NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

たわごと 宝塚 情報

TAKARAZUKA REVUE (レビュー本)2020の楽しみ方を勝手にご紹介する

2020年8月17日

1年に1度のお楽しみ、TAKARAZUKA REVUE 2020(通称:レビュー本)が今年も8月4日に発売されましたね。

毎年購入していますが、この本をみると宝塚歌劇団全体として、今どんな生徒が押されているかよくわかります

個人的な偏見に満ちた感想をつけ、レビュー本2020をご紹介していきたいと思います。

 

TAKARAZUKA REVUE (レビュー本)とは

私の勝手な位置づけですが、レビュー本は

花月雪星宙の各組の屋台骨と、それを支えるスターと路線候補の下級生が載る確認本


という感じです。

もちろん屋台骨は、トップコンビと2番手男役スターです。

 

レビュー本に載っている生徒さんたちは、基本的にすでに各組で目立つ存在になっていますので、

きっと舞台を観た方なら

あ、この方はあの舞台の!

と気づくこともあるでしょうし、

これから観てみたいな、と思っている方やあまり観たことのない組でも「

ふむふむ、この子が押されているのか

と理解していると舞台ですぐに見つけることができます。

 

TAKARAZUKA REVUE (レビュー本)2020の楽しみ方

大まかな構成は毎年同じですが、今回のレビュー本の中でいいな、と思ったところを紹介させてください。

ツーショットでトップコンビの関係性を知る

レビュー本2019と比べて、レビュー本2020はトップコンビが一緒に写っている写真が多いですね。

そして、お互いへのメッセージが2019よりも長く、深くなっています。

 

コンビを組んでいる時間の長さはやっぱり写真にも出ていますよね。

花組・星組

かれーくん(柚香光)・華ちゃん(華優希)の花組トップコンビと

琴ちゃん(礼真琴)・ひっとん(舞空瞳)の星組トップコンビは、

どちらも寄り添っているのだけど、一人ずつが凛としすぎて固め(笑)

コンビの始まりのあるあるですよね!新鮮でとっても微笑ましいです。

雪組・宙組

一方のだいもん(望海風斗)・きいちゃん(真彩希帆)の雪組コンビと

真風さん(真風涼帆)・まどち(星まどか)の宙組コンビ

お互いに抱き慣れていて、抱かれ慣れている(笑)

きいちゃんとまどちの表情が安心感に満ち溢れております。

このお二人、笑顔溢れすぎちゃって困っただろうな、という想像ができます。

月組

月組コンビはたま様(珠城りょう)が立って、さくさく(美園さくら)が椅子に腰かけるという他組とはちょっと違う構図。

全身が拝めて私は満足です。

たまさくのバランスのすべてが私の好みど真ん中過ぎました。

特にさくさく、これまでで一番可愛かったかも!!

たま様がおっしゃるようにツーショットにも芝居心が溢れてます(笑)

 

各組の雰囲気を付属のDVDを通じて知る

今回は、各組でトップコンビと2番手男役以外に、男役スターが1人か2人参加して合計4名~5名が一緒に撮影しています。

2019はトップコンビと2番手だけだったので少し分かりづらかったですが、2020ではもっと皆さんの関係性がよく見えて面白かったです。

花組

かれーくん、免許持ってないんですね!?車に乗っている姿がかなり様になっていました。

革ジャンを着ている華ちゃんも珍しくて素敵だったです。

キッズルームでお城とお舟を作ってる(笑)華ちゃんとマイティ(水美舞斗)、萌えるわ・・・!

全員が花組育ちということもあってか、お互いにもう心から打ち解けあっているように見えましたよね。

それにしても、あきらさん(瀬戸かずや)が傍らにいる安心感よ・・・

 

月組

れいこちゃん(月城かなと)が去年よりめちゃくちゃ楽しそうでしたね。

たま様に「去年は楽しくなかったの」とからかわれての、

「ねぇーぇちがうじゃーん!笑」

でた、タメ語(笑)

タメ語とボディタッチはれいこちゃんの喜びの伝統芸ですね。

皆さんも言ってましたが、ちなつさん(鳳月杏)も加わりましたし、みんなの仲がぐっと近くなったことで和気あいあい感が増していました。

 

雪組

とにかく、きいちゃんがめっちゃ嬉しそうで楽しそう!

「たのしかったぁ~ん💛」

の一言で十分通じましたね(笑)

だいもんは舞台の上ではものすごい技術と芸を見せてくれるのですが、組子との絡みでは本当に近くて人懐こい表情がよく見えますね。

 

星組

CDのジャケ写をイメージしたようで、ちょっとクールな感じでした。

一見みんな統一感ないお洋服かと思えば、全員がガラガラ星人ということで息はぴったり?(笑)

愛ちゃん(愛月ひかる)がまだ人見知りを発揮している感じに見えましたが、きっと来年のレビュ本ではすっかり打ち解けているかと思います。(わたし誰)

それにしても愛ちゃんのスタイリッシュさよ・・・!

