NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

望海風斗の「夢をあつめて」歌詞も歌声も良すぎる話

2020年7月5日

最近ハマりにはまっている曲があります。

3分10秒の曲なので、毎朝40分の通勤時間に10回以上リピートしているのは、ナオト・インティライミさんが書き下ろし、プロデュースした「夢をあつめて」。

 

プロデュースされているのは、現在の宝塚歌劇団屈指の歌い手、

雪組トップスターの望海風斗こと「だいもん」です。

 

この歌、とにかくめっちゃくちゃいいので一度聞いてみていただきたい!!(笑)

歌がうまいだけではなく、これまでのだいもんにない歌声や歌詞が心にスッと染みこんできます

 

だいもんのライブ「NOW!ZOOM ME!!」でも歌っていましたね。

望海風斗の集大成なサヨナラコンサート NOW!ZOOM ME!!

だいもん(望海風斗)率いる、雪組選抜メンバーのNOW!ZOOM ME!!(ナウズームミー)を観に行ってきました。 観劇したのは望海風斗Bバージョン。 敢えて週末のライブ配信を観なかったので、完全初見! ...

続きを見る

 

望海風斗の歌声

劇場で聞くだいもんの歌声の魅力

だいもんの歌声を劇場で聞いたことがある人はわかると思うのですが、彼女の声はものすごく迫力があって、凄味があって、一人で歌っていても2000人以上入る劇場も丸ごと包み込んでしまうような圧倒的にパワフルな歌声です。

その歌声を楽しみに舞台を観に行くといっても過言ではないし、歌うまがゆえに歌うことが多いだいもんですが、ガッカリしたことは一度もないと断言できます。

むしろ、想像を超える凄さに度肝を抜かれて帰路につくことがほとんど

 

話がちょっとずれますが、これまで私が舞台を観に行って1度だけ、あまりに大きすぎる歌のパワーに飲み込まれ、終演後もしばらく客席から立ち上がれなかったことがあります。

その舞台はだいもんが主演だった「ドン・ジュアン」(2016年)


外部で再演もされましたが初演が好きすぎるゆえに、この記憶をそのまま残しておきたいと思って観に行きませんでした。

どうにもならない自分のもどかしさや憎しみ、心の底からマグマのように湧き出る感情を歌わせたら、だいもんに敵う人はいないと思います。

 

「夢をあつめて」で聞くだいもんの歌声の魅力

この「夢をあつめて」は劇場で聞くものとちょっと違います

 

普段背負っている男役というものを下ろし、ポツリと一人の人として立ち尽くして歌っている感じ。

プロデュースしたナオト・インティライミさんが「引き出したい」と言っていた、今までにない素の歌声に出会えます

BS-TBSの「ドリームメーカー4」という番組の中で、レコーディングスタジオに入って最初にだいもんが歌った時の映像が流れていたのですが、その時の歌声はいつものだいもんの男役の声でした。

その後にナオトさんにこんなこと言われていました。

「舞台の役がその気持ちで歌うというよりは、自分のこの人生や、夢見てきたことやこれからどうやっていこうという夢を投影して、個人的に歌うことが、自動的にいろんな方への共感になる

ほぉぉぉぉ深い・・・!!

 

その後、アノ無敵そうに見えるだいもんが悩み、苦戦しながら作り上げてきた歌声は最終的にナオトさんの目指すようなものになっていました。

 

そして、だいもん自身も最後に録音した自分の歌声についてこう言ってました。

「いつもは劇場の空間を埋める歌を歌っていたけど、そうではなくてもっとシンプルで、そこにぽつりと一人の人間がいて、思いをポロポロポロポロと出しているような感覚。自分の声でも聞いたことなかったから新鮮だった

ほぉぉぉぉ新境地・・・!!

飲み込まれ、胸を突きさされるような舞台での歌声ではなく、隣で肩を支えてくれるというか、ただそっとそばにいて支えてくれるような透き通った優しい声。

心地よくてしょうがないのは自然体の歌声だからなんですね。

 

 

「夢をあつめて」の歌詞

もともとの予定では、2020年10月11日をもって宝塚の卒業を発表していただいもん。

コロナの影響で退団日も延期になりましたが、歌詞もだいもんの卒業が少し頭をかすめるようなものになっている気がします。

でもそれは悲しいことではなくて、これまでのことを心に詰め込んで新しい未来に踏み出す希望にあふれた歌詞

 

つかの間の幸せに今日もしがみついて かすんだメモリー

あの日の君の言葉に 胸張って涙拭いて 歩きだすよ

あぁどうして 僕たちは大人になるんだろ ずっと このままでいられたなら だけど さよなら

夢をあつめて 希望の海 目指し 風に歌うよ

遠く 届け 未来でまた会おう 笑って きっと 笑って

浮かれてる街並みを 横目に通り過ぎて 誘惑のメロディー

君がくれたガーベラの 花ことば胸に抱いて 歩き出すよ

あぁ どうして この地球(ほし)はまわり続けるの

ずっと この先も見ていたいの だけど さよなら

夢をあつめて 希望の海 目指し 風に歌うよ

遠く 届け 未来でまた会おう 笑って きっと 笑って

これまで立ちはだかった 数々の悔しさも 幾千の悲しみも超えて

夢をあつめて 希望の海 目指し 風に歌うよ

遠く 届け 未来でまた会おう 笑って きっと 笑って

ふぅ。

あまりに好きすぎで歌詞書き起こしました・・・。

今まで場所から飛び立つのは少し勇気がいるし、さよならかもしれないけど、未来のどこかではまた会おうって

この歌詞、宝塚の卒業にピッタリ過ぎませんか?!

だいもんは卒業してもきっと芸能の世界で生きていかれると思うし、そうであって欲しい人だから、なおさらこの歌詞が身近に感じます。

 

ちなみに歌詞に出てくる「君がくれたガーベラの花言葉胸に抱いて」のガーベラの花言葉には「前向き」とか「希望」という意味があるらしいです。

卒業のブーケはガーベラで決まり!

と思ったけど(単純)

可愛らしいお花だからちょっと無理そうね・・・きいちゃん(真彩希帆)、どうかな(笑)

 

だいもん率いる雪組の勝手な紹介はこちら!

【全組】宝塚OGの動画を見て~組の特徴や現トップさんたちの魅力を独断と偏見でご紹介

実は今日、私が心も身体も財産もなげうって(半分マジ)どっぷりはまっていた時代の宝塚OG、元トップスターとトップ娘役の方々がYou Tubeで歌い継いだ動画がアップされました。 ちょうど2014年に宝塚 ...

続きを見る

まとめ:多彩な魅力にあふれる望海風斗の歌声、でも今は・・・

望海風斗=歌がうまい、はわかっていたのですが、今回のふり幅は想像以上でした。

劇場での全身を使い空間を埋めるドラマティックな歌声も魅力ですが、今回のようにシンプルな思いを吐露するような歌声も新たな魅力です。

すでに卒業を発表されていつかはその日が来てしまうのですが、それでも卒業した後にまたどんなだいもんの歌声に出会えるかと思うと、それはとても楽しみでもあります。

同時に、今だからこそ堪能できる男役として生きる歌声も一回一回大切にとどめながら、観劇していきたいと思います。

-たわごと, 宝塚
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5