NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

2021年6月9日

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます!

ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。

最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。

ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ!

今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、

お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。

 

ざっくり公演の感想を

さて、今回のお芝居はお衣装も可愛くて、登場人物の紹介なんかもまるで絵本の中に入ったような感覚になるファンタジー

でも内容は意外と大人向けかも

タネもしかけもあるいわゆる「マジシャン」国に来た本物の魔法使いであるあーさが、大人になると忘れてしまいそうな「想像力」の尊さを教えてくれます。

 

そして個人的に何よりグサリと来たのは、「分からないから怖い」という感覚。

マジシャンの国にきた本物の魔法使いの登場に動揺したマジシャンたちは、自分たちの理解できないことを受け入れることができない。そして、最後は彼を恐怖と思い消し去ろうとする。

普段の生活でもこんな感覚に覚えが・・・。

でも自然の中には説明つかないことがたくさんあるし、それって面白くて素晴らしいことだよね?

ファンタジーらしく、可愛いお衣装と振り付けでダンスを踊るシーンを思い出すと、物事の捉え方ひとつで自分の可能性を広げられることを教えてくれたような気がします。

 

気になった方たちを勝手にご紹介

アダム/朝美絢

まずは主人公のあーさ。

今回はみんな大好き金髪のあーさが拝めます。

どんな服を着ていてもにじみ出る王子様級のキラキラ感。

1幕の勇者みたいな恰好もいいけれど、2幕で出てきたときのまぶしさと言ったら!

白ティーに紺色のジャケット、オリーブ色のパンツをブーツにイン。

爽やか過ぎて本気でクラクラしました(笑)

でもさすが男役12年。発するセリフ一言ひとことにしっかり重みがあります。

そして等身大の優しさを感じる・・・。

勝手な感覚ですけど、ヒロイン役のジェインや相棒の犬のモプシーに対しての態度や視線がとてもあたたかくて、きっと普段からそんな感じなんだろな~と感じます。

ちなみに、今回びっくりしたのが、お芝居の最後にもあーさがいて、ショーの最初にもあーさが出てきたこと。

拍手をしながら確かに少し長いなぁーとは思いましたが、まさか一人目とは。

舞台裏はめちゃくちゃ忙しかったと思いますが、とっても輝いていましたね。

 

ジェイン/野々花ひまり

とにかく声が好き。

優しくてキュートでハリのある声がファンタジーに向いているなぁと思いました。

今回のお芝居は、ある意味ジェインの成長の物語でもあります。

だから、しっかりと世界観を作らないと物語自体の力が弱まると思うのですが、しっかりひまりちゃんらしさのあるジェインを作り上げていらっしゃったので、安心してストーリーに入り込めました。

個人的には親友、と言ってたワン・メイ役のみちるちゃんとのお芝居が、本当に仲の良い二人の雰囲気がでていて微笑ましくてニヤニヤしておりました。

 

モプシー/縣千

モプシー最高でした!

うちにもモプシー欲しい!!と思った方は私だけではないはず。

四つん這いになったり、飛んだり跳ねたりはさすがの運動神経だわ~と思いましたが、犬の鳴きまねがここまでうまいことは想定外(笑)

とにかくずっと手の指を内側に握って「犬の前足状態」にしていて、それでおもちゃのピアノを弾いたり、シンバルみたいに手を合わせたり・・・とにかく可愛い!

それに尽きる(笑)

アダムだけに分かるように「話せる犬」なので発言も自由なのですが、飾らない性格でちょこちょこと呟く言葉が物語でもいいスパイスとなっていました。

なのにですね・・・フィナーレがもう。

超引き締まったお顔でギャップ中のギャップを発揮していました。

あまり宝塚を観ていなかったら、「どこにモプシーの人いた?」ってなったと思います。

しっかりと今公演の2番手さんとして色気と怪しさと宝塚の男役らしいかっこよさを見せつけてくれて、まんまとキャーキャーしてしまいました(笑)

 

ニニアン/華世京

臆病者のマジシャンの役でしたが、無理のない等身大な感じがしてよかったです!

