NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

望海風斗の集大成なサヨナラコンサート NOW!ZOOM ME!!

2020年10月1日

だいもん(望海風斗)率いる、雪組選抜メンバーのNOW!ZOOM ME!!(ナウズームミー)を観に行ってきました。

観劇したのは望海風斗Bバージョン

敢えて週末のライブ配信を観なかったので、完全初見!

 

お稽古場でマウスシールドをつけてお稽古をする雪組組子の貴重な映像を見て、

ちょっとウルッと来たりしつつ、観劇できることを改めて感謝した時間でした。

 

今回も勝手気ままに、望海風斗MEGA LIVE TOUR「NOW! ZOOM ME!!」の観劇レポを残しておきたいと思います。

 

盛大なだいもんのサヨナラショー

1幕ではバブルを懐かしみ、2幕ではこれまでのだいもんの軌跡をたどり、想いを馳せる時間でした。

ヨシマサワールド全開の第一幕

テーマソングご存じでしょうか?

スカステでちらっと耳にしたことはあったのですが、まさか

ズーカ、ズーカ、ズームアップ!」

と歌っていたとは・・・ズーカってヅカ、タカラヅカのことですよね・・・?笑

 

「あぁ、そういえば齋藤先生(齋藤吉正先生)の公演だった!」と気づき納得。

改めて、いよいよ始まったサイトウヨシマサショー・・・

 

ではなくNZM!(ナウ!ズームミー!!)

 

1幕目はアイドルとバブル時代をギュギュっと詰め込み。

有名な曲ばかりだったので、若い方でもTVで昭和の歌番組を見ている方ならついていけそうなのかな?

Wikipediaによると作・演出の齋藤先生は1971年生まれとのこと。

お姉さまがいらっしゃるので、71年より少し上の世代だとドンピシャ選曲だったのかもしれないですね。

 

「名探偵コナン」のテーマが流れて悪者が現れたと思ったら、

ジュリ扇を翻しながら踊るタカラジェンヌのボディコン姿をみるわ、

マジックするわ、

I love you,SAYONARA歌うわで、

もはやこれは

 

カオス。。。

 

そんなカオス状態の頭の中に、凪様(彩凪翔)の「愛は勝つ」はとてもやさしく響きました

 

感情の起伏が激しくなる第二幕

悲劇が多い雪組公演が喜劇になったら、というユニークな設定

過去の公演のシーンや小道具を使いながらのパロディからスタート。

タカスぺの組コーナーのロングバージョン見ている感覚です。

個人的にはとても笑いました

ただ、内容的には過去の雪組公演にまつわる内容なので、「宝塚ファン」というよりは

雪組ファン、だいもんファンに刺さるようなコーナーだったと思います。

 

そんなドタバタからふと気が付けば、

お披露目公演のショー「SUPER VOYAGER!」で歌っていたダイアリーのシーンが映像として流れる中、あみちゃん(彩海せら)の影ソロで一人踊るだいもん。

お披露目があって今がある。

だいもんの集大成に入っているんだな、と感じ始める瞬間でした。

 

ただ、全体を通して感じたのは、今の雪組の姿は、だいもん卒業するのにふさわしいタイミングということ。

組子といい関係を作り、愛され、惜しまれながら去っていく。

残された組子も与えられた見せ場をしっかりと作っていける状態。

 

ちぎちゃん(早霧せいな)の卒業の時も「これ以上ないくらい雪組最高!!」という状態で、

だいもんへバトンタッチされたことを覚えています。

以前は、応援していたトップさんの卒業を「悲しい」「さみしい」と思う気持ちが強かったですが、

一歩引いて感じてみると、

トップさんが卒業を決められた後から、ますます組の団結も強くなり、熟していく気がします。

 

この中の何人かはだいもんと一緒に卒業をするかもしれませんが、それでも「一番いい状態になっている」というのは外野の素人でもわかるものなんですね。

 

だいもんは宝塚の曲が一番合う

宝塚の曲リクエストが最高過ぎた

困りました。

公募したリクエスト曲の中から選ばれた3曲をだいもんが歌い始めた途端、

なぜか涙が止まらなくなる現象が発生

 

歌うまのだいもんだから「どんな曲を歌っても間違いないでしょ?」と思って聞いていても、

やはり超絶に素晴らしいのは男役として歌う宝塚の歌

 

リクエスト曲から選ばれた3曲は

  • 「スカーレット・ピンパーネル」から『ひとかけらの勇気』
  • 「ブラック・ジャック 危険な賭け」から『かわらぬ思い』
  • 「ザ・レビューⅢ」から『愛の旅立ち』

 

だいもんの大きく、気持ちよく会場中を包み込むような歌声の特徴をまるっと堪能できる素敵な曲たち。

テンポもゆっくりな曲だったので、余計に声の良さや、歌声の伸びを楽しめた気がします。

こんな素敵な曲たちをリクエストしてくださった皆様にも感謝です。

 

男役版「夢をあつめて」

以前にこちらでも絶賛した、ナオト・インティライミ氏から提供いただいた楽曲「夢をあつめて」。

望海風斗の「夢をあつめて」歌詞も歌声も良すぎる話

最近ハマりにはまっている曲があります。 3分10秒の曲なので、毎朝40分の通勤時間に10回以上リピートしているのは、ナオト・インティライミさんが書き下ろし、プロデュースした「夢をあつめて」。 リンク ...

