NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

贔屓なのに今頃…月組次期トップコンビ月城×海乃

2021年4月20日

あっという間に約2週間経ってしまいまして、今更過ぎるんですが。

2021年4月6日、応援してきたれいこちゃん、こと月城かなとさんが次期トップスターに就任することが発表になりました。

しかもトップ娘役は、大好きな海ちゃん、こと海乃美月さん。

二人ともおめでとうございます!!!!

大好きな二人の次期トップ就任のお知らせなのに、

あの日の公式発表を受けた自分が想像していたのとなんだか違う気持ちになったので、

今更ながら記録に残しておこうかなーと思います。

 

嬉しい!よりもほっとした

3月27日の集合日には発表されず、数日待っていもいっこうに出てこない公式発表。

きっといつかはトップになると信じていたけど、もしかしたら今回じゃない、のかもなぁ・・・

なんてちょっと思い始めていた矢先の発表。

やったーーー!!嬉しい!!!

というよりも、

あぁーーーよかった!!ほっとした!!!

というのが正直な気持ちでした。

そして、海ちゃんがお相手に決まったということが本当に幸せで嬉しくて。

ここまで作品ごとに一緒に組んで高みを目指してきた海ちゃんと

これからも二人が高め合える関係になれたことが、なぜか自分のことのように嬉しい。

友達からも久々にこんなに祝福されました(笑)

 

実はあまり実感していない・・・

たくさん祝福の言葉をもらっているにもかかわらず、

実はいまだに「自分の贔屓がトップにるんだ!!」と実感できていない・・・。

2番手になった時も赤い羽を背負っている姿を見てすぐに実感できたタイプではなく、

徐々にジワジワ喜びの気持ちが生まれてきたので、時間がかかるタイプなのかもしれません。

自分のご贔屓様のことなのに、意外に想像していたよりも冷静な感情のままでいることにびっくり。

 

二人はどんなコンビになるのかな

れいこうみ・・・れこうみ・・・?

次期トップコンビのお二人は何ていう愛称で呼ばれるんでしょう。

そして、どんなコンビになるのかなー。

プレお披露目に決まった博多座での「川霧の橋」は残念ながら見たことがないのですが、切ない物語だったと聞いています。

こういう日本人の心にぐっとくるような情感あふれるお芝居が多くなるかもしれませんね。

(なんとなくブロードウェイミュージカルからは遠い気が・・・)

れいこちゃんの青天姿は本当に美しいので、日本物みたいなぁ。

そういうラインナップでいけば「星逢一夜」の再演もあるかも!?なんてちょっと期待しています。

あ、個人的な好みでいえばグレート・ギャツビーも観たいし、ミーマイも観たい!結局いろいろ観たい!笑

 

月組のこれからはどうなるの・・・?

次期トップコンビの発表はありましたが、

3月27日の集合日に発表されたトップコンビを含め9名という大量の退団者と

紫門さん(紫門ゆり)とまゆぽん(輝月ゆうま)という上級生の組替え(しかも専科!)

の発表を忘れるわけにはいきません。

11名もの人が今の月組から居なくなってしまう・・・はっきり言ってすごく寂しいし、

月組どうなっちゃうんだろう・・・まさかこのままじゃないよね?!というモヤモヤ。

これまでもいろんな組替えが発生する中、なぜか月組はスルー。

もちろん、下級生が立派にお芝居もつとめてくれるのは分かるし月組の下級生も大好きだけど、

上級生だからこその見せ方の経験値や存在感ってあると思うんです。

それが芝居でもショーでも組の厚みにつながるというか・・・。

 

もしかして素直に喜べないのはそのせい?!(笑)

 

応援する気持ちは変わらない

いろいろモヤモヤする気持ちはありますが、1つ確信しているのは

「どんな時でも舞台を観るとモヤモヤが吹き飛ぶ」ということ。

私の心配なんてほんっとに小さいことだったなぁって思わせてくれる、れいこちゃんの舞台。

そこに切望していた海ちゃんという伴侶が加わって、もはや無敵だし、これ以上求めるなんてもしかして欲張りすぎかも。

過去に一度ご贔屓様の卒業を見送っている身としては、

宝塚の男役は有限で特別だと心から実感しているので、今の幸せな状況を素直に喜んで、

後悔の内容に自分のできる限りの応援を今後もしていこうと思います。

突然の決意表明。(笑)

 

 

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5