NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 情報

【情報】宝塚歌劇公式情報誌 歌劇と宝塚GRAPHの特徴と違い おススメポイントから買取情報まで

2020年6月9日

コロナの影響で公演が中止であることもあり、宝塚歌劇団公式のSNSからたくさんの情報を得ることが出来るようになりましたよね。

最近は過去の舞台を少し見ることができたりして、きっと興味を持った方もいらっしゃるのではないかなーと思います。

そこで少しでも多く「宝塚歌劇団やタカラジェンヌの情報に触れたい!」と思ったら、ぜひ宝塚歌劇団公式のメディアをチェックすることをおススメします。

今回は、公式出版物の「歌劇」と「宝塚グラフ」の

  • 各出版物の特徴やおススメポイント
  • 購入方法
  • 読み終わった後の出版物の買取

についてご紹介いたします。

きっと更に深く、そしていろんな角度から、たくさんの生徒さんの生態に触れることが出来ますよ。

 

映像や音で情報収集をしたい方はこちら!

【情報】宝塚スカイステージ(スカステ)やカフェブレイクなど宝塚の情報収集に欠かせないメディア

宝塚歌劇が気になるようになったら、タカラジェンヌの情報をいろいろと集めたくなりますよね。 現在はコロナという非常事態が発生したために、You TubeやインスタなどのSNSでも公式に映像が見られるよう ...

続きを見る

 

 

 

 

歌劇

基本情報

毎月1回、5日に発売、定価750円で販売しています。

A5サイズ(21cm×14.8cm)でバックにすっぽり入るので、持ち歩きにもぴったりです。

特徴

前半はポートレートなどのビジュアル満載、後半は公演についての座談会や組の情報など読み物満載の1冊。

タカラジェンヌの華やかさは巻頭からのポートレートなどのビジュアルで堪能できます。

また、宝塚劇場公演の舞台写真が載っているので、これから東京の劇場で観劇する方たちはちょっとした予習も出来ますよ

(逆に言えば少しネタばれするところがありますけどね)

公演について役創りや意気込みを出演者の生徒さんたちが語る「座談会」の「楽屋取材」も観劇前後の予習復習に楽しいです。

おススメポイント

歌劇といえばやはり生徒さん自身が執筆する「えと文」や「組レポ。」が一番の魅力ではないでしょうか。

えと文

花月雪星宙の各組から、いわゆる「編集のお姉さん」に選ばれた生徒さんが3ヶ月担当し、自分の組でのあれやこれやをネタに執筆してくれるとても貴重なコーナー

いろんな学年の方に担当する機会があるので、普段メディアに出ることが多い上級生さんだけでなく、下級生のお話が聞けたりするのも魅力。

舞台袖のお話や組の中で流行っている物についてだったり、誕生日会やクリスマスパーティーの様子などの話が読めるのも面白いです。

なかなか裏話を聞く機会ってないですもんね。

ちなみに「えと文」というコーナー名の通り、担当する生徒さんや同じ組の方が描いた挿し絵を楽しむこともできます。

すっごく上手な方もたくさんいるのですが、時々「画伯(決して上手ではないけど、時にキモ可愛い、味のある絵を書く生徒さん)」を発見できるのも面白いところ。

ちなみに原稿はおそらく2000文字以上あるものと思われるので、担当になると皆さんネタを探すために奔走されているようです(笑)

組レポ。

こちらも同じく生徒さんが担当されていますが、3ヶ月のローテーションではなく、交代は不定期のような気がしますね。

かなり長く担当されている方もいます。

2020年3月に卒業された、元雪組の早花まこさん(きゃびい様)は卓越した文章力と目の付け所で、いつも美味しく組子を調理していたのでとても人気がありました。

私自身も一時期、歌劇を購入したらまず真っ先にきゃびい様のページに飛んでいっていたことを思い出します・・・。

「組レポ。」は質問を募集しているので、採用されれば担当されている生徒さんが代わりに質問をしてくれて、その答えとやり取りが誌面に掲載される、というコーナー

特定の生徒さん宛の質問だけでなく、組宛の質問も受け付けていますし、組の中でたくさんの人にインタビューしてくださることが多いので、組の雰囲気が伝わってくるのも魅力です。

 

宝塚GRAPH(グラフ)

基本情報

毎月1回、20日に発売、定価750円で販売しています。

こちらはサイズの呼び方不明ですが、25.7cm×21cm。

高さはありませんが、幅は少しA4よりも大きめです。

特徴

タカラジェンヌといえば、これ以上ないくらいビジュアルでアピールにすることに長けた方たちなので、見所はありすぎるくらいあるのですが、グラフは更にビジュアルを堪能するのに適しています

グラフの表紙も歌劇同様にトップスター、トップ娘役、2番手男役スターがメインに表紙を飾ります。

いつもは接点のない違う組の二人が一緒に表紙に登場することもあります。

特にトップ娘役と2番手男役スターが一緒に写っている時は、なんだかドキドキ。

手を繋いだり、ほほを寄せ合った写真をみると、いけないものを見てしまったかのような気持ちになります(笑)

ページ一面に、超ドアップの美しすぎるお顔の写真が突然でてきたりすることもあるので、心してめくることをおススメします。

歌劇と同様に、舞台写真もふんだんに載っていますが、サイズも大きいですし、同じシーンでも歌劇とは違う角度やタイミングのものが掲載されているので楽しめます。

おススメポイント

衣装の紹介コーナー

個人的にとても好きなのが、トップスターとトップ娘役が公演内で使用しているお衣装を紹介するコーナー。

舞台上だとじっくり見ることができない衣装のスパンコールやこだわりの詰まったデザインや装飾、そして衣装に合わせたイヤーカフやアクセサリー、靴、髪飾りなどなど!ご本人の解説付きで紹介されています。

公演を見た後でも見る前でも見ておくときっと更に舞台で見たとき感激します!

