NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

美容

30代からでも歯列矯正は遅くない!体験をもとに費用や歯科医の選び方などをご紹介

2020年6月1日

30代になってある程度歯にお金をかけられるような状況になると、歯列矯正をしようかと考える人は少なくないのではないでしょうか。

でもいざ始めるとなると時間が掛かることや、タイミング、費用の面などを考えてなかなか踏み出せないという方もいるかもしれません。

私もその一人でした。

でも、今になって言えることは30代で歯列矯正をしておいてよかった!ということです。

今は矯正を終えて保定期間も5年前に終わりましたが、歯は毎日動きますので、これまでの努力が無駄にならないように今も就寝時には保定装置を付けています。

そこで今回は、なぜ歯列矯正をしたのか、どのように先生を選んだのか、大変だったことや良かったことをご紹介します。。

 

なぜ30代で歯科矯正をすることになったのか

帰国子女の先輩に「歯並びは知性の現れ」だと言われた

20代後半に転職した会社の先輩に帰国子女の方がいました。

その方のふとした言葉。

「アメリカではね、歯並びは知性の現れなの。だから子供のことからみんな矯正をしているのが普通。どんなに優秀でも太っている人は自己管理ができない、と思われるのと同じように、どんなに中身が素敵でも口元が汚い状態でいることは相手にプラスではない印象を与えるということ」

ガアアアアン!!私に言っているわけではなかった(はず)ですが、身なりを気をつけていた若かりし私に、この言葉は衝撃でした。

ちなみにその当時、その方は歯に外車一台分くらいの金額をかけてインプラントやら何やらされていたので、妙に納得(笑)

歯並びのせいでかみ合わせが悪く、奥歯が割れた

歯並びが悪いということは上下の噛み合わせが正しくない、ということ。

食事をする際も、かろうじて噛み合わせられる歯に集中して余計な力を込めてしまう癖がついていたようで、ある日突然銀歯が割れました。

かかりつけの歯科医に駆け込むと、歯並びを直さない限りこれから先も同じように変な負荷をかけてまた割れるだろう、と衝撃の宣告。

これから先まだ何十年も生きるつもりなのに、その度に歯が割れて歯医者にかかるなんて!

と初めて真剣に自分の歯と向き合うことになりました。

 

歯列矯正は知性の現れ=歯並びの悪い私は見た目にも損をしている、という現実と、歯が割れて食事をするのに困る、という実害がちょうどクロスした時、重い腰を上げて、歯列矯正について考え始めました。

 

30代で歯列矯正をするにあたって歯科医選びで重視したこと

時間的、場所的な通いやすさ

歯列矯正は1年半から2年は確実にかかると考えていた方がいいと思います。

その中で、最初の数か月は器具を取り付けるために歯間を広げる必要があったり、調整が必要だったりと頻繁に通わなくてはなりません

そのため、自分が時間的にも距離的にも通いやすいところがベストですね。

私は5か所の歯科医に訪問しましたが、いずれも自宅の近くか、会社の近く、もしくは通勤の乗り換え駅の近くで探しました。

費用

予備知識として大体100万円くらいはかかるだろうな、という想定のもと5か所の歯科医に行きました。

実際に見てもらい、一番高くて約150万円、一番安くて約80万円、という見積もり結果がでてきました。

私の歯並びはそんなに混み入った難しい矯正ではなかったので、どうしてここまで違うのかなーと不思議だったんですが・・・

150万円の見積もりを出した歯医者には室内に滝が流れていたので、もしかしてこういう費用に充てられるんじゃ?と想像してしまいました。(笑)

もちろん、そういうゴージャスな雰囲気の歯科医でやりたいという方もいると思うので、それは全然問題ないと思います。

ただ、一番気になったのは見積もりの金額以外に通う度に費用が発生する歯医者があったこと。

例えば歯列矯正は100万円だけど、通う毎に処置費用で5000円かかる、というようなスタイルです。

結局トータルでいくらになるか、契約する段階でははっきりしないので、金銭的に余裕がないとちょっと苦しいかと思います。

 

先生の考え方

きれいに並ばせるために健康な歯を抜くかどうかは先生によって方針が違うと思います。

私の経験だと

審美歯科の先生は抜いて隙間を作ってから、歯を並べた方がいいと仰る傾向にあり、

抜かない方をすすめる先生は、8020と言われるように80歳で20本以上自分の歯を残す、ということを大切にしているので、矯正後に多少戻りがあったとしても健康な歯は抜かない方がいいと仰る傾向にありました。

ちなみに、年をとると歯茎が下がってくるので、今時点で歯に隙間を作って並べると、歯茎が下がった時にさらに隙間ができてしまうという考えの先生もいました。

これは将来のことなので、しっかり検討して自分自身の考え方とマッチする先生を選んだ方がいいと思います。

 