歌も堂々としていて声も良く出ていて・・・

で、誰?

と思ったら初舞台はピガール・・・2020年9月ですって・・・?!

えーーーーーーー!!106期?!研2?!外箱ですでに3番手なんて凄すぎますね。

正直黒燕尾はあがちんにロックオンしていたので、全然見ていなかったのですがダンスもお上手みたいですね。

これからどうなっていくのか楽しみにしています!

 

ファーティマ他たくさん/羽織夕夏

雪組公演でいっつも私の視線を奪う子。はおりん。

今回は上手側での登場シーンが多かったですが、ファーティマ以外にもたくさんのお役をされています。

可愛いお顔と抜群のスタイルと立ち姿。ダンスも上手なはおりんの着せ替えを存分に楽しませてもらいました!

牧場でのニワトリの姿はキュートだったし、アダムが蝶を自在に扱えるとして出てきた蝶の姿も美しすぎました。彼女を見ているとハッピーな気持ちになって頬が緩むし、美脚をみて眼福にもなれる。

今回は披露する場がなかったですが、歌も上手な娘役さん。

なぜ、はおりんが新公ヒロインとかさせてもらえないんだろうか・・・謎。

 

最高に可愛かったシーンと千風カレン様

私は基本的に可愛い雪娘が大好きなんですが、今回の公演でもたくさん可愛い場面があります。

私は特に2幕の牧場での蜂登場のシーンに可愛すぎてキュンキュンしてしまいました(笑)

お衣装も可愛いのですが、歌詞も可愛くて、ブンブン、チクチクチクチクと歌うミツバチたち。

下級生娘役さんたちはそれだけでも可愛いのですが、そこにスパイスを加えるベテラン。

そう。女王蜂はきゃれん姉さん(千風カレン)。

少し前まで市長の奥様をしていたと思ってたらミツバチにもなれる。(笑)

こういう幅の広い娘役さんって本当に貴重。

大好きです。

 

あーさの凱旋あいさつ

うろ覚えですが、きゃれん姉さんから

「(あーさは鎌倉出身なので)浜っ子ならぬ鎌っ子」とご紹介。

凄く嬉しそうな表情でご挨拶していました。

他の挨拶でも聞きますが、あーさもこの公演はお客様が入って初めて完成するものだと思ったという旨のことを言っていたのと同時に、KAATでの公演が初めてだそうで、3階まであるその広さに驚いていました。

そして、横浜にはお休みの日に一張羅を着て意気揚々と遊びに来ていた青春の思い出・・・

を語っていたら、斜め後ろにいたりーしゃさん(透真かずき:東京都出身)が笑ってるー!

という和気あいあいとした雰囲気でした。

そんな中でも最後まで犬の前足を貫く縣千・・・可愛すぎる!(あがちんばかり観てる私)

 

何回も観に行くことは叶いませんが、きっと観れば観るほど味がでる公演だと思いますし、大人だからこそ考えさせられることも多い公演だと思います。

あーさも言っていましたが「健康第一」で最後まで駆け抜けて欲しいと思います。

 

余談:お昼ご飯

完全に余談ですが・・・お昼ご飯は劇場から歩いて2~3分?の場所にある「ザ・ホフブロウ」さんで頂きました。

看板メニューである「スパピザ」をオーダー。

平日のランチセットには、スープとサラダもついています。

鉄板に乗ったミートパスタはミートだけじゃなく、ホタテとエビが入っててびっくり!

上にはこれでもか!ってほどのチーズがたんまりかかっていて、鉄板でカリカリになったところを食べるのがまた美味しい。

今は緊急事態宣言中でアルコールの提供をしていませんでしたが、絶対ビールと合わせたいやつでした!

女性一人分としては結構ボリュームもありましたし、おひとり様ならカウンターもあるので少し早めにここでランチ、おススメです。

 

-宝塚, 情報, 観劇レポ
-,

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5