オフ写真の紹介コーナー

他にもオフのすごし方やお部屋の様子、好きなものなどを写真付きで紹介するコーナーもとっても楽しいです。

2020年はGRAVELというコーナーでトップさんや2番手男役さんたちが、家の中の癒しスポットを写真つきで公開してくれています。

お気に入りの私物を見る機会ってなかなかないですよね!

こういうのが好きなんだ!とかこんなの使っているんだ、私も使ってみよう!とかテンションあがります(笑)

他にも#Insta GRAPHのコーナーでは下級生たちのプライベートショットやお気に入りの写真が公開されていて、ちょっとだけ素の生徒さんの姿を見ることができて癒されます。

入学までの生い立ち漫画コーナー

最後に、これもいつも楽しみにしているモノクロページの「波瀾爆笑!?我が人生」というコーナー。

こちらは、ますっくさんという方が生徒さんのお話を漫画に起こして、幼少時代から宝塚音楽学校へ入学するまでを紹介しているコーナー。

今は華やかな舞台で頑張っている生徒さんが、どういう幼少時代や学生時代をすごして、どういうきっかけで宝塚を目指すようになったのか、どれだけ頑張ってきたのかが可愛いイラストで綴られています。

いろんなきっかけがあったり、親に大反対されたのを乗り越えてきたり、とみんな違っているので、生徒さんのことをもっと知りたいファンにはたまりません

 

歌劇も宝塚グラフも定期購読可能

大手の本屋さんであれば、歌劇もグラフも入手可能です。

エンタメ、映画、音楽などのコーナーにありますね。

公式ショップのキャトルレーヴはもちろん、アマゾンなどの通販サイトでも購入可能ですが、もし気に入ったら定期購読がおススメです。

発行元の宝塚クリエイティブアーツに申し込みすると、送料無料で自宅に届けてくれます。

雨にぬれないようにちゃんとビニールにくるまれていますので、ご安心ください。

これは私の経験上で地域によっては絶対ではないですが、いつも発売日より前に届いていますので、発売前にちょっとお先にチェックすることも出来るかも?!

定期購読のご案内

 

歌劇や宝塚グラフの買取

気がついたら本棚が歌劇やグラフいっぱい、ということありますよね。

私は歌劇もグラフも定期購読しているので、年間24冊というスピードでたまっていきます。

もう置くところがないので手放したい、と思われる方は2つの方法があると思います。

宝塚アン

宝塚歌劇やその他ミュージカルグッズなどの買取と販売をしている専門店です。

店舗は宝塚大劇場の近くのセルカ2番街の2階と有楽町駅前の交通会館ビルの中、合計2箇所あります。

今はOGとなられた方々の懐かしいグッズや書籍、DVDなどがあるので、探し物がある時に行かれるのもおススメ

買取は実際に店舗に持ち込んでもいいですし、商品点数が30点以上、ブルーレイまたはDVDが3枚以上なら所定の方法で着払いでも受け付けてもらえます

宝塚アン買取案内

私自身も持ち込んだ経験があります。

その際は歌劇やグラフだけでなく、ポスターやサイン色紙などもあったので正確な金額は分かりません。

しかし、付録のシールを使用せず、折り目が少ない状態でも買取金額は想像していたよりかなり安かった覚えがあります

ただ、よっぽど状態の悪いものでなければ引き取ってくださるので(買取NGのものもありますので、サイトをご確認ください)安くても処分したいという方には向いていると思います。

 

フリマアプリ

こちらでは個人で出品し値付けするので、欲しい方がいれば一冊からでも買い取っていただくことが可能ですね。

個人的にはまだ現役の生徒さんが掲載されているものであれば、こちらに出品した方が高く買い取ってもらえると思います

ただ、本当に買ったばかりのピカピカの新しいものを出品するのではないなら、1月号~12月号まで1年をセット販売するといいと思います

もし、宝塚を好きになったばかりだったり、お目当ての生徒さんが出来ると、過去にさかのぼって全部読んでみたいけど定価で買うのはもったいない!って思いますよね。

そういう方の需要に応えることができます。

ちなみに、このやり方で出品したところ、送料はかかりましたが、それでも宝塚アンで買い取ってもらったより高額で引き取ってもらえました。

 

まとめ

基本的に表紙以外のポートレートは、生徒自身が髪型、化粧、洋服を全てセルフプロデュースします。

どこでこんな服買うんだろ、一般人は絶対に着こなせないわ・・・という姿にであったり、舞台上だけでは分からなかった文才にであったり。

いつもとは違う角度からの生徒さんを発見できる面白さがあります。

ぜひ機会があったらお手にとって見てください!

 

 

 

-宝塚, 情報

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5