NEW ENTRY

宝塚 観劇レポ

2021/6/17

噂とは違った!?花組「アウグストゥス~尊厳あるもの~」とダイスケフジイショー

東京組の私にとって、ムラで先に観ている方たちの感想は貴重な判断基準。 チケットを増やしておくべきか、増やさぬべきか・・・。   今回の花組「アウグストゥス」は私の知る限り、「増やさない」の判断を促す評価が多かったのですが・・・   なんと、前評判に反して面白かった!(失礼) 何が面白いって、 人間のどろどろした裏側の顔や相手の出方を見つつ駆け引きばかりをしているように見えて、その中に真実が隠れていたり・・・ 次はどうなるの!?と続きが気になる場面転換。 少し登場人物が多いけど、昔々の学 ...

ReadMore

宝塚 情報 観劇レポ

2021/6/8

大人のファンタジー!あーさ初東上の雪組公演「ほんものの魔法使」

あーさ(朝美絢)、初東上おめでとうございます! ということで、KAAT神奈川の初日を観劇してきました。 最後の挨拶で、神奈川凱旋をとっても嬉しそうに喜んでいたあーさがとても印象的でした。 ファンの方は本当に嬉しい瞬間だっただろなぁ! 今回も全く予習もせず、バウでの映像配信なんかも観なかったので何にも知らない状態で観劇に行った私ですが、 お芝居もなかなか深くて、観れば観るほど心に響くのではないかなーと思いました。   目次1 ざっくり公演の感想を2 気になった方たちを勝手にご紹介2.1 アダム/朝 ...

ReadMore

宝塚 情報

2021/5/27

珠城りょう様卒業公演 月組NOW ON STAGEを勝手にまとめてみた

贔屓組が公演中なのにすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・ 5月15日に大劇場で初日を迎えた月組公演「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」評判いいですね! 自分がチェックしているSNSは月担が多いから必然的にそうなるのかもしれませんが、特にトップさんの退団公演で評判がいいのは嬉しいことです。(退団公演って結構アレな時あるから・・・)   私はまだ観劇はしていないのですが、予習のためにNOW ON STAGE(ナウオン)を見ていたら、突如として出演者の皆様が観て欲しいと思って ...

ReadMore

暮らし 観劇レポ

2021/5/26

レ・ミゼラブル2021 感慨深い生オケと再認識

バァバァーンバァバァーンババババババブワァーン!! 久しぶりすぎるほどの生オケの迫力と音のそろい具合とレ・ミゼラブルのこのオープニングで鳥肌立たない人はいるのでしょうか!? ついつい前のめりになりそうになる自分を制しながら、初日の列に入ってきました。 ※内容には全然触れていません。 レ・ミゼラブル2021公式サイト 今回のキャストはこちら。   ストーリーがどうしてもしんどいので、全編通して身体に力が入り、気づいたら客席なのにこぶし握っている私。 観劇後はヘトヘトです(笑) でも嬉しい。 宝塚に ...

ReadMore

たわごと 観劇レポ

2021/4/21

ヅカファンが初めてOSKの舞台を観た話

ヅカファンであれば、どこかで一度はすれ違ったことがあるかもしれません。 その名は「OSK日本歌劇団」   未婚の女性だけで構成されていることや、男役と娘役が存在していること、あの独特な化粧姿と華麗なレビューの舞台というと宝塚と通じるところがありますよね。   OSKの詳しい説明はwikipedia先生を読んでもらうのがいいのですが(雑)   失礼を承知で言うと、ヅカファンの私にとってOSKは「宝塚に似た劇団」という認識でしかありませんでした・・・   おそらく自前の ...

