NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

自分の価値観を探す大切さをパク・セロイと為末大さんに教えてもらった話

自分の軸ってありますか。

軸とは、何があっても譲れない自分の価値観です。

 

実はアラフォーになった時、自分には譲れない価値観も、人生の目的も、どうなりたいかという目標もないことに気づきました。

 

そんな中で出会った2人の生き方。

改めて、自分の価値観を本気で探そうと思い始めました

 

今回はダメダメな自分を励ますために書いています(笑)

 

この記事にはこんなことが書かれています。

  • 「他人の評価」で生きてきたアラフォーの現状
  • パク・セロイ(「梨泰院クラス」)と為末大(「諦める力」)から感じた価値観を知る大切さ
  • 自分の価値観を探す方法

 

「梨泰院クラス」はエンターテインメントとしてもすごく面白いですし、

「諦める力」はすでに自分の価値観がハッキリしている方にも、刺さる考え方がたくさんちりばめられています。

 

「他人の評価」=「自分の価値観」だったアラフォーの現状

社会に出てからしばらくは、仕事にもプライベートにも一生懸命力を注ぎ、

少しずつできることが増えたり、周りの環境が変わっていきますよね。

その頃は他人からの評価も手伝って、自分の充実度が上がっていく気がします。

でもある程度時間がたてば、たいていのことができて当たり前。

できたことを、他人から褒められる機会も少なくなります。

「外部からの評価」を自分の価値観にしていた私は、褒められなくなって自分の進む方向が分からなりました。

何をすると幸せを感じるのか、どういう風に生きていきたいのか、なぜそう思うのか。

自分のことなのに、はっきり言語化することができない。

「あれはやりたくない」

「これはちょっと違和感を感じる」

という今の気持ちだけで目の前の選択をするけれど、

その選択がつながっていく未来を全く描けないアラフォーになっていました。

 

「梨泰院クラス」主人公パク・セロイの生き方

そんな時に出会った、「梨泰院クラス(イテウォンクラス)」というNetflixで放映中の韓国ドラマ。

遅ればせなら、大ハマり中

韓国ドラマにありがちなドラマティックなストーリーの面白さに加え、主人公のパク・セロイの生き方がかっこいい。

なんでかっこいいと思うのかなぁと考えていたら、圧倒的に自分に足りないことを持っているからだと気づきました。

それは、

  • どんな時も信念に基づいて行動している。
  • 目的がはっきりしているから、行動に無駄がない

こと。

人にどう思われるかではなく、自分の「価値観」に基づいて生きているからいつもぶれない。

ドラマを見ていると「パク・セロイだったら、きっとこうするだろうな」と先回りして想像することができるくらいです。

実際は、その斜め上を行く決断をするのでさらにかっこいい(笑)

そんな姿に周りの人も信頼し、安心してついていける。

その上、自分の人生の目的がハッキリしているから、どうしたらその目的に最短で到達できるのかを考えて行動するから無駄がない。

 

フィクションですが、自分の価値観がはっきりしている人は何て強いんだろう、と思う気持ちが、パク・セロイに惹かれる理由だと気づきました。

 

単純にドラマとしても、徹夜して見てしまうくらい面白いし!

 

「諦める力」の為末大さんの生き方

400メートルハードルのメダリストである為末大さんが、現役を退いてから書かれた書籍「諦める力」にも突き刺さる考えがたくさんありました。

為末さんは、18歳のときに400mハードルという競技に進むことを選びました。

陸上の花形競技の100mを選ばず、なぜその競技を選んだのか。

それは、為末さんの目的が「メダリストになること」だったからです。

勝利という目的を諦めないために手段を選んだ、ということです。

 

スポーツの世界では、努力だけでメダリストになれるものではありません。

自分の体格や能力に合ったものを選ぶことによって勝率が上がる、といいます。

つまり自分が「踏ん張って一番になれる可能性のあるところでしか戦わない」という選択をしたのです。

 

「自分はどうなりたいか」という価値観さえはっきりしていれば、あとはそこに向かうために手段を選択していくことだけ。

つまり、自分の価値観がなければ、目の前の手段を選択することができない、ということになります。

パク・セロイも為末大さんのブレない生き方をかっこいいと思うし、自分もそうなりたいと憧れる私に必要なものは、自分の譲れない価値観を探すことでした。

 

自分の価値観を探す方法

どうしたら自分の価値観を言語化できるのだろう、と探している時に出会ったのがこちら。

リベラルアーツ大学の「【自由な人生】への第一歩は「人生の羅針盤」を作ること!価値観マップの作り方」

冒頭にこんな風に書いてあります。

何ごとも、

  • その人がどんな価値観をもっているか
  • 何に幸せを感じるか
  • どんな人生を歩みたいか

によって、「何をどうすべきか」という答えは変わります。

 

同じ選択肢があっても、どんな価値観をもっているかによってとるべき手段は変わるということですね。

 

ということで、私も「人生の羅針盤」を作ることにしました。

少しずつ作り始めましたが、あまりにも自分のことを納得する形で表現できないことに愕然とします。

でも深掘りをしていくにつれて、自分が求めているものや譲れないものが、少しずつですが見えてきた気がします。

 

まとめ

自分の価値観がハッキリしている人は、自分の譲れないことがハッキリしています。

そうすると、逆に譲れることがわかり、優先順位がわかります。

もうアラフォーになってしまったけど、今が人生100年時代ならまだ60年ある。

そう思ってじっくり自分の価値観、「人生の羅針盤」を作っていきたいと思います。

 

 

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5