NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚

【全組】宝塚OGの動画を見て~組の特徴や現トップさんたちの魅力を独断と偏見でご紹介

2020年5月29日

実は今日、私が心も身体も財産もなげうって(半分マジ)どっぷりはまっていた時代の宝塚OG、元トップスターとトップ娘役の方々がYou Tubeで歌い継いだ動画がアップされました

ちょうど2014年に宝塚歌劇が100周年を迎えたころ、トップコンビと2番手さんだった方たちがメインです。

Our song for you -また会える日まで-『青い星の上で』

You tubeへのリンクはこちら

楽曲はもちろんのこと、構成や編集が本当に素敵で尊すぎます!!

感動しすぎて胸熱・・・泣きました

今回は、この勝手な感動に任せて、現在の宝塚歌劇の組編成の魅力と各組について独断と偏見満載で紹介したいと思います。

宝塚のトップスターが揃うことはめったにない

今回なぜ私がこんなに感動してオイオイ泣いたか。

基本的に、宝塚は兵庫と東京で常に公演を行っています。毎年年末に行われるタカラヅカスペシャルという祭りは宝塚大劇場で開催されますが、その時に東京宝塚劇場で公演をしている組は参加できません。

つまり、年末の祭りでさえ5組のトップさんが揃うことはないわけです。

(100周年の時は特別出演や式典や中継などいろいろありましたけど・・・次に見られるのは150周年か200周年?笑)

そのように、5組のトップコンビが揃うことさえ珍しいのに、この動画では時を越えて1つ前、2つ前のトップコンビまでも一緒に歌っているわけです!

コロナだから叶ったと思うと・・・不謹慎かもしれないけどやっぱり嬉しい

宝塚歌劇団の組というもの

宝塚歌劇団の生徒は全体で約400名います。

この約400名が花(はな)・月(つき)・雪(ゆき)・星(ほし)・宙(そら)の5組と専科(せんか)と呼ばれる玄人集団にそれぞれ所属しています。

組にはこれまでの先輩方から受け継いできたイメージを大切にしながら、その時々の組の顔であるトップスターさんのイメージによって変わっていくところがまた魅力。

宝塚ファン必携!これを見れば組ごとに所属している生徒さんが分かる!

専科

芝居のプロフェッショナル集団。

かつては5組のどこかに所属しながらその技術を磨き、専科に異動後は他の5組の公演に出演します。

その芸の域に達するまではやはり時間もかかるため、高齢の役に付くことが多いですが、実力があるので、上辺だけではなく深みのある芝居に場面がギュっと締まります

もはやどこから見ても男性にしか思えない・・・という轟悠さんのように、ど真ん中に立って現役トップスター顔負けで主役として活躍されている方もいます。

こういう方たちが背中で芸と人柄を見せて、下級生は刺激を受けるんですよね。

私はいつも温かいお芝居をされる英真なおき様が好きです。

花組

組カラーはピンク。

組制度が始まった1921年に出来た最初の組なのもあって、伝統とかとかを生徒も背負い、体現している組だと思います。

特に男役が大階段に並んで、燕尾服の襟を持って踊る時のそろい具合はぴかイチ

黒燕尾の群舞は欠かせない宝塚の魅力ですからね!

2019年に新たに就任した柚香光様も彫刻のようなお顔立ちをプラス驚異的な身体能力から繰り出されるダンス、そしてオラついてても根の優しさを感じるその姿で組を率いていかれることと思います!

ちなみに、花組はいつもチケットが取れないので観劇回数少なめ・・・一人にロックオンするともったいないので、全体を観て楽しんでいます。

月組

組カラーは黄色

こちらも花組と同じ時期に出来た組です。

イメージは芝居へのこだわり。芝居は心はダンスや歌にも通じると言います!