続きを見る

今回の舞台で歌った雰囲気はバリバリ現役の「宝塚男役Ver.」という感じでした。

歌い方次第で、

こんなに歌の表情が変わるものなのかー!

とレコーディングの際に歌い方にこだわりを持って指導されていた、ナオトさんの気持ちが少し分かった気がします。

この曲は「ポロポロポロ」と気持ちを吐露するような歌い方が合ってる歌だと思ったので、

少し違和感でしたが・・・

アドレナリン全開の舞台で「ポロポロ」なんて歌えないですもんねぇ(笑)

逆に考えれば、宝塚を卒業してしまったら「男役Ver.」は聞けなくなるでしょうから、貴重なVer.かもしれませんね!

 

気になる人たち

今回はこの3名をピックアップしたいと思います。

羽織夕夏(はおりゆうか)愛称:なっちゃん(100期)

スカイステージの歌番組「La Belle Voix#2」にも登場していましたね。

なっちゃんはスタイル抜群の上に、ダンスも超キレッキレの娘役さん。

しかも歌も歌えるほうなので、今回もたくさん見せ場がありました。

 

個人的に一番好きだったのは、バブルの場面

あんなに違和感のない娘役います?(めちゃくちゃ褒めてます!笑)

ギラギラスパンコールのボディコンミニワンピに、緑のジュリ扇と黒髪ウェーブ。

今でも通用しそうな小悪魔感がピッタリでした。

 

次に目が離せなかったのが、名探偵NOZOMI/怪傑ZOMIの場面のレポーター役

コミカルな場面でも、大きな口と表情でお茶目な雰囲気を作れる娘役さんです。

もちろん宝塚の娘役としてのドレス姿も素敵ですが、普段あまり見られない姿と活躍がうれしかったです。

 

彩海せら(あやみせら)/愛称:あみちゃん(102期)

あみちゃんといえば、「壬生義士伝」での新人公演初主演が記憶に新しいですが、

今回驚いたのが、痩せて、男っぽくなってたこと。

もともと可愛らしい顔立ちですが、締まった顔になっていました。

あみちゃんらしい柔らかな表情も見えつつ、流し目のセクシーな表情や大人っぽい表情もちらほら

影ソロも立派につとめあげ、今後がますます楽しみになりました。

身体の線が細いので、衣装でうまく補正できるようになるといいな、と思うと同時に、

もうこれ以上痩せないで!と願っています。

上級生になったら嫌でも痩せちゃうから、今はまだそんな痩せないで。。。

 

聖海由侑(せいみゆう)/めぐちゃん、せいみぃ(103期)

今回初めて認識した“今回の気になる生徒さん”はこの方!

少人数公演の楽しみの一つが、今まで知らなかった生徒さんに出会えることですが・・・

また出ましたよ、神奈川県(川崎市)出身!

きぃちゃん(真彩希帆)のミュージックサロンを観た時、はいちゃん(眞ノ宮るい)の紹介でも触れましたが、神奈川県出身者はイケメンが多い。

だから、彼女ももっとイケメンになるに違いありません

真彩希帆ミュージックサロン トップ娘役の貫禄と歌声に身を任せる特別な時間

9月7日、1Day Special Liveと題して、きぃちゃん(真彩希帆)のミュージックサロン(MS) 「LaVoile(ラヴォアル)」が開催されました。 今回は残念ながら、無観客でライブ配信のみ。 ...

続きを見る

 

とはいえ、今回は歌で注目する場面がありました。

場面最初の歌いだしソロを任されていたのですが、歌がうまいだけじゃなく、声量もあって声がいい!

今後がとても楽しみな生徒さんです。

 

まとめ:静かに笑って、泣いて、大忙しのメガライブツアー

どんなにウインクされても、投げキスされても、一言も声を発せないのつらかったですが、

しっかり笑い、泣き、久々の生バンド演奏にもテンションをあげ、

心が満たされた公演でした。

ペンライトを振り、オペラを抱え、そして手拍子もする、と忙しい時間でしたが、

この忙しさがライブ感をさらに高めてくれたように思います。

全員が元気で千秋楽の日まで、無事に走り抜けられますように!

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5