ReadMore

宝塚 観劇レポ

宙組公演「アナスタシア」をおススメする理由

2020年12月18日

普段、贔屓組以外の公演にはめったにムラへ遠征しない私。

宙組公演の「アナスタシア」はどうしても東京に来るまでに観たくて行ってきました。

既に千秋楽も過ぎ、記憶もあやふやになりつつありますが、

観てよかったなぁ~と思ったので今回も勝手な感想を残しておきたいと思います。

 

本当にいまの宙組だからこその公演

星風まどかの異動

私が宝塚を好きになってから、これまで経験してこなかった公演中でのトップ娘役異動発表。

組の顔のひとりでもあるトップ娘役が変わるということは、組の雰囲気も変わっていくことに繋がります。

特に私はまかまどコンビが大好きだったので余計に・・・。

タイトルロールでもアナスタシアを堂々と演じるまどかちゃんの宙組での集大成であり、真風さんとの最後の公演。

ずっと宙組で育ってきた宙組のプリンセスが最後にキラキラと輝く姿をぜひ目と心にとどめたい、とどめて欲しい!

そんな気持ちです。(誰)

星風まどか専科へ異動、の衝撃

昨日は大きな公式発表がありましたね。 この度、現宙組トップ娘役の星風まどかが、2021年2月22日付で異動するのにともない、同日付で次期宙組トップ娘役に、潤花(じゅんはな)が決定しましたのでお知らせい ...

続きを見る

 

役者ぞろい

魅力的なお役がある中で、いくつか気になった人をピックアップしたいと思います。

和希そら/リリー

そらは何をやらせても本当に上手な生徒さんなのですが、まずは女役の姿自体がかっこいい

足首がきゅっと締まったかっこいい足!

真ん中で一人踊る姿が人をひきつける魅力に満ちています

男役だと不利な身長が気にならないし、芝居、歌、ダンスの3拍子揃ったそらを堪能できるぴったりのお役だったなぁと思います。

その美しいリリーとは違い、1幕でバイトしている青白いそらの存在がまた面白い(笑)

2幕で女役に変身しないといけないからだと思いますが、1幕で登場する時に色味のないメイクがかえって目を引きます。

病気の設定かと思った(笑)

桜木みなと/ヴラド・ポポフ

実質3番手のずんちゃん。

カッコいい姿は封印されて、ひげもじゃとめがねの愛らしいおじさんキャラを程よく大げさに魅力的に演じていらっしゃいます。

アドリブも入れながらのお芝居と、普段明るいキャラクターだからこそ、ふとした一言がズシンと心に響くときもあったり・・・。

そして何よりもリリーとのコンビネーションがとにかくいい!

二人の掛け合いがとっても素敵です。

 

芹香斗亜/グレブ・ヴァガノフ

掃除婦のアーニャに一目ぼれをし大切に思いながらも、亡き父親の意思と呪縛の中で苦しむ難しいお役。

悪役ではなく、心配だからこそアーニャの行く手をさえぎらなきゃいけない。

その心を大曲で表現するのですが、この曲がまたすばらしく心に残るメロディ。

歌い上げる方は大変だろうな、と思って観ていました。

でもこれまでのききちゃんのキャリアと経験だからこそ、安心してみていられますし、心のうちから漏れ出てくるものを感じることができます。

まさかアドリブのシーンがあんなシリアスな場面とは思わなかったけど(笑)

 

凛城きら/イポリトフ伯爵

といえば、電車に乗り込む前のシーン。

アカペラで始まるシーンです。

りんきらさん演じるイポリトフ伯爵の国を思う気持ちの詰まった歌声に

宙組ならではのコーラスが合わさっていき、

国を追われて行く人々の切なくどうしようもない心のうちを感じるようで胸が震えます。

お芝居ではもちろん、歌でも堂々と芝居を締める役割を担う上級生の仕事があってこそ

ストーリーや真ん中の二人が輝く。

そんなことをいつも思わされます。

 

成熟している宙組だからこそ

2018年1月に「ウエストサイドストーリー」で真風体制の宙組となってそろそろ丸3年を迎えようとしています。

圧倒的な男感と大きさ、そして色気の漂う大人の男である真風さん。

生粋の宙娘で組回りなのに当時のトップスターの幼少時代を演じ、更に実力をつけてきたまどかちゃん。

その二人を中心に、他組と比べてスターが渋滞してない?と勝手に心配したくなるくらい退団者も少なかった宙組。

そうやって個性を高めながらも、組としてのまとまりを成熟させてきた宙組だからこそ、

メインのお役としての登場は僅かな間でも印象に残るのだと思います。

 

