NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚 観劇レポ

月組公演SS席の記録とSS席の思い出

 

月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA」と「ピガール狂騒曲」の公演が無事に終わって、あっという間に約1か月過ぎておりました・・・

千秋楽をきちんと迎えられてほっとしたからかなー・・・(苦しい言い訳)

 

さて、無事にSS席に座ってまいりました。

久々にかなり至近距離で観劇しまして、五感フル稼働!

存分に楽しんできましたので、既におぼろげながら記憶を残しておきたいと思います。

 

SS席の記憶

今回は東京宝塚劇場の2列目センターに座らせていただきました。

コロナ対策で1列目の販売はなかったので、実質1列目。

これまでの‘本当の‘1列目だと、

つい舞台に見とれて無意識に足がぽっかり開いてしまう、

という恥ずかしい姿にならないように足元に注意を払わないといけなかったのですが、

その心配がなかったので良かった!(え)

 

さて、2列目というと、目の前には誰の頭もありません。

もうそれはそれは観やすい!

お化粧も細部の色使いやラインまでよく見えますし、

皆さんが銀橋にいらっしゃったときに肉眼で見えるお衣装の細かさなんて感動ものです。

表情も細部までよく見えますし、マイクを通さない声が聞こえたり、手をたたいた時に飛ぶお粉も見えます。

特に鏡の場面では、

れいこちゃん(月城かなと)の「はっ!」という声(吐息?)がよく聞こえてきましたし、

ペチペチと手を叩くところではお粉がふわっと舞っているのを肉眼で捉えられて、なんだか一緒に舞台に立っている気分・・・(ちがう)

疫病退散祈願の場面では、自分のためにお祓いしてくれているかのような気分になれて、なんてお得なの・・・

特に今回は日本物のショーだったこともあって、伏し目がちの表情が多いからか

はっ!こちらを見てくださっている・・・!

と存分に思い込むこともできました。

(いや、見てくださっていたに違いない・・・!)

中でも珠様(珠城りょう)はまんべんなく、ゆっくりと雅な表情で客席を見てくださって、さすがトップさんの目線使いだなぁと感動していました。(何様)

しかも、フィナーレでは珠様が香水をつけて登場されているようで、それがフワ~っと客席まで香ってきました。

大人っぽくセクシーに娘役さんに囲まれて踊るたま様とかぐわしい香り。

なんの香りか記録できる知識があれば・・・と思うのですが、とにかく高級そうな香りでした。(小学生か)

とにかく目にも鼻にもワクワクする最高の組み合わせで、

マスクで隠れてしまってすっかりお休み状態の鼻を呼び覚ましてクンクンしておりました。

 

敢えて言う、SS席のここがちょっと・・・

本当に楽しかったのですが、SS席に座るなら公演を何度か見た後がいいなぁと感じたのも事実。

もちろん座れるだけでありがたく尊いお席なのですが、やっぱりあまり内容を把握していない時に座ると全体のストーリーが分かりづらいですよね・・・。

あぁなんて贅沢なことを言ってるのだ、私は。

 

でも、近いがゆえに目の前のお芝居に注目しすぎて、花道近くのセリから上がって来る演出とかに気づきにくいんですよね。

そして特にパレードでは上手・下手にいる生徒さんは見えづらいですし、トップさんたちの羽の後ろ側に隠れる人も多くなってしまいます。

銀橋に並んだ時も、結構視野が狭くなるので、付近にお目当ての方がいない場合はかなり首をそちらに向ける必要があるかもしれません。

目の前の人を見ないとか失礼に感じてしまいますし。

 

そして極めつけは

「見てくれないと寂しい」(笑)

 

これ、私だけでしょうか・・・?

SS席に座った時の醍醐味って、肉眼で目が合っている気持ちを味わえることかと・・・(笑)

欲まみれの私はタカラジェンヌの目線を拾いに行くつもり観劇しているので、結構疲れました。

おそらくSS席の一番いいところって、同じSSでもきっともう少し後ろなんですよね。

よく考えてみれば、OGのスターさんが来た時も3列目以降な気がします。

あぁなんて贅沢なことを言ってるのだ、私は。

 

SS席の思い出

SS席のことについて書いていたら、数少ない経験ながらもいろんなことを思い出してきました。

以前、何かの公演でSS席3列目に座っていたら、開演少し前に同じ列に蘭寿とむさんが入っていらっしゃったことがありました。

観劇中もまゆさんが気になりすぎて、舞台とまゆさんをチラ見し続けるという意味不明の行動をした私。

あの時は全然舞台に集中できなかったけど、舞台からまゆさんに向ける皆さんの笑顔を浴びて私まで幸せな気分になったのは言うまでもありません。

 

そして、ちぎみゆ(早霧せいな・咲妃みゆ)退団の時もありがたいことにSS席の1列目に座ったのですが・・・

あの時はあまりにも卒業が悲しすぎて、雪組の皆が大好きすぎて、ショーのオープニングでみんなが銀橋を歌いながら渡っていく姿を追いながら号泣しました。

そして、ちぎちゃんは引いていた・・・気がする・・・(笑)

まぁ開演早々いい歳した大人があんなに顔グチャグチャで号泣してたら怖いよねぇ。

わかる。

でもそんな私にとっても優しい表情でこっちを見てくれたのがカリ様(煌羽レオ)だったなぁ・・・(遠い目)

 

トップさん退団の千秋楽では、明らかに業界人っぽいおじさん達が座っているのもSS席ならではですし、SS席っていろんな意味で面白い。

もちろん千秋楽には座れるわけもなく、私は2階席からオペラで客席をのぞいているだけですけどね。

 

SS席に座った時の感動はもちろん、思いがけず実はいろんな思い出があることを思い出してしまうのでした。

 

-たわごと, 宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5