あと、普段の歯磨きをかなりチェックする厳しめの先生を選ぶようにしていました。

歯列矯正をすると歯がすごく磨きにくくなります。

ただでさえ繊維質な野菜や色の濃いカレーなどが歯や器具についてしまって大変なのに、思うように歯ブラシが隙間に入らない。

でも、矯正をしているこの約2年の間に虫歯ができてしまうなんて、もったいないですよね

私の選んだ先生は、歯をしっかり磨けてないと次の治療に進まない、という方針でしたので毎日しっかり磨いておりました。

 

実際に歯列矯正をしていて大変だったこと

口内炎ができまくる

最初の半年くらいはずっと悩まされていました。

私の場合、口内炎ができるのは、いつも舌の先や奥歯の横あたり。

普段は意識していないですが、話をするとき舌ってすごく動くんですね。

その動いた舌がいつも器具に引っかかるんです。

気になるからつい舌で触って怪我する悪循環

奥歯の横も口を動かす度に柔らかい粘膜に金具が当たり、治る暇なくいつも白い口内炎ができていました。

自分もうまく器具と付き合えるようになるのか、粘膜や舌が強くなるのか、だんだんと問題なくなってきますが、最初の頃はかなりストレスでした。

 

歯磨きしているのに口が臭く感じる

歯磨きは本当に大変でした。

10分くらいかけて針金を避けながらフロスも通すのですが、何となくすっきりしない日々が続きます。

基本的に器具を外すのは、先生のところで診療してもらっている時だけ。

といっても、全部が外れるわけではなく、針金を通す部分(ブラケット)はついたままなので、とにかく矯正期間中はすっきり歯を磨けることはありませんでした。

他人には気づかれない程度かもしれませんが、1年も過ぎてくると、どんなに頑張っていてもかすかに自分の口臭が気になって憂鬱な気持ちになったことがあります。

そんな状態でもキスできる相手なら真実の恋かも!?(笑)

食事の時の口元が汚くなりやすい

これは見た目の問題ですね。

私の器具は透明に近いタイプだったので、遠目から見るとあまり器具がついていることが目立たなかったようなのですが、食事をしながらのおしゃべりは結構大変でした。

緑の野菜は本当によく挟まるんです!あとキノコ!(笑)

普段は食べるものをなるべく選んで、歯に色が付きにくいものとか、繊維質な野菜が少ないものとかを食べるようにしていました。

しかしお呼ばれの席ではそんな選り好みなどできるわけもなく。

いざ話をしたり、反応を返す時にニラがビヨーンと垂れ下ったりしないようかなり気を付けて静かに食事をしていました。(あれ?これはいいことですね・・・)

 

実際に歯列矯正をしてよかったこと

歯を磨きやすくなって虫歯がなくなった

圧倒的に違います。

子供の時から、歯と歯が前後に重なっていたり、斜めに生えていたりと歯ブラシをまともに当てられない歯がいくつもあり虫歯常習犯でした。

今はすべての歯にきちんとブラッシングができ、すべての歯と歯の間にフロスが通るようになりました。

そのおかげで歯を磨くストレスが軽減され、しっかり磨けるので虫歯になることがなくなりました

5年間で1つも虫歯ができなかった!!

歯に対して予防の意識が高くなった

これは2年間の矯正期間に培われた意識だと思います。

あれだけ苦労して口内炎作ったり、つらい時期を超えてきれいな歯並びになっても、黄ばみがあったり虫歯ができてはもったいない!という意識が強くなりました。

以前は「何かあったら」歯医者に行く、というスタンスでしたが、今は「定期的に」歯医者に行き、今の自分の口腔内の状況がどうなのか確認するようになりました。

もともと歯磨きは嫌いなタイプでしたが、意識を変えるには十分な苦労と時間の長さでした。

歯に強い執着心が芽生えた!他の人の歯並びも気になる!

食べられるものが増えた

上下のかみ合わせが悪い時、いつもかろうじて合わさる歯だけを使って食事していたので、片側だけに食事をまとめて噛んでいました。

そうすると全然噛めていないのに、適当に飲み込むことになる。

ただでさえいつ飲み込んだらいいかわからないホルモン焼きやもつ鍋が大の苦手でした。

でも今はしっかり左右の歯でかみ切れるので、噛み応えのある食材が口に入っている時のストレスがありません

入歯のCMではないですがしっかり噛めると本当においしくご飯が食べられます

 

まとめ:始めようと思った時が吉日

通っている歯科医によると、80代でも矯正している方もいるとのこと!

入歯や差し歯を気にせず、自分の歯でしっかりものが食べられるというのは、何歳になっても幸せなことだと思います。

矯正の必要な程度は人それぞれだと思いますが、時間とお金をかけてきれいな口元にする価値は十分にあると思います。

例えば挙式など特別なことがあって迷っている方は、その時だけ器具を外すことができる場合もあるので、ぜひまずはご相談と見積もりに行かれてはどうでしょうか。

 

-美容

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5