NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚 情報

宝塚GRAPH(グラフ)9月号の感想を勝手に語る回

2020年8月24日

宝塚グラフ。

それは、タカラジェンヌからの”美”というビンタを食らうにはもってこいの公式月刊誌

 

そんな2020年の宝塚グラフ9月号がツボだったので勝手に見どころをご紹介します。

 

今回の特集は私の大好きなものばかりでした♪

 

 

表紙

2番手男役とトップ娘役の表紙はドキドキする

2020年9月号の表紙はれいこちゃん(月城かなと)とさくさく(美園さくら)の月組2番手男役と月組トップ娘役のペア。

以前にこちらで

【情報】宝塚歌劇公式情報誌 歌劇と宝塚GRAPHの特徴と違い おススメポイントから買取情報まで

コロナの影響で公演が中止であることもあり、宝塚歌劇団公式のSNSからたくさんの情報を得ることが出来るようになりましたよね。 最近は過去の舞台を少し見ることができたりして、きっと興味を持った方もいらっし ...

続きを見る

グラフの特徴について書きましたが、この2番手男役とトップ娘役の表紙ってドキドキするんですよね。

今回もカメラ目線でポージングを決めているかと思いきや、手をつなぐ、ではなく・・・握る

二人だけの背徳感の世界がこの手を握るという行為にありありと出ておりましてですね・・・!

撮影の裏側みたら、背徳感の「は」の字もない二人なのですが(笑)

いろいろと妄想を掻き立てる、この一瞬を切り取った表紙が好きなのです。

昭和の美人はやはり昭和だった

はい、れいこちゃんのことです。笑

ここまで全員同じスタイリストさん(菊池志真さん)とカメラマンさん(渞忠之さん)なのに、なぜか少年隊?のような昭和のアイドル感

美弥さん(美弥るりか)のDS(ディナーショー)でも昭和感ありましたよね。

美弥さんが学ランを着て、れいこちゃんがセーラー服を着て「うどんバカ」を歌う「メイちゃんの執事」の1シーン。

「昭和の美人」「原作の原作」なんて言われていましたが、あまりにも端正すぎる人っそうなっちゃうのかな?笑

個人的には、モノクロ写真は少し天海祐希さんにも見えたりして

 

トップスター座談会。Special Talk

面白かったー!

そもそも、前にも書きましたが5組のトップさんが一緒に集まるなんてことは、誌面と言えど、ほぼあり得ないんですよね。

貴重すぎる6ページです。

その中でトークしているテーマが、

  • “One Heart Project”でなぜたま様(珠城りょう)ひとりだけ、あんなにノリノリだったのか問題
  • 宝塚劇場で収録した“OUR FAVORITE TAKARAZUKA”の収録のテンションについて
  • GRAPH(グラフ)7月号の「元気の源」の裏話
  • 自粛期間中に何をやったか報告
  • 先輩トップさんたちによる、新トップさんへのアドバイス

普通なら聞けないけど、聞きたかった話盛りだくさんです。

 

この5人の中では最上級生89期のだいもん(望海風斗)が明るくて人懐っこい人柄で笑いを提供してくれています。

この企画を編集さんに持ち込んだのも、だいもんだとか。

そして、ゆりかさん(真風涼帆)が下級生をうまく転がしながら、上級生も立てつつ面白く話を引き出すバランス力を展開

たま様は真ん中らしく上手に転がされつつ、素直な人柄がとってもよく出ていました。

こっちゃん(礼真琴)とカレーくん(柚香光)は新人トップさんとして無難に受けておりました。笑

 

GRAVEL 宙組 真風涼帆

ゆりかさん、ほんと色気・・・

レビュー本を見ている時も思ったのですが、この方の伏し目の威力

美しすぎます。

そして、ひそかに毎月楽しみにしている「お家の癒しスポット大公開」のページ。

圧倒的に「絶対に家がきれいな人の写真」でした。

ゆりかさんといえば、お掃除好き、常の断捨離をしている人で有名ですが、

厳選されたものが厳選された場所に置いてある、というのが6枚の写真から伝わってきます。

目的に合わせてDIYするとか…ほんと何者。

座談会でも話が出ていましたが、7月号のベランダの写真もすごかった!

コロナ関係なく、以前からリゾート地のような優雅な生活をしているらしい。笑

さすがです。

 

 

THE COSTUME~衣装デザイナー・有村淳の世界~

宝塚といえば、やっぱりあの煌びやかなお衣装

そんな宝塚のお衣装といったら、やっぱり有村先生。

エリザベート初演の衣装を手掛けられたことは有名ですが、今でも現役バリバリに衣装をデザインされています。

有村先生の衣装を作るためのインプットや苦労、制作過程などのインタビューとともに、

近年の作品でのお衣装が紹介されています。

デザイン画がまず美しい

そしてお衣装になると、素材の質感と相まってさらに素敵になっています。

 

本誌で紹介されている中で特に好きなお衣装トップ3

月組「BADDY(バッディ)-悪党は月からやって来る―」

バッディーズが着ていたキラキラのハイレグお衣装

ウエクミ先生のリクエストに沿って、宝石で素肌を隠すようなイメージで作られたそう。

スタイル抜群の月娘バッディーズ達はとっても素敵に着こなしてましたよね!

星組「ロックオペラ・モーツァルト」

ひっとん(舞空瞳)演じるコンスタンツェがきていた花柄のドレス

この花柄、テキスタイルデザインの経験がある助手さんが書いたものをベースにしたオリジナルだそう!

ウェーバー家四姉妹が少しずつ違いながらも、統一感のある絵画風でとっても素敵です。

月組「All for One」

ダルタニアンが着ているレザーやデニムでできたお衣装

銃士隊の衣装もデニムで斬新だなーと思ったのですが、ダルタニアンのお衣装はいろんな素材が合わさっており、より一層凝っていてかっこいい!

グローブがブルーなのも好きでした。

がっしりとしたたま様の体型にもよくお似合い。

書き始めたら、3つとかとても選べなくなりました

 

本誌の60ページ以降は、毎月トップとトップ娘役が見てほしいコスチュームを紹介する「THE COSTUME」の2013年~14年あたりが掲載されています。

P.74のねねちゃん(夢咲ねね)のへその筋・・・ありがたや(もはや衣装ではない)

 

 

まとめ:もう一度オリジナルを見返したくなる

今回誌面の座談会を読んで、”One Heart Project”や“OUR FAVORITE TAKARAZUKA”を見返しました。

座談会で出た裏話を頭に浮かべながら、見直すのもなかなか楽しかったです。

お衣装も有村先生のコメントを見てから、実際に動いている姿を見ると、生地の動き方や透け方などもっと魅力的に見えます。

今は劇場にはなかなか行くことが叶いませんが、この機会にもう一度映像を見直して違う角度から楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

-たわごと, 宝塚, 情報
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5