 

宙組

ススススタイリッシュッッッ!!!

な真風さんとキキちゃん(芹香斗亜)!

キキちゃんの号令なくとも、色が揃うずんちゃん(桜木みなと)さすが。

すっかりお顔が締まりましたねー(わたし誰)

まどちは安定の真風さん見まくり(笑)

おかげで可愛い髪飾りがみえました。

お洋服は思い思いとのことでしたが、意外に統一感が出ていました。

 

演出家の先生の視点から見たトップスターの姿を知る

レビュー本2020では、各トップスターについて脚本家の先生からみた印象をつづっているページがあります。

舞台上で見るトップスターはいつだって輝いていて、自信に満ち溢れていますが、実は裏ではいろんな葛藤がみえているんだな、と改めて気づかされます。

他にも、役を通してこんなに成長したし芝居の幅も広がったよね、とか、この人にはこんなお役をやらせたい、とか、脚本家ならではのお話も興味深いです。

普段からよく生徒を見ている先生ならではだな、とすべての組について深くうなずきながら読みました。

ちょうどコロナの影響を受けてしまった雪組では、その裏話をつづってくれていたりもしていました。

 

おそらく皆が勝手にピックアップしたくなる中堅が見つかる

2019と比べると、一人ずつにフォーカスするページが増えました

多分ここで誰に注目するか、人によってだいぶ変わると思います。

私の独断と偏見でピックアップしたら、つい月組の2人になってしまいました・・・

ありちゃん(暁千星)がいつの間にか大人になっている!

るねくん(夢奈瑠音)が天性の品の良さにアンニュイさを身に着けてる!すごいタイプ!(笑)

 

娘役に少しでも近づくヒントらしきものを与えられる

皆さん可愛すぎる・・・

「美しさのヒケツ教えて!」というコーナーなのですが、同じことしてもこんな美しくなれないとわかっていても、つい熟読(笑)

それにしても、皆さん忙しい中しっかり意識して「ゆとりのある時間」を作っているんでしょうね。

整理整頓

口に入れるものに気を付ける

睡眠、温浴、楽しみながらの紫外線対策、笑顔

そして、保湿、保湿、保湿!!!!

皆さんみたいに美しくなれなくとも、保湿くらいは頑張らねばです。

 

月組を見ているファンとしては、海ちゃん(海乃美月)の今後の抱負が頼もしすぎてたまりません。

個人的には次のトップ娘役になってほしいと思っているので、娘1の立場でそうなってくれたらいいな!

 

98期~101期の同期コラボトークは貴重

他組の同期コラボ大好きです!

必ず出てくる音楽学校時代の思い出話は、同期コラボならではですよね。

きっと組み合わせによって暴露される思い出が違うと思うので、見逃せません。

お洋服もきっと相談したんだろうけど、それぞれの個性が出ていますよね。

少し前までは、下級生もレビュー本はきりっとジャケット、みたいなイメージでしたが、今は思い思いに、カジュアルでも似合った格好をしていて素敵です!

 

宝塚音楽学校の受験資格がなくても注目してほしい

後半では102期~104期の生徒さん7名が「宝塚音楽学校の世界」を紹介をしています。

音楽学校を受験する資格なぞ、はるか昔に失った私にとってもここは見逃せないポイントです。

こういうところに出てくるのが、次のスターさんですからね。

今回もすでに新人公演でトップとヒロインの経験がある生徒さんばかりです。

そして掲載されている小さい写真も目を凝らせば、音楽学校時代の貴重な姿を見ることもできます

音楽学校時代と比べても皆さんとってもきれいになってますね!

 

レビュー本が購入できる場所

もちろん、宝塚の公式グッズや書籍を扱っているタカラヅカ・クリエイティブ・アーツ(TCA)で購入できます。

レビュー本2020販売ページ

1冊2,200円ですが、5,000円以上の決済ですと送料は無料なので、この機会に他の書籍やグッズと一緒に購入するのもいいですね!

 

まとめ:1年に1度の正式なお披露目としてみる

トップコンビ同士でも互いにメッセージを送りあう機会って、なかなか無いような気がします。

そしてDVDがついていることで、各組の雰囲気を作り出すスターさん達の少しだけ素の様子を楽しめるのも魅力

1年のまとめとして1冊になるということは、正式な劇団からの押しを感じる気がしますし、これからの各組を支える頼もしい下級生にも期待しかありません。

2021年になったらまたどう変わっているのか、それも楽しみです。

-たわごと, 宝塚, 情報
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5