NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

暮らし

【情報】ポリグロットから学ぶ語学学習の4つのコツは一般人でもできるシンプルなことだったらしい

2020年6月13日

一番長く勉強しているはずの英語ですが、苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか。

私も中国語は数年で話せるようになったのに、なぜかずっと英語には苦手意識がありました。

どうしたら英語が上達するのかを探るため、Polyglot(ポリグロット)と呼ばれる何か国語も流暢に話せるマルチリンガルの方の秘訣を探ってみることにしました。

そこで分かったのは、いくつかの学び方があるにせよ、少なくとも4つの共通点です。

それは

  • 楽しんで学べる方法をとる
  • 反復練習をする
  • 完璧でなくても気にしない
  • 自分の周りに学ぶ語学に触れる機会を持つ

中国語を身に着けるための習慣でやっていたことが含まれていたので妙に納得・・・

その記事はこちら!

中国語会話上達のための簡単だけど習慣にすると役立つ3つのこと

中国語の会話、特に発音は他の言語と比べても難しいといわれますよね。 日本語の発音では使わない音がたくさんありますし、あまり抑揚のない話し方をするのに慣れているので余計に中国語の発音は難しいと思います。 ...

続きを見る

 

今回、何人かのPolyglot(ポリグロット)の言語学習方法を見ていく中で、Steave Kaufmann(スティーブ カウフマン)さんとLydia Machova(リディア・マホヴァ)、お二人のアドバイスと方法が非常に心に響いたので、ご紹介したいと思います。

二人はやっぱり神の領域ですけどね(笑)

Steave Kaufmann(スティーブ カウフマン)さんの場合

ポリグロットといえば、この方を置いて右に出る人は今いないと思います。

一番有名な多言語話者の方。

英語が母国語の方ですが、いつでも簡単に話せるのが10~12か国語、すこし復習すれば普通にはなせるのが9か国語くらい、とのこと。

反復練習が大切

最初は基本の構造を繰り返して学ぶことが必要だそうです。

程度フレーズが使えるようになるには、特に動詞をしっかり覚える必要があります

言語によって違うらしいですが、3-6か月するとある程度慣れてくるそうです。

覚えて忘れて、を繰り返すことが必要

12か国語も簡単に話せるスティーブさんでさえ、忘れることは避けられないそうです。

しかも研究によると、覚えた後に忘れる、そしてまた覚える方が定着するとか。

だから忘れないように、とフレーズ暗記ばかりしているよりも、覚えてから別のことをやって、忘れて、また覚える、というように、どんどん進んで、また戻ればいいとのこと。

興味を持つことをする

動詞をたくさんインプットして、ある程度基本の構造が分かるようになった後は面白いもの(ネットフリックスや漫画)などを見つけることが大切だそうです。

ずっと同じことを繰り返していると、脳が疲れてくるので、次は楽しいことを見つけてそれに取り組めば、飽きて辞めてしまうことも防げるということですね。

自分の身の回りに関係することは話せる

日本で生活している中で、仕事上の取引の話は何でもできたそうですが、日本の映画を見ても分からなかったそうです。

なぜかというと、仕事に関することなら背景も分かっているので全部わかるけど、映画の中の恋愛や話すスピード、時に映画のダイアログは不自然なこともあるからだそうです。

以前に書いた記事「中級レベルの実務中国語 こんな風に意識して仕事してますの3つのポイント」にもありますが、私が中級レベルの中国語でも仕事ができるのはこういうことだったんだと、納得しました。

完璧に話せる必要はない

100%間違いなく話せることは全くムリ!だそうです(笑)

どんなに上手でもネイティブが聞けば違うことはわかるし、言葉はあくまでコミュニケーションのツールなのだから、そもそも完璧に話せる必要はないとのこと

いくつかの言葉を話せる人は、「あいまいさ」に抵抗がなく、分からなければもう一度聞けばいいという姿勢とのこと。

インプットとアウトプットのバランス

スティーブさんは、最初の3か月はある程度インプット中心にして、段々とアウトプットの機会を増やしていくことが有効と言っています。

ただ、最終的にうまく話しができるようになるには、やはりたくさん話をしなければならないので、問題は最初の3か月でどれくらいやるかではなく、1年後にどれくらい話できるか、ということにフォーカスした方がいいとのこと

