NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報 暮らし

【シングルルーム画像付き】新しい宝塚ホテルは夢心地と実用性を兼ね備えてた話

2020年10月18日

今回の遠征で楽しみにしていたことのひとつが、新しくなった宝塚ホテルに泊まることでした。

 

旧宝塚ホテルは武庫川を渡らなければならなかったので、歩くと10分くらいかかりましたが、

新しい宝塚ホテルは、舞台を思い出しながらニヤニヤフラフラ歩いていたら1~2分で到着

まさに夢から覚めない距離ですよね!

 

今回は、新しい宝塚ホテルは2020年6月21日に開業しました。

デザインコンセプトは「CLASSIC ELEGANT(クラシックエレガント)」

夜見るとさらに幻想的

宝塚好きとしては、外観の佇まいも「ザ・宝塚」を感じます。

 

今回泊まったのはスタンダードシングルルーム

宝塚観劇を目的に一人で泊まるお客さんが多いとのことで、新しくできた宝塚ホテルにはシングルルームを増設したそうです。

なんと90部屋もあるそう。

ちなみに、シングルルームには他にも「モデレートシングルルーム」があり、こちらの方が少しだけ広いそうですが、8部屋しかないそうです。

確かに一人で遠征する方も多いから、シングルが増えると部屋がとりやすくなりますね!

 

チェックインでは、大きな電子タブレットを使いました。

紙を使わないのは環境にもいいですね。

今回は楽天トラベルで予約しましたが、既に自分の情報が入力されていたので、

内容を確認してサインをするだけで簡単にチェックインができました。

(今回はコロナ禍のため、体調について問題ないかどうかのアンケートは紙でした)

 

エレベーターはカードキーをかざして、目的の階数を押します。

今回泊まった5階のエレベーターホールです。

ピカピカの新築なので、まだ匂いが新しくてわくわくします。

 

廊下のライティングと絨毯も趣きがあります。

また、写真には写っていませんが、壁には旧宝塚ホテル時代の貴重なお写真がいくつも掛かっており、歴史を感じさせます。

 

かなり部屋数があるので、結構歩いた気がしました。

 

スタンダードシングルルームの雰囲気はこんな感じ。

ベッドライナーが上品なブルーで、壁は薄いグレーのストライプに大柄のレースのカーテン。

入口近くの壁紙や床の絨毯も柄ものですが、きちんと調和しているのかうるさい印象がありません。

ベッドの上にはシャツタイプのがガウンがあります。

 

お部屋の広さはかなり狭いです。

約17㎡ということで、小さめのワンルームマンションという感じでしょうか。

ベッドが大きいので、特に部屋が小さく感じました。

でも、観劇や散策がメインなら全然気になりません

 

窓からの景色は部屋の場所によりますね。

今回宿泊した部屋からは、目の前に「白木屋」の看板が見える部屋だったので写真はとりませんでした(笑)

 

部屋のテレビではもちろん、スカイステージが見放題です。

無料のWi-Fiも完備されています。

 

クローゼットはありませんが、ハンガーを壁に掛けられるようになっています。

 

消臭剤や空気清浄機もありましたし、使い捨てタイプのスリッパもあります。

お水はペットボトル1本が無料でついています。

 

ビジネスホテルに近いサイズの部屋ではありますが、嬉しいバス・トイレ別!

 

洗面台の蛇口もとてもかわいいです。

ハンドソープ、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーはローラアシュレイのもので、

クレンジングはポーラのエステロワイエのものがセットされていました。

洗面のアメニティには、ヘアブラシ、歯ブラシ、コットン、綿棒、ヘアゴム、シャワーキャップ。

ローラアシュレイのソープ類はイングリッシュローズガーデンをイメージした香り。

容器のラベルプリントが可愛いくて、ホテルの雰囲気に合っていますね。

 

嬉しかったのはパナソニックのへアドライヤー!

 

最新のモデルではないですが、ナノケアは評判のいいドライヤーなので使ってみたいと思っていたところでした。

風量も申し分なくてすぐ乾きましたし、1回でも分かるほどしっとりとしたまとまり感が出るのに驚きました。

 

鏡も上半身が入るサイズで、女優ライトがついているので、とても明るくてお化粧しやすかったです。

 

今回はあまり長く滞在できず、内部の散策もできませんでしたが、きっとまたお茶会が復活する時には泊まりたいと思います!

 

 

93年間の幕を下ろした旧宝塚ホテル。

宿泊はもちろん、お茶会でも何度もお世話になったことを思い出します。

宝塚ホテルの赤い絨毯に迎えられてわくわくしたことや、

お茶会前にお部屋でヘアセットを頑張ったことを思い出します。

そして、旧宝塚ホテルといえば、劇場から向かう時に武庫川を渡る「宝塚大橋」

宝塚大橋からの眺め(2018年)

遠くに阪急電車がみえて、宝塚歌劇と音楽学校の建物が見える風景。(電車写ってないけど、笑)

初めて渡った時は、宝塚キター!と思って興奮したし、

お茶会後に宝塚駅に向かう宝塚大橋を夢見心地で渡ったことや、

退団のフェアウェルパーティーを終えて悲しみに暮れながら、

「もう今後、大橋を渡ることもないかな・・・」

なんて思ったことも懐かしい。

結局半年以内に、また大橋渡りましたけどね!笑

ときどき、お稽古帰りの生徒さんとすれ違ったりして、「宝塚に住みたい!」なんて思ったり。

 

今後、大橋を渡る機会は少なくなると思いますが、また新しい宝塚ホテルや宝塚の町を通じて素敵な思い出ができるといいな、と思いました。

-宝塚, 情報, 暮らし

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5