NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

映像化に納得!星組「ロミオとジュリエット」B日程の観劇記録

2021年4月19日

行ってきましたーーー!!!

待ちに待った星組さんの「ロミオとジュリエット」!

もうね、一言で言って最高!でした。

初演のロミジュリが大好きだったので、比べちゃうかなぁ・・・なんて思っていましたが、

いい意味で全然ちがうロミジュリを見せていただけて大満足。

まさかB日程もブルーレイがでるとはびっくりしましたが、観劇してそのクオリティの高さに納得。

 

今回も役替わり公演でしたが、今回はこんな配役のB日程を観劇してきました。

ヴェローナ大公:遥斗勇帆

ピーター:輝咲玲央

ティボルト:瀬央ゆりあ

死:愛月ひかる

ベンヴォ―リオ:綺城ひか理

パリス伯爵:極美慎

マーキューシオ:天華えま

ジョン:天路そら

愛:希沙薫

さてさて、今回もとても貴重なチケットでBパターンも1回しか観られないので、

気になった方々を勝手に記しておきたいと思います。

 

ロミジュリ!

久々にロミジュリを観ましたが、ほんっとにいいですね!!

もう冒頭からパワーのぶつかり合いとダンスの迫力が、あっという間にヴェローナの町に連れて行ってくれます。

メインのお役は少ないけど、アンサンブルの皆から出てくるパワーもビリビリ感じる!

しかも星組といえば、普段から熱さが溢れる組。

髪型からの主張もかなり激しくて嬉しかったです!

 

愛月ひかる/死

Twitterでトレンド入りしてたという噂は聞いていたので、期待はしていたのですが、

ハッキリ言って期待以上でした!

やりすぎていないのにオーラを感じる絶妙な存在感。

マーキューシオやティボルトがいさかいで亡くなった時に、命を浴びて貪るような横顔の美しさに背筋がスッと寒くなりました。

愛ちゃんの超絶スタイルが着こなすお衣装のすそのヒラヒラと、

ストレートヘアーの揺れが絶妙にシンクロしているのも

人ではない何かを感じさせる不思議さがありました。

出てきた時にエリザベートのトートを思い浮かべた・・・

初演でも好きだった「僕は怖い」を歌うロミオとまとわりつく死。

そして後ろに映る二人の影。

このシーンはもともと大好きなのですが、

愛ちゃんが表現する人の心を操ってしまいそうな怪しい指先と、どんな体勢でも感情をたっぷり乗せて歌える琴ちゃんのロミオの力が相まって最高のシーンになっていました。

 

礼真琴/ロミオ

ロミオぴっったり!!!

若々しくて、可愛らしさもあって、優しそうで、目が潤んでキラキラしてて!

こんなロミオにキュルンッと見つめられたらそりゃ恋するよねぇ。ふぅ。

しかも声がいいんですよねー。

琴ちゃんが歌いだすと、ほんわか心が温まるような優しい気持ちになれて、ロミオの純粋さが伝わって来るようでした。

お衣装もモダンなパーカー?風のお衣装でしたが、ウェーブがかった髪型とも合っていてとても素敵でした!

 

瀬央ゆりあ/ティボルト

いやーびっくり。

かっこよかった!

個人的には凰稀かなめさんの頭いっちゃってる狂気的なティボルトのイメージが強かったのですが、

せおっちのティボルトは大事なキャピュレット家を守りたいと思う気持ちの強そうな、情にも厚そうなティボルトに見えました。

ちゃんと叔母さんの話も聞いてくれそうな感じ。

一族の大黒柱になれそうな安定感も感じたな~

とにかく衣装も髪型もとっても似合ってて素敵でした。

 

綺城ひか理/ベンヴォ―リオ・天華えま/マーキューシオ

あえて2人を一緒に挙げたのは、この2人だからこその空気感がすごくよかったから!

ぴーすけの心でガシガシ動いてしまうマーキューシオとあかさんの落ち着いた雰囲気がバランス取れているし、この二人の身長差もいいんですよねぇ!

(個人的にはキレやすい人は背が低いイメージ)(超偏見)

 

ぴーすけマーキューシオは髪の色も取り留めない感じでやんちゃさを感じると同時に、周りにも愛され、ロミオにも愛されているキャラクターをすごく感じることができました。

あかさんヴェンボーリオは上品さと理性を持ち合わせている感じがすごい出ていましたよね。

何より2人とも歌に安定感があって、琴ちゃんロミオと一緒に歌っても遜色なし!

それどころか3人の声にまとまりがあって仲間感をすごく感じました。

とっても良かったです!

 

有沙瞳/乳母

くらっちーーー!!大好き。

温かい人柄がでるような素敵な乳母でしたー!

これまで男役さんが乳母役をやられることが多かったと思いますが、

くらっちの乳母は身長は小さくても包みこむような歌声と優しい表情で懐の深さを感じました。

くらっちの歌声聞いているとなぜか涙がでてくるのよ・・・

 

舞空瞳/ジュリエット

可愛らしさ全開のジュリエットより、もっと自分の意見をしっかり持ったようなジュリエットが印象的でした。

でもそもそものひっとんがとってもキュートなので、可愛らしいお顔を見ているだけでニヤニヤしてしまいます。

顔が小さくて首が細くて長くて・・・本当に何を着ても似合うミラクル娘役。

霊廟でロミオが死んでしまったことに気づいた後のジュリエットの歌声や演技が痛々しくて、見ていて辛かった・・・。

でもめちゃくちゃ可愛かった(笑)

悲しみに暮れて歌っていても安定した歌声なので、世界に深く入り込めますー

 

フィナーレ

愛ちゃんがカッコよくて・・・心臓がバクバク(笑)

なんであんな青白い顔なのに、かっこいいの!!

娘役はべらしているのが似合ってしょうがない!

そして、琴ちゃんとひっとんのデュエダンが高速すぎてびっくり。

高速なのにシンクロしていて、二人の身体能力の高さを実感しますね。

 

身体能力といえば・・・

フィナーレでミニスカートから出るひっとんの脚に注目。

細いのに筋肉ムキムキっ!

この筋肉があるからあの美しいスカートさばきをしながら踊れるんでしょうね。

カッコいい!

 

惜しむらくは・・・

生オーケストラで観たかった!と心から思いました。

生オケだと指揮者の先生が舞台をみて演者に合わせてタクトを振ってくれるので、歌声の伸びなどに合わせて盛り上げてくれるんですよね。

しょうがないことですが、録音だとどうしても歌い終わった後、余韻もそこそこに場面転換に入ってしまう気がしました。

 

5月にはAパターンを観る予定ですが、今の星組はとても層が厚いのでまた違ったロミジュリに出会えるだろうと今からわくわくしています!

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5