタバタしながらも心が温まるお芝居

どの組でもそうですが、ムラで観た後、東京で観るとかなり芝居に変化が見られます。

その変化を楽しむのも生観劇、そして複数回観劇の醍醐味。

今回の月組公演でも、やはり10月に観た時と比べて、

珠様演じるジャンヌは無理なく可愛く(失礼)なっているし、

れいこちゃん演じるシャルルに惹かれていくポイントがより分かりやすくなってきたように思います。

初めて見た友達も、ジャンヌと一緒にシャルルに恋をしたって言っていました~

そして、れいこちゃん演じるシャルルとの関係も、これまで男女関係なく丁寧に心を通じさせてきた結果が最後の告白でハッピーエンドに繋がるのがよくわかるようになりました。

 

ドタバタもしているけど、

ちなつさん(鳳月杏)のようにおしゃれでわがままだけど可愛いくて憎めないおじさまや、

ロートレックを演じるからんさん(千海華蘭)のように、芝居もうまいしちょっとしたアドリブのつぶやきも面白い濃い芸達者の皆さんを始めとした役作りで

ますます楽しくもあり、心もあったかくなるような舞台になっているなぁと思います。

 

個人的には、

ムーランルージュで働く、振付家のミシェルを演じるるうさん(光月るう)、

お衣装担当の紫門さん(紫門ゆりや)、

音楽家のぐっさん(春海ゆう)、

シャルルの面倒をみてくれるエドモンを演じるやすちゃん(佳城葵)

の4人組がジャンヌを説得する場面で、学年関係なく本当にいい味を出していて大好きです!

 

陰の功労者 蒼真せれん

プログラムにも名前が載っていないけれど、この人がいないと成り立たないお役。

珠様の影武者でジャンヌとヴィクトールを演じるうっちー(蒼真せれん)。

影武者なので、今回はあまり正面を向いてお芝居することがないのですが、うっちーは北川景子さん似の美形

今回は珠様のお役ということで、彼女自身の声は聞こえません。

つまり珠様の声に合わせて口パクをしています。

ムラで観た時は、口のタイミングはあっているのですが、筋肉の使い方なのか微妙な間の取り方なのか、口パク感が否めない印象でした。

しかし、東京に来てから見てみると、動きはもちろん、本当に声が出ているかのようなナチュラルさ!

慣れてきたのもあるのでしょうが、きっと努力も大きかったはず。

お芝居に違和感なく入り込める大切な役割をになってくれているうっちーの深化をみました。

 

しゃべ化粧がますますうまくなった風間柚乃

れいこちゃんに鏡の場面で指導をするおだちん。

そんな彼女のお化粧が格段に上手になっている気がします。

特にプロローグで組子が一斉に客席を向いている時、周りの方のお化粧と比べるととても華やか。

もしかしたら皆さんそれぞれ、出演するシーンに合わせたお化粧をしているかもしれないのですが、れいこちゃんのお化粧と並んでみてもとても美しくお化粧されていると思います。

おだちんは、鏡に映っている役なのでれいこちゃんのお化粧も研究しているらしいですしね

お芝居でもそうですが、おだちんはどんどん活躍の場を与えられるだけではなく、その役をしっかり自分のものとして形にしていく力のあるすごい人。

脚本家の先生にも、「この役をどうやるか、観てみたい」と思わせる魅力のある人なのだと思います。

だからこそ、「ダル・レークの恋」でも梅芸での配役では2番手に抜擢されたんじゃないかな、と。

れいこちゃんとおだちんとの絡み、ひそかに楽しみにしています!

 

今回、抽選で2列目SS席が当たった私。

近頃コロナがまた猛威を振るい始めており、いつまた公演に影響が出るかと思うと心配ではありますが、無事にそのお席に座れた時にはまた感想が書けたらいいな、と思います。

 

2021年1月3日、千秋楽まで無事に公演を続けられることを願って。

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5