特に下級生を見てください。

外部の劇場を使用して少人数で行う舞台の時、「誰?え?こんな下級生なの?!」と驚くこと請けあい。

筆頭は数々の代役をこなし、もう何年在団しているのかわからなくなってきた風間柚乃様。まだ7年目です。

5組の中でも学年が若い生徒が多く、若い組だといわれていますが、フレッシュ!というより地に足着いた印象

現トップスター、三つ揃えのスーツが似合いすぎる胸板と足の長さ、そしてその包容力に旦那になって欲しいとの呼び声高い珠城りょう様の影響かな、と思います。

ちなみに、現在こちらは私にとって時間と銭を捧げる組になっておりますが、観劇中はひとりにロックオンしすぎて全体像はDVDで確認、という状況になっております。

雪組

組カラーは緑。

兵庫にある宝塚大劇場の開場にあわせて1924年に設立した組です。

雪組といえばはやりイメージは日本物。要は和物、美しい日本の心を描いた物語はぜひ雪組で!

かつらやお衣装の着こなし、立ち回り、など難しいことが多いのですが、上演回数も多いからか下級生まで徹底して上手です。

特に立ち回りを他組と比較すると良くわかるのですが、圧倒的に斬られ方が上手い

斬られ方が上手いと臨場感が増して、斬っている方にも迫力がでます。

現トップスターは、2500人入る劇場をも飲み込み、感動を巻き起こす壮大な歌声の持ち主なのに、おちゃめな元ガチヅカヲタの望海風斗様。彼女が就任してから必然的に組全体の歌唱レベルも上がりました。

「【雪組】退団を控えた望海風斗の「夢をあつめて」の歌声も歌詞も良すぎる話」ではまた違う魅力のだいもんの歌声について書いています。

そして、雪組はなんといっても顔面偏差値が高い

娘役も可愛い子ばかりなので、ウハウハしながらオペラ片手にいろんな人を覗いています。

星組

組カラーは青。

星組は1933年の創立後、太平洋戦争を経て1948年に再設立した組です。

イメージはギラギラのパッション

星組を観劇にいくとあらゆるところから熱が放出されていて、パワーと勢いを感じます。

あくまでも個人的意見ですが、びっくりするほどウインクや投げキッスで釣ってくれるので芝居よりもショーの方が楽しめます。

とにかくみんな個性が強ので、芝居中の役名よりも、芸名で爆発できるときの方がイキイキしている感じ。

客席降りも盛り上がって凄く楽しいです。

現トップススターはダンスキレッキレ、美声で歌ウマ、芝居も出来るまさに三拍子揃った男役の礼真琴様

2019年に就任したばかりなので、今後どのような組になるのか楽しみです!

宙組

組カラーは紫。

東京宝塚劇場を専用劇場にし、通年公演をするために1998年に増設された組。

イメージはスタイリッシュ

男役は長身の方が多くて洗練された印象なので、スーツでのお芝居なんてたまりません。

声の重なり方や広がり方が美しいコーラスも耳

いい意味でその時のトップさんのカラーに染まりやすい組のような気がします。

現トップスターは、長身でダイナミックなダンスに、舞台では大漁旗を持たせたら右に出るものはいないくらい漢なのに実は凄くかわいらしい真風涼帆様

星組出身なので、星組DNAが染み渡っており、スタイリッシュさプラス熱さを兼ね備えるという無双

宙組は初めて宝塚を見た組で勝手な思い入れがあるので通っていましたが、突然真風様の熱にうなされ始めました。

 

まとめ:どこの組にも魅力がある

宝塚の好きなところはたくさんありますが、そのひとつが今回取り上げた組制度。

一人ひとりの生徒さん個人の魅力もさることながら、集団になった時にも魅力があるのが宝塚

個人としてはこの人が好きだけど、組としてはこの組、なんていう楽しみ方も出来ます。

そして前のトップさんの時はこうだったけど、今のトップさんの率いるカラーはここが引き継がれて、ここは新しくなっていったなーなんて思うのも感慨深いもの。

長く、そしていろんな組を見続ける面白さを感じます。

-たわごと, 宝塚

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5