発音はリズムトレーニングが大事

一つずつの単語を話せることよりも、全体の文章として言葉のリズムを把握することの方が大事と言っています。

リズムが正しければ発音は少しずつ合ってくるし、話せるようになるそうです。

聞き流しを有効的に活用する

全部を理解できる必要はないけれど、分からなくても調べる方法があるなら有効に使えるそうです。

最初の3か月は、割と簡単なものを何回も繰り返して聞いたり、読んだりする必要があるけれど、ある程度の知識や能力をもっていたら、何回も繰り返さずどんどん新しいものを取り入れて、分からないときに調べる方がいいそうです。

また、何かをしながらの方が取り入れやすくて続けやすいので、デスクに座ってじっと聞く必要はないとのこと。

感情的な部分も理解力と記憶力に影響されるそうなので、好きな内容だったり、好きな声を聴くことも有効だそうです。

語学に年齢は関係ない

60歳以降に学んだ言葉の数は60歳以前に学んだ数よりも多いらしいです・・・。

しかも、言葉を覚える速度や能力は50年前よりも向上しているとのこと。

幼少期なら違うけど、15歳、30歳でも70歳でも変わらないらしいです(笑)

Lydia Machova(リディア・マホヴァ)さんの場合

TEDで公演されている、世界的にも有名な女性です。

彼女のホームページによると7ヶ国語(英語、ドイツ語、スペイン語、ポーランド語、フランス語、ロシア語、エスペラント語)は流暢に話せるそうです。

ちなみに、過去に勉強したスロバキアの手話は忘れてしまったものの、現在は9ヶ国語目のスワヒリ語を勉強中だとか!

なんと2年に1ヶ国語のペースで学んでいるそうです。

ここまでくると凄すぎて何もヒントになる気がしませんが、彼女曰くこれは才能ではないとのこと。

適切に4つの原則にのっとれば、多言語習得は可能だと言っています。

4つの原則とは

学ぶ過程を楽しむ

退屈な教科書を読むのではなく、自分の好きな小説(ハリーポッター)の外国語版を読んだり、大好きなTVドラマ(フレンズ)を見たりしていたそうです。

学習としてではなく、自分が毎日やりたくなるような活動に変えることが大切とのこと。

私の中国語は、以前書いた記事「中国語会話上達のための簡単だけど習慣にすると役立つ3つのこと」にもあるように楽しんで習慣にしていたので身についたんですね。

効果的な方法をとる

単語を長期的に記憶にとどめたいなら、やはり数日ごとに繰り返し復習する必要があるそうです。

学習を約束事にする

いつもより15分早く起きて単語の復習をしたり、通勤の時には必ずポッドキャストを聞いたり、と自分の中で学習することを約束事にする方がいいそうです。

特別に学習する時間を作らず出来ることを生活の中に組み込むことが、無理に頑張らずし継続して勉強できるコツみたいです。

辛抱すること

すぐに流暢に話すことはできないです。

でも、楽しめる方法で少しずつ取り組み成功体験を積むことが必要だそうです。

「わかる」という小さな成功体験をどんどん経験することがモチベーションにつながるっていうこと、よく分かりますよね。

「The easiest way to improve your grammar(文法を上達させるもっとも簡単な方法)」

何か更なる秘訣はないか、google先生の力も借りながらブログも読んでみました。

その中に興味深いタイトルを発見!

その答えは・・・本屋に行き、たくさんあるすばらしい本の中から、特に学生がある程度のレベルに上達するために用意された練習問題を使用すること、と。

そして、フランス語、ドイツ語、スペイン語については、彼女のおススメの練習問題のタイトルが掲載されています。

やはり近道などなく、反復して練習をしていくことが大切ということですね。

まとめ:才能以上に大切なこと

何か国語も話せるなんて頭の構造が違うんだと思っていました。

確かに多少は違うかもしれないですが、それよりも大切なことは心がけと行動でなんとかなるかもしれない、と正直思わせてもらいました。

中国語は勉強してても楽しかったですし、好きだからこそいつでも触れていました。

すこし話せるようになれば、失敗も恐れずいろんな中国人に話しかけていました。

でも、英語は義務教育で勉強している言語だということもあり、間違えたら恥ずかしい、という気持ちが先に来てしまっていることに気づきました。

反復練習や環境を作ることは、自分でもなんとかできることのはず。

そう思って英語に取り組んでいきたいと思います。

-暮らし
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5