NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

礼真琴・舞空瞳お披露目公演 星組こっとんコンビに期待しかない!

2020年8月8日

こっちゃん、トップ就任おめでとー!!

と、ただ喜びたかったですが・・・

残念ながら、東京宝塚劇場で公演中だった星組公演が8月20日まで休演となってしまいました。

私の残りのチケットは、すべて飛んでしまいましたが、ありがたいことに先日5日の公演を見ることができました。(Aパターン)

すでにこっちゃん率いる組カラーが出始めていて、新鮮でした

今回は、公演と新トップコンビについて勝手な感想を書きたいと思います。

 

 

芝居「眩耀(げんよう)の谷」とショー「Ray(レイ)」の2本だて

今回の公演期間や出演者の変更のため、プログラムも作り替えられていました。

芝居「眩耀の谷」は 血のつながり がテーマの中華ファンタジー

実は最初の方は人の名前なのか部族の名前なのか、

分からない言葉の洪水で頭がパンクしそうになってくじけそうでした・・・

ルリル?

センオウ?

ブンゾク?

 

でもラストに向かうにつれてスーッと糸が解けるようにこれまでバラバラに展開されていた各人物や行動が一つに繋がっていきます!

 

これはネタバレしない方がいい作品だと思うので、内容は書きませんが、

歌も多くて、メロディもきれい、そしてメッセージが今の時代にも当てはまるものでとても好きな作品になりました。

もしお子さんがいる人だったら、もっと心に響くに違いないです。

最後にくらっちが種明かしするシーン、ちょっと鳥肌たちます。

 

ショー「Ray」はギラギラの中のキラッキラ

まず主題歌がカッコいい!!

マスクの下からヒューヒュー(時代)言いたくなりましたが我慢しました。

星組のショー観るといつも「ヒューヒュー言いたい」っていう感覚に襲われます。

なぜだろう・・・

 

これでもかってくらい「レイレイ」歌う歌詞も頭に残るし、振り付けもかっこいい

人差し指と親指をくっつけて丸?を作った両手をかざしてるのは、目の形を作ってるのかなぁ?

タカラジェンヌがやるとなんでもかっこよくなる不思議

 

途中にオリンピックの場面が出てきます。

プログラムで中村先生もこの場面を残すか迷ったと書いていましたが、オリンピックが中止になっても敢えてこの場面を外さなかったのは

新しい星組の誕生をテーマに作り出した「初心」が最大のエネルギーであると思い・・・

とのこと。

納得。

 

私はちえちゃん(柚希礼音様)のトップ時代にどっぷりヅカオタだったので、星組といえばあのギラギラさ

でもこっちゃんは星組のギラギラをベースに、フレッシュさ満点のキラッキラの輝きを放って踊りまくって、歌いまくっていました。

 

トップスターあてがきの芝居

あてがき とは

トップスター本人のキャラクターをうまく生かして主人公のキャラクターに落とし込むように、脚本の先生が脚本を作ってくれること

主人公の丹礼真は、誠実でやさしくてピュア。

汚れを知らない少年みたいな丹礼真がこっちゃんにピッタリ。

今のトップスターでこんな無垢な役できるのはこっちゃんしかいない!

 

しかもお母様役は、ずっそそばで見守ってきた組長の万里柚美様なんてしっくり来すぎです。

困難があっても、

周りの人に支えられながらたくましくなっていく丹礼真と

これから星組という集団を率いていくこっちゃんの姿とが重なります

 

トップコンビの魅力と能力が爆発

 

こっちゃん歌って踊ってフル活動

もともと歌うまのこっちゃんですが、声質がハスキーなところが少し物悲しさも感じられて、お芝居の主人公である丹礼真の心とリンクします。

しかも決して音をはずさない安定感・・・物語に集中できる幸せ。

ショーでも結構歌っているのですが、それ以上に踊ってます。

超人です。

ひっとんの存在感

どんな衣装も似合う!

キュートな顔立ちなので、ぶりぶりの衣装も着れるし、小顔で手足が長いので体のラインがでるのも似合います。

でもそれ以上にインパクトが強かったのが、ダンスのキレ具合

芝居の中で舞姫として踊るときも、ショーでのダンスもぴか一。

ダンスのうまいこっちゃんの嫁には、ダンスがうまい人がいいなぁとは思っていましたが、驚いたのはひっとんのダンスがキレッキレで、こっちゃんを食っちゃいそうな勢いだったこと

娘役を連れて堂々と真ん中に立つ姿も既に貫禄ありました。

 

 

これから期待すること

こっちゃんとひっとんは、技術的には多分ナンバー1のコンビだと思います。

でも今はまだ可愛さがちらほら見えて、二人が一緒に踊っていると仲良し兄妹にみえることがありました。

これから更に二人の仲が深まって熟していけば、もう少し色気を感じる関係性もできるといいなぁと思います

色気×星組のパッション=興奮 

は間違いない公式ですから!

 

まとめ:新生星組に明るい光しか見えない!

芝居があてがきだったこともあってか、時代がガラッと変わった感じがしました。

コロナで出鼻をくじかれたけど、きっとこれを乗り越えればいいことしか待っていない、と信じてます。

星組らしい熱さはそのままに、こっとんカラーの星組のこれからを楽しみにしています!

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5