なじみのあるロマノフ王朝

宙組ファンならいわずもがな、ですが。

前宙組トップスター朝夏まなとさんの退団公演『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~』は、まさしくロシアを舞台にロマノフ王朝の衰退を描いたものでした。

今回のタイトルロールである皇女アナスタシアは、ロマノフ王朝の最後のロシア皇帝ニコライ2世の末娘。

ストーリーとして切り取る角度は全く違いますが、同じ時代を舞台とした公演を観るとその当時への理解が深まる気がします。

今回アナスタシアを見た方がもし「神々の土地」を見たら、世間がどのように皇帝一家を見ていたのか、皇帝の一家にどんなことがあったのか、より深く探ることが出来る気がします。

もちろん、史実とは違う部分も多いと思いますが、それを加味しても面白くみられる!

 

ミュージカル×宝塚のいいとこどり

宙組のハーモニーのよさが堪能できる

宙組のハーモニーのすばらしさは以前も書いた通りなのですが、

宝塚の大人数での歌声を楽しむなら宙組のコーラスは外せません

今回の「アナスタシア」も群集芝居が多く、楽曲の数も多いのですが、

どの場面も男役・娘役の声のバランスがよく聞いていて心地よいです。

ミュージカル見てる!って感じ!
初日映像を見てこんなにわくわくしたの、久しぶりかもしれない・・・

宙組公演「アナスタシア」が始まりましたね。 マイ初日はまだまだ先ですが、スカイステージで初日映像を見ただけで高揚感! 周りに宙組ファンが多いので初日の興奮を話には聞いていましたが、 たとえ映像だとして ...

続きを見る

 

セットや衣装が素敵

史実を加えた時代物のお芝居が好きな理由のひとつがお衣装。

他の時代や国との対比が出来たりするのが面白い点だな、とつくづく思います。

ストーリーは1916年から始まりますが、アーニャが着ている洋服もロシアにいる時とパリに行ってから変わるのが、宝塚の舞台を見ていてわくわくするところ。

その当時の流行などを取り入れた衣装なので、パリでは少し腰より低めに切り替えがあるワンピースを着ています。

1920年代のアメリカが舞台だったスコット・フィッツジェラルドの「THE LAST PARTY」でも同じようなお衣装を着ており、この時代の世界的な流行だったのかな~と思いをはせたりしていました。

 

舞台装置では、電車でパリに向かうシーンが印象的でした。

車両を半分にしたような断面の部分と、外側から見た車両がシーンに合わせて転回します。

車内のシーンでは乗客が椅子に腰掛けて思い思いに過ごしています。車窓から外をみたり、お話をしたり。

あの人たちはどんな関係なのかしら・・・と想像するのも楽しいです。

一方、車両の外側が客席側を向いた時、窓枠から外を見ながら歌うアーニャ、そして違う窓からはディミトリが窓枠にもたれながら歌い、その後乗客たちが車窓から顔を出しながら歌う。

語彙力がないのが悔やまれますが、ライトの当たり方といい、電車と車窓を効果的に使われているシーンでとても素敵です。

 

ハッピーエンディング

宝塚の舞台はどんなに悲劇的な結末でも、フィナーレやパレードがあることで救われます。

芝居の最後では泣いていたのに、最後のデュエットダンスでは幸せな気分になれるのが宝塚!

しかし今回の「アナスタシア」はフィナーレの前にしっかり幸せな気持ちにさせてくれます。

最初は金儲けが目的で「アナスタシア」をでっち上げようとしていたディミトリーの心の変化、

意固地になっていたおばあさまであるマリア皇太后の孫への思いからの変化、

父親の呪縛から自力で抜け出たグレヴ。

いろんな人が今までの自分を大切にしながら、新しい未来と自分を信じて前を向く姿が、

客席まで明るく温かい気持ちにさせてくれるように感じます。

 

コロナの影響が続く中、無事に宝塚での公演を終えられた宙組さん。

東京公演は2021年1月8日から。

新年から明るく、そして心が温まるようなお芝居をまた観ることができると思うと楽しみです。

東京公演の成功も祈っています!

-宝塚, 観劇レポ
-

© 2021 エスコロジー Powered by AFFINGER5