NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報

宝塚娘役が私服で着ているワンピース 実はアラフォー向けブランド

2020年7月12日

7月17日(金)より、ついに大劇場公演がスタートしますね。

れいちゃん(柚香光さん)のお披露目がやっとやっとお目見えです!

観には行けないけど、そのニュースだけでこんなにうれしい気持ちになるなんて!

やっぱり私は宝塚が好きなんだな~

 

そんな中、大劇場で有志の皆さんが参加した「OUR FAVORITE TAKARAZUKA」や100期生が中心となって撮影された「宝塚歌劇より、劇場へご来場いただくお客様へのお願い」の映像が、公式ページやインスタでアップされましたね。

 

さて、私はこの映像を見て可愛い娘役さんたちのお洋服を楽しんでおりました

宝塚は基本的にセルフプロデュースなので、娘役たちの私服コーディネートで楽しみも倍増!

特にトップ娘役たちが「OUR FAVORITE TAKARAZUKA」の際に、組カラーでコーディネートしてきたときは、胸が躍りました(笑)

 

可愛いなぁ、もっと若かったらこんな風に着られたかな~

なんて思ったことはありませんか?

私はあります(笑)

 

今回は、娘役さんが来ていたレースワンピースから30代後半、40代でも素敵に着られるブランドをご紹介します。

ちょっとしたお出かけやパーティ、子供さんのお受験や仕事のプレゼンテーションなど少しきちんとして見せたい時にも使えるものもありますので、少しでもご参考になれば幸いです。

 

娘役さんたちの着こなし

娘役さんの可愛さといえば、カラーワンピース。

可憐で守ってあげたくなるような可愛さですよね。

「OUR FAVORITE TAKARAZUKA」では星組トップ娘役のひっとん(舞空瞳)が、「宝塚歌劇より、劇場へご来場いただくお客様へのお願い」ではじゅんはなちゃん(潤花)が着ていたのは実は同じ「CELFORD(セルフォード)」というブランド

ひっとんは組カラーである青(水色)に黒のリボンでウエストマークされた半そでワンピース、

一番左から舞空瞳、星加是まどか、真彩希帆、美園さくら、華優希

 

じゅんはなちゃんは長袖の袖が広がった黄色のワンピースでしたね。

潤花

 

 

CELFORD(セルフォード)とは?

大人のオケージョンスタイルに向けたブランド

今回ひっとんとじゅんはなちゃんが着ていたのはCELFORD(セルフォード)のワンピース

色違いだとこんな感じ。

CELFORDは女性雑誌のVERY(ベリー)、CLASSY.(クラッシー)、STORY(ストーリー)などに掲載されているブランド。

つまり、20代後半から30代はもちろん、40代までしっかり射程圏内にはいったブランドということになりますね。

カラフルなのも可愛いですが、基本は大人に向けて作られているお洋服なので、色選びや髪型、合わせる小物でしっかり大人っぽく着こなせます

 

ブランドのコンセプトはファーストレディ

“THE FIRST LADY” がブランドのコンセプト。

デザイン、スタイリング、エレガンス、そしてメッセージ。
各国のオリジナリティとプライドが詰まったファーストレディーファッション。
ブランドに触れ合った瞬間に、気品と華を届けます。

CELFORD公式ページより

とのことで、ファーストレディのような洗練されたスタイリングを得意としています。

以前、石原さとみさんが出演した「高嶺の花」というドラマの中で、天才華道家 月島ももが着用していたことでも話題になったそうです。

上品さのブランドイメージとマッチしてますね!

 

シルエットは肉感を拾わない

このブランドのメインとなるのは女性の体を美しく見せるフィット&フレアーのシルエット。

私も着た事がありますが、上半身は適度に身体に沿う“フィット”の部分、下半身にかけてふわりとボリュームのあるところを隠してくれる“フレア”のバランスがあるワンピースです。

特に40代間近になると気になるが二の腕の太さ。

でもそんなアラもレースでしっかり隠してくれているので、1枚で着ても見苦しくなりませんし、膝小僧が隠れる長さなので、上品に見せてくれます。

 

ワンピースの金額

デザインも大人っぽくて、流行も程よく追いかけ、素材にもこだわり、縫製も問題なし・・・

とくれば気になるのが金額。

実はセールを使えば1万円台から購入できてしまいますし、高くても3万円台!

もし3万円のワンピースを買ったとしても、1年に10回着れば1回3,000円。

しかも突然お呼ばれがあっても動じる必要がない、と思えばお値段以上です!

レースは着こなし次第で1年中着られる

春夏はそのまま来ても素敵ですが、ちょっと涼しくなったらジャケットでも似合いますよね。

秋が深まればライダースを合わせて甘×辛のコーデなんていうのも素敵です。

そして、冬になるとますます出番が増えるかもしれません。

以前私の好きなスタイリストの大草直子さんが、冬のレースワンピースについてこうおっしゃってました。

防寒のため、しっかりとした生地が多い、冬の服。さらに、アウターを羽織るとなると、どうしたって重たくなってしまいます。そんなとき、レースのアイテムを投入したら? コーディネートを軽やかにしてくれるだけでなく、繊細さと艶っぽさも足してくれます。

PLST magazineより

1年を通して着られるレースワンピは楽ちんなのに、ちょっと素敵に見せたい時にピッタリですよね!

 

まとめ:娘役の私服からヒントをもらう

ちょっとおめかししたい時、もう20代とは違う大人な恰好がしたいですよね。

でも痛々しい恰好もしたくないし、あまり高いものを買っても出番がないのは残念。

1枚で楽に着られるのに、簡単に素敵に見えるレースワンピは一枚持っていると重宝すること間違いなしです!

こちらの記事もどうぞ。

上半身だけでも華やかに!宝塚娘役の番組での私服からの学び

先週のタカラヅカニュースの中で放送されていた、星組娘役の「ときめき♡moment」のコーナーは、くらっち(有沙瞳)とまめちゃん(桜庭舞)でしたね。 雪組時代によく見ていたお二人だったので、ふわふわニコ ...

続きを見る

-宝塚, 情報
-,

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5